ガレイディア・ZLC

みんなの評価 [硬さ] 平均レベルの硬度
[性能] スピードスピンに優れています
みんなの平均費用 18,000

(写真をクリックすると拡大します)

みんなのレビュー平均点

  • 評価: 13 / 15
  • レビュー 2
    • スピード:13.5
    • スピン:13
    • コントロール:12
    ZLカーボンを搭載した威力重視の高反発モデル

    軽量高反発のZLカーボンを搭載し、スピード、回転ともに高い性能を誇るモデル。厚めのブレード設計が打球に威力をもたらします。

    • FL
    • ST
    • AN

    スペック

    メーカー
    バタフライ
    商品コード
    36721
    スピード
    12.2
    サイズ
    157× 150mm
    重量
    89g
    合板
    3枚合板 ZLカーボン
    厚さ
    7.1mm

    ユーザーレビュー

    • 万能

      回転重視のプレーをする方からスピードでピッチで勝負する方まで万人に合うラケットです。非常に使いやすく流石という感じですね。初中級者から上級者誰にでも合います!

      2016/05/24
      総合
      11/15
      スピード
      12
      スピン
      11
      コントロール
      10
      打球感
      10
      硬度 硬め(セミハード)
      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • (卓球歴:10〜20年) あのラケットの名前違いです。

      丹羽選手が以前使っていたラケット。
      「アムルタート」の名前を変えたラケットです。

      現在の名前「ガレイディア」とは

      ガレイディア-Garaydia

      GA=Galaxy Accelerator
      (銀河系加速装置)

      Ray=(光、光線)

      Dia(透過する)

      この3つの言葉を合わせて
      「光線が高速で宇宙を突き抜けて行く」
      イメージなんだそうです

      ヒノキを使った3枚合板にZLCを2枚使用し、板厚は7.1ミリ…

      これだけ聞くとぶっ飛ぶ気しかしませんが、合板構成は柔らかめであり、球持ちもさほど悪くは無い印象です。

      弱打時はあまり跳ねず、強打すると急に球足が速くなるイメージです。

      弾道はやや直線的ですが、ループドライブがやりづらい訳では無いです。

      ブロックの球足も速く鋭いので、相手のドライブに合わせて少し押すだけで簡単にカウンターが打てます。

      ミドル硬度以上のラバーと相性がいいと思います。

      インパクトで表情を変えるじゃじゃ馬ラケットですが、潜在能力の高さは随一だと思います。

      2017/01/05
      総合
      15/15
      スピード
      15
      スピン
      15
      コントロール
      14
      打球感
      15
      硬度 柔らかめ(セミソフト)

      使用、推奨ラバー(表面) GF PRO

      使用、推奨ラバー(裏面) ラザントグリップ

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    レビューを投稿する

    その他クチコミ情報

    • 卓球ラケットの質問です。今ティモボルalcを使用していますが、プラボールへの対応としてラケットを変えようかと思っています。 同じティモボルでzlc、インナーフォース・レイヤーzlc、ガレイディアzlcに興味があるのですが、その違いがよくわかりません。教えて頂けたら助かります。宜しくお願いします。

      インナーフォースは 5枚合板のインナー配置 ガレイディアは 3枚合板特殊素材 弾みは ガレイディアが ティモボルよりも遥かに飛びます 使いこなすのは難しいです 完全に 上級者ラケットです てかプラはティモボルでいいと思います 世界のトップ選手は ティモボルALCと同じ合板構成のラケットを使う人が沢山います それで無理だと感じているならバタフライはやめたほうがいいかも バタフライのコンセプトは プロ選手のための用具で 一般向けには作ってないということらしいので 使いこなせないのは当たり前というもの ティモボルALCは ティモボルが使うために作られたラケットです 憧れる気持ちもわかりますが、自分に見合ったラケットを選びましょう サイトを見る

    • もっと見る