木子(MU Zi)

MU Zi

使用ラケット、ラバー

  1. スペクトル
    ラバー(裏面)

    スペクトル

オリンピックなどの出場はないが、実質の世界ランキングは10位以内と言えるほどの実力。

スペック

年齢
28歳
世界ランク
最高14位(2017年6月)

世界ランキングの推移

関連ニュース

  • 周雨/樊振東ペアと顧玉婷/木子ペアが優勝 第13回全中国運動会 卓球
    周雨/樊振東ペアと顧玉婷/木子ペアが優勝 第13回全中国運動会 卓球
    2017/09/06
  • 平野美宇敗戦もチームは3勝目 中国超級リーグ第10節 卓球
    平野美宇敗戦もチームは3勝目 中国超級リーグ第10節 卓球
    2016/11/23
  • 平野美宇が初勝利 中国超級リーグ第2節 卓球
    平野美宇が初勝利 中国超級リーグ第2節 卓球
    2016/10/20

試合結果

LIEBHERR 2017世界卓球選手権

女子シングルス  準々決勝 (2017-06-02 17:00)

木子

中国

1

  • 11 - 1
  • 6 - 11
  • 8 - 11
  • 3 - 11
  • 7 - 11

4

対戦結果

劉詩文

中国
世界ランク 3

女子シングルス  ベスト16 (2017-06-02 10:00)

木子

中国

4

  • 11 - 7
  • 11 - 3
  • 11 - 9
  • 11 - 3

0

対戦結果

加藤美優

日本
世界ランク 17

女子シングルス  ベスト32 (2017-06-01 16:15)

木子

中国

4

  • 11 - 0
  • 11 - 0
  • 11 - 0
  • 11 - 0

0

対戦結果

リー・チェン

ポーランド
世界ランク 37

女子シングルス  ベスト64 (2017-05-31 20:30)

木子

中国

4

  • 11 - 5
  • 11 - 5
  • 11 - 13
  • 11 - 7
  • 10 - 12
  • 11 - 7

2

対戦結果
女子シングルス  ベスト64 (2017-05-30 16:00)

木子

中国

4

  • 7 - 11
  • 11 - 4
  • 11 - 5
  • 11 - 8
  • 13 - 11

1

対戦結果

JONSSON Jennifer

スウェーデン
世界ランク 272

その他クチコミ情報

  • 中国の卓球選手・木子選手について質問です。 蘇州で行われた世界卓球で、女子シングルスでダークホースとして木子が活躍しました。全く知らない選手だったので、調べてみたのですが、「木子 は軍人であるため大きな大会にしかあまり出られず・・・」という内容が書かれていました。ここで質問なのですが、「軍人であるため」ということは、普段は普通に軍隊に混じって通常訓練をしているということですか?

    そりゃそうだろ。 でもま、軍人といっても全員が戦闘要員じゃぁないからなぁ。 通信兵とかもいるし。 将校だったら戦闘訓練はほとんどしないし。 サイトを見る

  • 世界卓球に出場している中国代表の木子選手は、どのぐらい強い選手なのでしょうか?過去に五輪や世界卓球に出場した事はあるのでしょうか?

    2006年世界ジュニア選手権、女子シングルス3位、女子ダブルス・混合ダブルス・女子団体優勝。 2007年世界ジュニア選手権、女子シングルス3位、女子ダブルス2位、混合ダブルス・女子団体優勝。 2009年と2011年に世界選手権の混合ダブルスで2大会連続2位。 2014年中国スーパーリーグのランキング6位。 蘇州大会でロンドン五輪の金メダリスト(李暁霞)銀メダリスト(丁寧)を破り、代表決定戦でカットの武楊を破って代表権獲得。 サイトを見る

  • 卓球の選手について。 卓球選手で福原愛選手と中国の木子選手はどちらが強いと思いますか? 2人とも裏面が表ソフトなので少し気になりました。 私の友達は福原の方が世界ランクが上だから福原のほうが強いといっていたのですが、私的には木子の方が強いと思います。 理由は、まずお互いのスペックを比較してみると、 福原のスペック いいところ バックハンドがうまい。バック対バックのうまさだけなら、中国人にも負けないほどのうまさがある。 バックが一番の武器だけど、フォアのパワーも、日本では、石川や平野よりは上のパワーがある。 相手をあまり研究しないけど、試合の中で相手の弱点を早い段階で見切ることができるときがある。 悪いところ フォアもそこそこのパワーがあるのに、すぐにバック対バックのラリーに持ち込むから、フォアが強い中国人には、最近ではほとんど勝てない。 すぐにバック対バックのラリーに持ち込むため、フットワークをほとんど使わないから、動きが遅い。 大量リードをすぐに逆転される。 ウィキペディアを見たところ、相手のことをほとんど研究しない。 早稲田大学を中退していたり、ウィキペディアに書いてあったところを見ると、頭はよくないらしい。 木子のスペック いいところ フォアのパワーはかなりあり、丁寧にも負けないものがあり、シンガポールのパワーヒッターのフォンテイウェンにはラリー勝ちして、試合も完勝している。 フットワークもかなりすばやく、バックを狙われても、すぐに得意のフォアで攻めて、態勢を立て直すこともできる。 国内での実力も、中国トップにも勝つときがあり、世界卓球2011年の選考会では、一位通過するほどのものがある。 卓球専門の中国ということから、相手の研究は欠かせない。 悪いところ 海外の大会にはあまり出ないから、海外の大会に馴れしていないところがある。 バックハンドのほうは、フォアと比べたら、うまくない。 と両者のスペックを見てみると、福原選手の場合は、いいところも多いですが、悪いところも結構多いので、いいところも多い上に、悪いところが少ない木子の方が私的には強いと思います。 皆様はどう思いますか?

    木子の方が全然強いですね。 補足 フォンティエンウェイより上に47人もいるということはあり得ませんし、石川佳純や平野早矢香の上に100以上いるということもあり得ません。 サイトを見る

  • 世界卓球横浜応援企画~最終日~ 今日は、世界卓球横浜大会の最終日でした。 男子シングルス決勝・女子シングルス決勝が行われました。 ※左側の選手が勝者です。 ・男子シングルス 決勝 王皓(中国)4-0王励勤(中国) 王皓(中国){11-9,13-11,11-5,11-9}王励勤(中国) ・女子シングルス 決勝 張怡寧(中国)4-2郭躍(中国) 張怡寧{10-12,3-11,11-2,11-7,11-7,11-9}郭躍 という結果でした! ということで、各種目の結果を整理します。 ・混合ダブルス 優勝 李平・曹シン(中国) 2位 張継科・木子(中国) 3位 ハオ帥・常晨晨(中国) 張超・姚彦(中国) ・男子ダブルス 優勝 陳杞・王皓(中国) 2位 馬龍・許シン(中国) 3位 張継科・ハオ帥(中国) 水谷・岸川(日本) ・女子ダブルス 優勝 郭躍・李暁霞(中国) 2位 丁寧・郭炎(中国) 3位 姜華君・帖雅娜(香港) 金璟娥・朴美英(韓国) ・男子シングルス 優勝 王皓(中国) 2位 王励勤(中国) 3位 馬龍(中国) 馬琳(中国) ・女子シングルス 優勝 張怡寧(中国) 2位 郭躍(中国) 3位 劉詩文(中国) 李暁霞(中国) メダル20個のうち、17個のメダルを中国が獲得しました! しかし、日本も男子ダブルスで銅メダルを獲得しましたね☆ また、メダルを獲得できなくても、素晴らしい試合が随所に見られました。 特に、若手の力はすごかったですね。 将来が楽しみです。 今回は、テレビ放送もされ、楽しむ事が出来ました。 出場した選手の皆様、お疲れ様でした。 そして、素晴らしい試合をありがとうございました。 2009年の6月11日~14日の間、和歌山ビッグホエールで、 ジャパンオープン・荻村杯2009国際卓球選手権が開催されます。 それもとても楽しみです。 余談ですが、ジャパンオープン・荻村杯2009国際卓球選手権で 福原選手と石川選手がダブルスのペアを組んでエントリーしたそうです。 今大会は、素晴らしかったですね。もちろん若手だけではありません。 全ての選手が、私たちを魅せてくれました。 日本選手も、海外の選手も素晴らしいです。 質問:今大会の総合MVPは? (国内外それぞれお願いします)

    私は、5月3日~5日の3日間、横浜アリーナに行って、生で見てきました。 国内では、やはり銅メダルを取った水谷・岸川ペアの2人だと思います。ただ、第3シードで中国人が準決勝までいないラッキーブロックであったことを考えると・・・。 松平健太選手は馬琳に勝っていれば文句なくMVPですが、結局負けたので・・・。 女子では、石川佳純選手ではないでしょうか。帖雅娜戦での逆転劇はアンビリーバブルでした。 海外では、MVPと言ったらやはり、シングルス優勝者の王皓と張怡寧でしょうね。 王励勤は3連覇していたら、彼が文句なくMVPでしたが、残念でした。 余談ですが、5月3日の最終試合の馬琳と対戦した朱世赫(韓国)が、会場を大いに沸かせていました。 21時過ぎから始まった試合だったので、会場の客は多くは帰ってしまっていましたが、あれを見た観客は全員大歓声と惜しみない拍手を贈っていました。 朱世赫選手は、会場を大いに盛り上げた一人ではないでしょうか? 男子準決勝の王励勤VS馬琳も会場が沸きまくりました。 松平健太戦もそうでしたが、考えて見ると、盛り上がった試合にはすべて馬琳の試合でした。 よって、準決勝敗退で残念でしたが、中国の馬琳が一番会場を沸かせた功労者だと思います(MVPとはちょっと意味が違いますが)。 サイトを見る

  • 世界卓球横浜応援企画~6日目~ 左側の選手・組が勝者です。 ・混合ダブルス 決勝 李平・曹シン(中国)4-2張継科・木子(中国) ・男子ダブルス 張継科・ハオ帥(中国) 0-0 チェン・ユック/リ・チン(香港)(けがによる棄権) 陳杞・王皓(中国) 4-2 呉尚垠・柳承敏(韓国) 岸川・水谷(日本) 4-2 ガオ・ニン/ヤン・ズィ 馬龍・許シン(中国) 4-1 江天一・唐鵬(香港) ・女子ダブルス 準々決勝 姜華君・帖雅娜(香港) 4-2 馮天薇・王越古(シンガポール) 金璟娥・朴美英(韓国) 4-0 林菱・張瑞(香港) 郭躍・李暁霞(中国) 4-0 平野・福原(日本) 丁寧・郭炎(中国) 4-2 曹シン・劉詩文(中国) ・男子シングルス 準決勝 王皓(中国) 4-1 吉田(日本) 馬龍(中国) 4-0 メイス(デンマーク) ・女子シングルス 準々決勝 李暁霞(中国) 4-1 唐イェ序(韓国) 劉詩文(中国) 4-1 バチェノフスカ(チェコ) 張怡寧(中国) 4-1 石川(日本) 明日は、 ・男子ダブルス 陳杞・王皓(中国)vs張継科・ハオ帥(中国) 馬龍・許シン(中国)vs岸川・水谷(日本) ・女子ダブルス 郭躍・李暁霞(中国)vs姜華君・帖雅娜(香港) 丁寧・郭炎(中国)vs金璟娥・朴美英(韓国) ・男子シングルス 王皓(中国) vs馬龍(中国) ・女子シングルス 準決勝 張怡寧(中国)vs 劉詩文(中国) 郭躍(中国)vs李暁霞(中国) などがあります。 さらに、男女ダブルスの決勝戦もあります。 混合ダブルスは、李平・曹シン(中国)が優勝しました! 女子ダブルスでは、残念ながら平野、福原は敗れてしまいました。 男子ダブルスでは、水谷、岸川がついにメダルが確定しました! さらに、ともに日本人選手vs世界ランキング1位の中国選手となった 男女シングルス。 男子は、吉田選手が王皓選手と対決。 2ゲーム連取されたものの、3ゲーム目は1セット取りかえし、 残念ながら1-4で負けたが世界ランク1位に善戦でした。 女子は、石川選手が張怡寧選手と対決。 なんと、世界ランク99位の石川が世界ランク1位の張怡寧選手に 1ゲームを奪取しました! 勝敗は関係なく、素晴らしい試合でした。 これからの成長がとても楽しみです。 質問:石川選手の試合で1番印象に残った試合は?? ※間違っているところや、抜けているところがあるかもしれませんが、 そこは勘弁してください。

    帖雅娜選手に、0-3から大逆転をした試合ですね。 歴史に残る大勝利です。 サイトを見る

  • もっと見る

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録