J.O.ワルドナーOFF

みんなの評価 [硬さ] 柔らかい
[性能] コントロールスピンに優れています
みんなの平均費用 7,800

(写真をクリックすると拡大します)

みんなのレビュー平均点

  • 評価: 13.5 / 15
  • レビュー 2
    • スピード:13.5
    • スピン:14
    • コントロール:14.5
    あの伝説のラケットが、再び。

    卓球界の伝説的プレイヤー、J.O.ワルドナーが2016年に引退したのを受け、DONIC JAPAN限定品として伝説のラケットを復刻させました。ワルドナーのアドバイスを元に作られ、『JOシェイプ』の原型ともなった『J.O.ワルドナー OFF』。JOシェイプが拡げる打球コースの鋭さ、最大限のコントロールを引き出す打球感、そして打球時に緩急をつけやすいスピードの自由性を合わせ持ちます。共に伝説を作り上げた『J.O.ワルドナー OFF』は、ワルドナーの初期の栄光を支えた、メモリアルなラケットです。

    • FL
    • ST
    • 中国式

    スペック

    価格
    7,800円(税込8,424円)
    メーカー
    DONIC
    スピード
    9
    コントロール
    8
    打球感
    MIDDLE
    合板
    5枚合板

    ユーザーレビュー

    • (卓球歴:3〜5年)

      佳純ベーシックやコルベルに似ているように思います。球もちがいいので、チキータやカウンタードライブなどがしやすかったです。ブレードが小さく、このラケットに貼ると他のラケットに貼れないので、覚悟をしてラバーを貼ることをオススメします。ラケット自体はすごくいいので、是非使って欲しいです。

      2016/08/03
      総合
      15/15
      スピード
      14
      スピン
      15
      コントロール
      15
      打球感
      15
      硬度 柔らかい(ソフト)

      使用、推奨ラバー(表面) ブルーファイア JP 01

      使用、推奨ラバー(裏面) ブルーファイア JP 01

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • (卓球歴:3〜5年) 誰でも使えると思う。

      打球感が似ているラケットとしてコルベルやハッドロウVK、メイスパフォーマンスなどがあります。自分的にはどのラバーにも合うし、コントロールしやすいので初級者~上級者まで使えると思います。スイートスポットもコンパクトに小さめなので力の弱い子供や女性にもおすすめです。

      2016/08/20
      総合
      12/15
      スピード
      13
      スピン
      13
      コントロール
      14
      打球感
      14
      硬度 柔らかめ(セミソフト)

      使用、推奨ラバー(表面) ラクザ 7

      使用、推奨ラバー(裏面) ブルーファイア M1ターボ

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    レビューを投稿する

    その他クチコミ情報

    • 卓球部です中2です 今ラケットJ.O.ワルドナーOFFを使ってます。ラバーはフォオ面ブルーファイヤーJP01ターボとバック面 テンキョク3-60です。 ちょっとラバーが合うか合わないかわらないです w J.OワルドナーOFFにはなんのラバーがいいですか?ワルドナーレジェンド?

      合う合わないは、コンセプト次第というのと、 用具ではなく「あなた」が合わせていくものだね。 思うに、 中陣ドライブ型でフォアハンド中心ならバックのテンキョクは悪くないが、 バックドライブもガンガン仕掛けていくのでいくなら(3-60は飛距離が出るとは言え)どうかな?と思う(両面JP01で良い)。 前陣速攻なら、フォアとバックが逆だね。 体の使い方としてフォアハンドの方がパワーを出せて、そのまま回転量の多いループドライブやスピードドライブに転化できるし、サーブandレシーブにも生かせる。 バックも引っかかりの強いシートはパワーやテクニックがないと下回転を攻撃しにくいし、高速カウンターするにしてもJP01の方が伸びがあるね。 ワルドナーレジェンドは高弾性ラバー。 早い話、スレイバーELやマークVADに近い。 柔らかいのでコントロールは良いが、JP01やテンキョクのようなスピードや回転は及ばない。けど、あなたの腕前がまだまだ、というのであれば悪くないね。 いろいろと書いてみたが、 とは言え、使ってみなきゃわからないよ。 サイトを見る

    • もっと見る