グラスディーテックス

みんなの評価 [硬さ] 平均レベルの硬度
[性能] スピンスピード に優れています
みんなの平均費用 5,100
グラスディーテックス

(写真をクリックすると拡大します)

みんなのレビュー平均点

  • 評価: 12.35 / 15
  • レビュー 37
    • スピード:11.51
    • スピン:11.68
    • コントロール:9.7
    ハイテンション粒高ラバー

    変幻自在なカットやツッツキ・プッシュ・ブロックで、世界のトッププレイヤーを苦しめる「朴美英選手」が愛用するラバーです。

    D.TecSの技術を粒高にも応用することにより、彼女を満足させる「粒の倒れ方と復元力」を実現しました。この粒の持つ力が、大きな変化、そして攻撃力を生み出します。

    世界の粒高プレイヤーを唸らせた、進化したグラスを堪能してください。

    (Grass D.TecS)

    • 粒高

    スペック

    価格
    5,000円(税込5,400円)
    メーカー
    TIBHAR
    スピード
    5
    コントロール
    7
    スポンジ硬度
    47.5°

    ユーザーレビュー

    • 鈴ムー

      変化が...

      ユーザーレビュー

      大会で対戦したカットマンの方が使っており、試合後にすこしうたせてもらった感想です。まず、変化がとにかく強烈です。いやらしすぎる変化です。ですが、扱いが難しいと感じました。粒に慣れている人じゃないと使いこなせないとおもいます。

      2017/06/22
      総合
      13/15
      スピード
      13
      スピン
      11
      コントロール
      12
      硬度 柔らかめ(セミソフト)

      使用、推奨ラケット ヨーラ 陳衛星

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • カットマン用具大好き男

      (卓球歴:2〜3年) デスカット

      ユーザーレビュー

      このラバーはテンションなのでスピードが出ます!そして反転能力がとても高いです
      !カットをするととても切れます!カウンターもできます。ですがコントロールが僕は出来ますが粒高に慣れてない人は使いこなせません。p4と比べると
      回転 p4<グラス スピード p4<グラス 安定感 p4>グラス
      反転能力 p4<グラス 攻撃のやりやすさ p4>グラスといった感じです。
      グラスは慣れるととても武器になります。粒高使いカットマン中級者にオススメです!

      2017/11/11
      総合
      13/15
      スピード
      14
      スピン
      15
      コントロール
      10
      硬度 柔らかめ(セミソフト)
      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • キョウヒョウユーザー

      (卓球歴:2〜3年) カールp1と比べても変化がすごい

      ユーザーレビュー

      このラバーはやはりすごいラバーだと思います。
      国内で最上級の変化を持つ粒高であるカールp1と比べても、比べ物にならないほどの変化量があります。おそらく現存するラバーの中で一番変化のあるラバーではないかと思います。
      ただ、このラバーには弾みが強すぎる、という欠点があります。低弾性の粒高を使い慣れていた人は初めは少し戸惑うと思います。
      そして見た目は、粒はすごく高くはないですが、とても粒が柔らかくて粒の間隔が驚くほど広いです。これがすごい変化の秘訣だと思われます。
      粒高ユーザーとしては、一度は試してみたいラバーだと思いますが5000円位という値段であるため躊躇してしまう人も多いと思います。そういう人にオススメしたいのが巨竜というメーカーのドラゴンタロンという粒高です。
      それは1500円位で買える粒高で、私の知る限りでは一番グラスDテックスに似ているラバーです。このラバーもテンション粒高で変化もカールp1以上にあるラバーです。
      このドラゴンタロンをもう少し弾むようにしてもう少し変化を強くしたのがグラスDテックスだと思っていただければ良いかと思います。
      とにかく、グラスDテックスは本当に素晴らしいラバーです。

      2017/11/09
      総合
      15/15
      スピード
      15
      スピン
      15
      コントロール
      10
      硬度 柔らかい(ソフト)
      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • 中学ペン粒

      (卓球歴:2〜3年) 変化は凄いですが…

      ユーザーレビュー

      自分はカールP1Rからの以降になります。カールP1も変化が凄いことで有名ですよね。ですがGrassはそれ以上です。軌道が低く、かつ切れている…
      相手から見ればとてもやりにくい粒高だと思います。それでも相手のナックルサーブに対して当てるだけでは浮いてしまい、打たれてしまいます…
      (自分の技術不足ですが…) やはりテンションの効果なのか浮くのが特徴です。
      しかしこの「浮く」ということを克服すれば切れ味・軌道・いやらしさは粒高の中では最上級だと思います。練習をたくさんし、いやらしいペン粒プレイヤーになりたいですねw
      ラケットについては僕は内側にテキサリウムという素材があり、若干飛んでしまいます。なので5枚合板または守備用ラケットをおすすめします。
      長文失礼いたしました。

      2017/11/06
      総合
      11/15
      スピード
      10
      スピン
      14
      コントロール
      8
      硬度 柔らかめ(セミソフト)

      使用、推奨ラケット アルラス R-H

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • NEON

      ユーザーレビュー

      粒を倒したり、倒さなかったりがしやすいと思いました。
      カット性はとても切れます。
      角度打ちも全然できます

      2017/09/24
      総合
      11/15
      スピード
      11
      スピン
      10
      コントロール
      8
      硬度 柔らかめ(セミソフト)

      使用、推奨ラケット キョウヒョウ霞

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • グラスマン

      (卓球歴:3〜5年) 最強のツブ高

      ユーザーレビュー

      1.2mm、OXを使い比べました。
      OXの方が扱いやすく変化も大きいのでオススメです。

      フェイントロング、カールP3、Qing他と粒高は使っていましたが、
      テンション粒なのでそれらのラバーより弾みます。
      弾む分、自分で狙い通りの打球がだしにくいので扱いには慣れが必要ですが、
      慣れたらかなり武器になりことは間違いありません!

      試したいけど値段が・・・という方には、
      中国メーカー61secondのARTISTというラバーをおすすめします。
      粒がグラスより固めですが似たような打球が出せて扱いやすいので練習になります。

      グラスを使った後も複数の粒高を試しましたが、
      グラスの返球が楽しいので結局、グラスに戻してしまいます。

      フォア、バックで攻撃にも使いますが打球の変化に相手がびっくりしています。

      2017/08/19
      総合
      15/15
      スピード
      10
      スピン
      12
      コントロール
      11
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラケット SKカーボン

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • こたろう

      (卓球歴:5〜10年) 思ったより使いやすいが…

      ユーザーレビュー

      前評判から、回転の反転性能高い・弾みは強く慣れが必要、との先入観からペン粒にて使用した上でのレビュー投稿です。①相手のドライブに対してブチ切れブロックは確かに出ます。何も手を加えなくてもラバーで包み込んで反転返球する感覚。ただ、自分で切る技術があるなら、他のラバーでも十分生み出せる反転かと思いました。②弾みは強く、下がってもカットブロックで相手コートに余裕で届きます、台上での弾みすぎは気にならず、ブロックのタイミングが合わせられる人なら不思議なくらい相手コートに収まるものです。
      ③ただ、私は粒高面でのフォアハンドを多用するのですが、それが致命的に安定しない気がしたので、このラバーはお蔵入りです。

      2017/07/02
      総合
      11/15
      スピード
      12
      スピン
      12
      コントロール
      8
      硬度 柔らかい(ソフト)

      使用、推奨ラケット スウェーデンクラシック

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    1. 1
    2. 2
    3. 3
    4. 4
    5. 5
    6. 次 >
    7. 最後 »
    レビューを投稿する

    その他クチコミ情報

    • 高校二年生卓球部の悩みを聞いて頂けますでしょうか。 僕は、今、バックに粒高を貼っています。4年間、主に変化の大きい粒高ラバーを使って、変化で得点するスタイルでやってきました。しかし、最近になって、周りのレベルが上がり、変化だけではなかなか勝てなくなってきました。粒高としての色々な技術も学びましたが、やはりなかなか安定しず、調子よく勝てません。 そして、最近ついに粒高としてのプレーにうんざりし始め、表や裏を使ったプレーの方に興味が出始めました。 しかし、いざ表を使ってみるとやはり粒高の癖が出てしまいます。 最近では、粒高を使いながらも、表のようにプレーすることが多いです。でも、それならいっそ表にしてしまった方がいいのかな、と思っています。でも、表にしてしまえば、インターハイには間に合わないかもしれません。 そこで、僕がこれから取る道として考えているのは、 ・変化の大きい粒高(カールP-1やグラス ディーテックス)を使って、粒高として の技術を磨き、変化で戦う。 ・攻撃系の粒高(スキュラやフェイン トAG)を表ソフトのように使って、粒高 としてのプレーもしながら攻撃的に戦 う。 ・変化系の表ソフト(アタック8やコバル ト)を使って、粒高としての癖がありな がらも表ソフトとして攻撃的に戦う。 ・普通の表ソフト(スペクトルやヴィク タスの表ソフト)を使って、粒高として の技術をいっさい捨て、表として攻撃的 に戦う。の4つです。 どうしたら良いのでしょうか。バックに表を使ったことはありますので、表の基本は押さえていますが、表にして、今まで粒高を使ってきて身につけた技術が皆無になってしまうのも残念です。自分で言うのもどうかと思いますが、粒高としてはそれなりに強く、強豪を倒したりすることも稀にありますし、我が部でもエース的存在です。 長文でしたが、読んでいただき、ありがとうございます。皆さまの意見をお待ちしております。

      単純にインハイ対策としてなら、ご自身が示した方向性1が無難と言わざるを得ない中年思考です。「粒高プレイにウンザリ」されてるワリに「粒高の技術が惜しい」とは両極端で、またナニに「ウンザリ」までしてしまったかによって、回答も変わってきます。ので、F粘着ということもあるので、米子指圧さんも提示する「反転プレイ」も含めた「FBの球質差」に、もう少し研鑽の道は無いか?と感じます。「調子良く得点出来ない」とありましたが、それは「自分の想定した得点パターン通りにトレース出来ない」というコトでしょうか?ならばソコに、これまでにない、変化差をもっと生かしたパターンを考えてみては?同時にウンザリしちゃうケースを打開するパターンも考えてみて下さい。まだまだF裏B粒、奥深いと思います。がんばってください! サイトを見る

    • 卓球のラバーについて質問です高校一年です。今度裏ソフトのラバーを変えようと思います。ラケットは吉田海偉、ラバーはヴェガヨーロ、グラスディーテックスをつかっていて、ショートマンをしています。中学ではドライブやチキータやショートをやっていました。高校では八面攻撃を覚えてもっと攻撃をしていきたいと思います。そこで自分は攻撃がしやすいラバーに変えようと思います。自分が今まで使ったことのあるラバーは、キョウヒョウPRO2、ヴェガヨーロです。キョウヒョウPRO2はかなりループドライブがしやすかったのですが、スマッシュのスピードがものたりなかったので、ヴェガヨーロに変えました、ヴェガヨーロはスマッシュがやりやすかったです。候補では、ヘキサーHD、ヴェガチャイナ、ヴェガアジア、キョウヒョウneo3です。他にオススメのラバーがあれば教えてください。よろしくお願いします。

      蝶の吉田ラケットは、重くて弾む印象ですね!ところで、F粒ですか、B粒ですか?もしB粒なら、八面打法で…とおっしゃってますが、「フォア裏面粒ドライブ」って、どんな攻撃に役立つでしょう?仮にB裏で「フォア裏面裏ソフトドライブ」をするなら、反転してフツーにドライブしたほうがうちやすさも威力もまるで上でしょう。すなわち、今まで使った中で一番しっくりくるラバーで、改めて基本打法を磨いたほうが、はるかに強くなれそうに思います!頑張って! サイトを見る

    • 卓球のラバーついてです。新しくフォア面をラザントターボにしようと思っているんですが、ディフェンスⅡに張るのはあまりよろしくないでしょうか?今はR ディフェンスⅡF ファスタークC‐1Bグラスディーテックス(OX)の異質攻守型になります。あわなさそうなら、アコースティックに張ろうと考えていますが、こちらはあまり変えたくないので…回答よろしくお願いします。

      ラケットのディフェンスⅡ自体の相性は良いのだけど,フォア面に貼っているファスタークC-1とは合っていないようですね!!ファスタークC-1よりはラサントターボの方がディフェンスⅡには合っているようですね!!もう一本のアコースティックにラサントターボは合っていないようなので,ラサントターボを貼るならばディフェンスⅡに貼った方が良いと思う。 サイトを見る

    • 卓球でカットマンをしています。_(._.)_グラスディーテックスを、貼るとき、反対の面にはどんなラバーを貼ればじゃじゃ馬になりませんか?タキファイア・DRIVEを貼るとどうなりますか?ちなみにラケットは朱世赫(FL)ですっ!(>_<)ノ

      WRM特注のKING PROがいいと思います サイトを見る

    • 卓球ラケット&ラバーに関する質問SK7αにF;ブラックパワー Golden Cake Sponge 黒/40度B;グラスディーテックス 赤/1.2にしようかとおもいますフォア面はコスト的に、性能的にブラックパワーGCSにしましたほかに進めるラバーがありましたら、教えてください。僕が求めてるのは、威力or回転です

      前陣攻守の方でしょうか?前陣攻守ならSK7αは少し重いと思います。オススメは5枚合板で硬めのラケットです。TSPのガイアやバタフライのティモボルW5など補足わかりました。ではラバーですが、SK7αに粘着ラバーを合わせると重くなり回転がかけずらくなります。あなたのスイングスピードがとても速いのなら別ですが・・・。これから粘着ラバーを使うのであれば粘着ではなく高弾性ラバーやテンションラバーをオススメします。(ヴェガシリーズなど)硬い打球感が好きならヴェガプロやヴェガアジア柔らかい打球感が好きならフライアットソフトをオススメします。バックはグラスで大丈夫だと思います。攻撃を考えるならスキュラを使ってみるのもいいかもしれません。 サイトを見る

    • 卓球部に所属している4月から高2、卓球歴5年目になる学生です質問です。僕はプリモラッツEXのストレート、ヴェガジャパンの2.0、グラスディーテックスの1.2を使っている前陣攻守(ストップ、ツッツキ、ブロックをメインにしています)今度の4月にラバーを新しくと思っているのですが、僕の戦い方の場合はグラスディーテックスをoxにするべきでしょうか?それとも、このままで良いのでしょうか?ぜひ、皆様のご意見を聞かせて下さい。戦い方はツッツキ、ストップで打たせないようにしたり、ブロックで粘ります。

      ラクザの方がジャパンよりも、硬く自分の力で打つ感じです。しっかりと振れるのであればラクザがいいと思います。 ブロックを多用するのであればoxだと、よくとまり粒高特有の変化がでますのoxをお勧めします。 プッシュのスピードが多少おちるかもしれませんが慣れだと思うので頑張って下さい。 サイトを見る

    • 100枚 ペン粒の用具変更のことで質問です。今僕はR 幻守F グラスディーテックスB 金星2極薄というWRMづくしセットなんですけど、自分的ににもうちょっと用具考えて使おうかな?と思いまして、自分なりに考えた用具に対する意見、感想を教えてください。RバイオリンCF海王星OXかカールOX ほかにあればそのラバーの名前を教えてください。Bフライアット ソフト(中)です。戦い方としては、ブロックはもちろん、打ったり、粒でカウンターをしたりします。なので落ちるグラスをやめようとしています。指摘、感想お願いします。あとペン粒ってどんな技術を一番磨くべきですかね・・・。

      今も1枚ラバーなのでしょうか?OXに変えるとだいぶ打球感が変わるようです。私が面倒見ている子もだいぶ特薄で使いこなせてきたのでOXにしたのですが、意外と慣れるのに時間が掛かりました。(多球を増やして1月かな)カールにもP3・P1とありますので、攻撃的ならP3の方がやりやすいかもしれません。変化はP1の方が上ですが。ペンに限らず、粒高は打球点を如何に早くするかだと思います。打球点が下がるほど、相手に対するプレッシャーも変化も落ちますし、相手の球の影響も受けやすくなります。台上スレスレになりますが、粒のトップ選手を間近に見ると、自分が指導していた打球点でもまだまだ甘いと思い知らされました。頑張ってくださいね。(ループに対するカット性ショートは頂点付近の方が安定してブチ切れるようです) サイトを見る

    • もっと見る