651

みんなの評価 [硬さ] 少し柔らかい
[性能] スピードコントロール に優れています
みんなの平均費用 2,000

(写真をクリックすると拡大します)

みんなのレビュー平均点

  • 評価: 11 / 15
  • レビュー 1
    • スピード:11
    • スピン:8
    • コントロール:10
    スポンジが硬く、「変化」を求める方にお勧めの中国系表ソフト。

    651がスピード、652が回転重視となります。

    • 表ソフト

    スペック

    価格
    1,944円(税込2,099円)
    メーカー
    紅双喜

    ユーザーレビュー

    • (卓球歴:1年未満)

      かなりの変化が出るので上級者向けです。

      2017/03/14
      総合
      11/15
      スピード
      11
      スピン
      8
      コントロール
      10
      硬度 柔らかめ(セミソフト)

      使用、推奨ラケット ローズグレイド

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    レビューを投稿する

    その他クチコミ情報

    • はるか昔にニッタクにPF4-651と言うラバーがありました。今は使用禁止ラバーですか?

      黙ってればわかりません サイトを見る

    • 表ラバーでも回転がかかりやすいのを教えて下さい。中学時代は当時あったPF4-652を使ってました。あまりスピードは出ませんでしたが安定性、回転が回転がかけやすかったような気がしました。651 というのもありました。652とはどう違いましたか?

      両方とも回転系の表ソフトでしたが、粒の大きさなどに違いがあり、651はスピード重視、652は回転重視でした。そのほかに分類として中国製スポンジのCSと日本製スポンジのJSに分かれていました。 ちなみに現在もPF4とは言いませんが、紅双喜から後継の「651」「652」は販売されています。(以前のものとは若干異なりますが・・。) PF4-652は販売終了後、「ドラゴンナウ」(横目回転系)→「閃霊」(縦目スピン系)へと引き継がれました。 私も652を使用していましたが、現在販売されていて似たラバーはTSPの「スーパースピンピップス」(柔らかい日本製スポンジは「スーパースピンピップス21」)、コクタクの「802-40」(柔らかい日本製スポンジは「802-40トラスト」)あたりが似ています。 ちなみに802-40の方が打球感は652に似ていますが、厚さが「中」以上のため、薄いラバーが希望でしたら、「スーパースピンピップス」がよろしいかと思います。 サイトを見る

    • 中学・高校と卓球をしていたのが20年以上前で、つい1年ほど前からまた社交で始めました。20年前に使っていたのがNITTAKUのPF4裏ソフト厚とPF4-651表ソフトでした。試合に出るわけではなく、社交なので今でも 使用していますが、今回ついに変えようと調べていたところ、廃盤になっていることを知りました。裏・表共にもっとも近いラバーをご存じの方、教えて下さい。

      PF4ですか? 懐かしいですね。 中国ラバーなら、似たようなラバーはあります。 PF4のCSなら、TSP730レギュラースポンジで、JSなら、スピードスポンジが近いと思います。 しかし、最近は硬いスピン系テンションラバーや、中国粘着性テンションが主流なので、一度検討してみて下さい。 どちらも硬くて重いので、中国ラバーに慣れている人なら、すぐに使いこなせると思います。 PF4-651は回転が掛かる表ソフトでしたよね?回転の掛りが良い表ソフトは、TSPスーパースピンピップスくらいでしょう。 こちらも、CSかJSかで、近い硬さがあります。 サイトを見る

    • ペン表のラバーでスペクトルとスピンピップス以外でおすすめのラバーを教えてください。昔はニッタクのPF4-651でした。

      ミズノのブースターSAです。これは回転がよくかかりスマッシュも速いです。弾みすぎるのが難点ですがスポンジ厚調節したり慣れたりすれば問題ないです。 あとコクタクのフレンドシップ802-40シリーズもいいですね。回転力はバツグンで弾みが抑え目なのでコントロールがいいです。 サイトを見る

    • もっと見る