ジルバーアイゼン(SILBEREISEN Kristin)

使用ラケット、ラバー

  1. ラバー(表面)

    エボリューション FX-P

  2. ラバー(裏面)

    エボリューション FX-P

スペック

年齢
32歳
世界ランク
51位 (最高35位 2015年3月)

世界ランキングの推移

試合結果

LIEBHERR 2017世界卓球選手権

女子シングルス  ベスト16 (2017-06-02 11:15)

ジルバーアイゼン

ドイツ
世界ランク 51

2

  • 11 - 8
  • 5 - 11
  • 7 - 11
  • 11 - 9
  • 7 - 11
  • 9 - 11

4

対戦結果

フォン・ティエンウェイ(馮天薇)

シンガポール
世界ランク 6

女子シングルス  ベスト32 (2017-06-01 13:15)

ジルバーアイゼン

ドイツ
世界ランク 51

4

  • 8 - 11
  • 11 - 5
  • 11 - 6
  • 11 - 7
  • 7 - 11
  • 11 - 8

2

対戦結果

LEE Zion

大韓民国
世界ランク 78

混合ダブルス  ベスト16 (2017-06-01 10:00)

MENGEL Steffen

ドイツ
世界ランク 64

 

ジルバーアイゼン

ドイツ
世界ランク 51位

2

  • 11 - 8
  • 11 - 8
  • 8 - 11
  • 8 - 11
  • 4 - 11
  • 6 - 11

4

陳建安

台湾
世界ランク 50

 

チェン・イーチン(鄭怡静)

台湾
世界ランク 8

女子シングルス  ベスト64 (2017-05-31 19:30)

ジルバーアイゼン

ドイツ
世界ランク 51

4

  • 11 - 7
  • 8 - 11
  • 11 - 7
  • 11 - 9
  • 7 - 11
  • 11 - 8

2

対戦結果

ユ・モンユ

シンガポール
世界ランク 33

女子ダブルス  ベスト32 (2017-05-31 18:00)

ミッテルハム

ドイツ
世界ランク 122

 

ジルバーアイゼン

ドイツ
世界ランク 51位

2

  • 11 - 8
  • 9 - 11
  • 5 - 11
  • 11 - 6
  • 4 - 11
  • 9 - 11

4

POLCANOVA Sofia

オーストリア
世界ランク 44

 

ZHANG Mo

カナダ
世界ランク 60

その他クチコミ情報

  • 世界卓球横浜応援企画!~3日目~ まずは男子ダブルスです。 男子ダブルス1回戦は 松平賢・上田組(日本) 4−3 バウム、フェヤコネルト組(ドイツ)〇 松平健、丹羽組(日本) 1−4 陳、王晧(中国) × 岸川・水谷組(日本) 4−1 ヤンカリク、シモンチク(チェコ)組 〇 でした。 松平健、丹羽組も、負けたけど陳、王晧のダブルスに大健闘だと思います。 女子ダブルスの1回戦は 藤沼、樋浦(日本) 4−0 スン、ヤン(ニュージーランド) 〇 藤井、石川(日本) 4−0 馬、張(マカオ) 〇 福原、平野(日本) 4−1 ミクハイロワ、トロシネワ(ロシア) 〇 でした。 男子シングルスは 松平健太(青森山田高) 4−0 カラカセビッチ(セルビア) 〇 松平健太(青森山田高) 4−3 呉尚垠(韓国) 〇 韓陽(東京アート) 4−0 イェフトビッチ(セルビア) 〇 韓陽(東京アート) 2−4 ガチーナ(クロアチア) × 松平賢二(青森大) 4−2 クズミン(ロシア) 〇 松平賢二(青森大) 1−4 王励勤(中国) × 丹羽孝希(青森山田中) 4−1 リュウ(アルゼンチン) 〇 丹羽孝希(青森山田中) 2−4 オフチャロフ(ドイツ) × 大矢英俊(東京アート) 4−1 トリオラ(ナイジェリア) 〇 大矢英俊(東京アート) 0−4 ズース(ドイツ) × 吉田海偉(フリー) 4−3 ルベッソン(フランス) 〇 吉田海偉(フリー) 4−0 モンテイロ(ポルトガル) 〇 水谷隼(明大) 4−0 ジドゥフ(ウクライナ) 〇 水谷隼(明大) 4−0 サンガンシン(タイ) 〇 でした。 松平健太選手はwr12の呉尚垠にセットオールで勝利! まさに暴れん坊将軍ですね。 女子シングルスは 石川佳純(ミキハウスJSC) 4−1 于(香港) 石川佳純(ミキハウスJSC) 4−3 帖(香港) 藤沼亜衣(日立化成) 4−0 カサボバ(ブルガリア) 藤沼亜衣(日立化成) 4−0 ミャオ(オーストラリア) 平野早矢香(ミキハウス) 4−0 ドゥラキ(ギリシャ) 平野早矢香(ミキハウス) 2−4 オドロバ(スロバキア) 石垣優香(淑徳大) 4−1 クマレサン(インド) 石垣優香(淑徳大) 1−4 李暁霞(中国) 福岡春菜(中国電力) 4−1 ネグリソリ(イタリア) 福岡春菜(中国電力) 4−1 ジルバーアイゼン(ドイツ) 田勢美貴江(十六銀行) 4−0 ハン(コンゴ共和国) 田勢美貴江(十六銀行) 4−2 リー(ポーランド) 福原愛(ANA) 4−0 モクロウソワ(モルドバ) 福原愛(ANA) 2−4 シャル(ドイツ) でした。 なんと平野、福原選手など日本のエースが姿を消してしまいました。 しかし、石川佳純選手(wr99)がwr10の帖雅娜選手に0-3からの 大逆転勝利です! (勝敗は〇=勝 ×=負で表します。上が1回戦、下が2回戦)

    私は見ました、確かにこの目で見ました、歴史的瞬間。 新しい日本の女子エースの誕生を。 石川の大逆転劇には3年後のオリンピックのメダルが見えました。 平野、福原には申し訳ないですが、負けた試合をあんなに長い時間かけて放送しても意味はなく、放送時間がもったいなく思いました。負け試合よりも、勝ったその他の試合をダイジェストでいいから 放送すべきですね。それがテレビ東京的だと言ったらそれまでですけどね。卓球報道番組とは思えません。(松平健太選手や水谷選手の試合も見たかったです) 話は変わりますが、オーストラリアのミャオミャオ出てたんですね、見たかったです。 追記 一応Q&Aサイトですので、とりあえずでいいから質問した方が良いですよ、違反の対照にも成りますし。 最後まで投稿して下さることを期待しています。がんばって下さい。 ☆とまっPー☆ サイトを見る

  • もっと見る

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録