2021/08/13

ゆうの試打シリーズ「ソリッドプロ」編 全部スイートスポットのすごいラケット

木材、インナーラケットで悩んでいる人の救世主

皆さん、見つけてしまいました。
これが本当の掘り出し物です。しかも廃番でもなく、限定でもありません。れっきとした現行品。

しかし、普通の人は気づかない。

その理由は
そもそも「カタログに載っていない」
そして「取り扱っている店舗が少ない」
さらに「2021年になって性能が変わった」

というトリプルコンボをかましているラケットだからです。

これでは気づくはずもありません。売る気が感じられないと言われても仕方がない。


そのラケットとは、ダーカーの「ソリッドプロ」です。

合板構成は木材5枚合板+イザナス2枚(インナー)

イザナスとは超高分子量ポリエチレンを原料とした繊維で、有機繊維としては最高レベルの強度・弾性率を誇ります。

ダーカーからはイザナスとカーボンをかけ合わせた「イザナスカーボン」を搭載したラケット「リベルタシナジー」が発売されていますが、
「ソリッドプロ」は、そのカーボンをかけ合わせる前の「イザナス」だけを搭載したラケットです。

通常のカーボンラケットに比べて、軟らかくて球持ちが良く、回転がかかります。また、木材ラケットと比べると、飛距離とスピードが出てくれます。

ここまで聞くと
「なんだ、よくあるインナー系ラケットじゃん」
と感じてしまいます。

はい。そうです。

以前までは。



実はソリッドプロは、数年前からカタログ商品ではないものの限定的に発売されていて、私も打ったことがありました。その時の評価は、前述のとおり、よくあるインナーラケットでした。

しかし、2021年に改めて新品を打つと、評価がガラリ変わったのです。
打っていて、「あれ?以前と印象が違うな」と首を傾げていたのですが、メーカーに詳しく聞くと、ひっそりと中身が変わっていたことがわかりました。

変更箇所
①イザナスの編み方が変わった(密に編んでいる)→威力がアップ
②合板の接着剤が変わった→板の一体感がアップ

ハッキリいって以前のソリッドプロとは別物です。




弾みが上がって、威力がアップされているのはもちろんうれしいのですが、
編み方と接着剤変更の相乗効果で
ブレードのどこで当たっても弾むという驚異のスイートスポットの広さはもっとうれしい。

当り損ないがないという性能は、同時に安定性に直結します。
初~中級者、もちろん上級者にとっても、ありがたい性能です。
威力はアウターのカーボンラケットには及びませんが、木材の感覚で打てるラケットの中ではトップクラス。木材やインナーの性能が好きな人で、威力に悩んでいる人には朗報となるラケットでしょう。

新しい性能で生まれ変わったソリッドプロの打球、性能はぜひ動画で確認してみてください。
しかも今なら卓球ナビで日本全国唯一の新ソリッドプロの在庫があるとのこと。
これは、ブームが起きるんじゃないか。

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録