アクアブレード速攻型

みんなの評価 [硬さ] 少し硬い
[性能] コントロールスピードに優れています
みんなの平均費用 9,000
アクアブレード速攻型

(写真をクリックすると拡大します)

みんなのレビュー平均点

  • 評価: 8.33 / 10
  • レビュー 3
    • スピード:6.33
    • スピン:5.33
    • コントロール:9
    前陣速攻から中陣ドライブまで

    前陣速攻から中陣ドライブまで、ペンの領域を最大限に生かせるオールラウンドラケット。

    • 日本式ペン

    スペック

    価格
    13,000 (税込14,300円)
    メーカー
    ダーカー
    商品コード
    BS-723
    合板
    木材7枚 (7枚合板)
    厚さ
    7mm

    ユーザーレビュー

    • ユーザーレビュー

      麗しのペンホルダー (卓球歴:6~10年) 表ソフトと良い相性!ー

      選手レビュー

      私が感じたのは、とてもいい打球感です。コンコンとする感じで、うっていて気持ちいです。弾みは少ないですが、台上技術はやりやすいです。表ソフトをつかう人に是非オススメしたいです。

      2020/01/05
      総合
      10/10
      スピード
      7
      スピン
      6
      コントロール
      10
      打球感
      10
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラバー(表面) スペクトル レッド

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • ユーザーレビュー

      ニャンコのバラード (卓球歴:20年以上) この打球音は最高♪

      選手レビュー

      ペン表で30年、50本以上のラケットにお世話になりました。
      そのなかで秀逸だったのがアクアブレードです。
      適度に板が硬く、回転に鈍感で、相手の回転を無効化しやすい。そのため、台上フリックがやり易く、レシーブでの得点が増えました。
      また、打球直後の初速は速いのですが、球は伸びません。これは相手にとっては取りずらく、大きな武器です。オーバーミスも少ないです。
      当てただけでは球が浅いので、相手コートに深く入れるためには、ラケットに頼らず、自分で強く速くスイングする必要があります。逆にいえば、自分の力で操作できるラケットです。これが魅力のひとつですね。
      打球音はラバーにもよりますが、カンコンと高く鳴って、とても速攻らしく快感を覚えます。
      ブレードは木材の7枚合板で、しかも等厚材。とても美しいヒノキ材です。
      ペン表には、ぜひ使ってほしい名品ですね。

      2022/09/15
      総合
      7/10
      スピード
      6
      スピン
      5
      コントロール
      8
      打球感
      9
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラバー(表面) スピネイト

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • まっすー(ペン表)

      まっすー(ペン表) (卓球歴:11~20年) 昔ながらのペン表らしいラケット

      選手レビュー

      ペン表にとって代名詞のラケットですね。
      私はカーボンラケットからこちらのラケット移行したので、初めは全然弾まないなと思いました。
      ↑購入時の感想です。

      上記でも記載した通り、弾みは普通(通常の5枚合板)より少し上なくらいです。
      弾まない分、台上やブロックのプレーが安定します。
      ラケットの板が固いため、とてもは弾きがよくいいのでまさに前陣速攻のペン表に
      合うラケットだと思います。
      ラバーはラケットがあまりは弾まないので、中陣の打ち合いを想定するのであればテンション系のラバー。
      台に張り付いて前陣で捌くタイプであればどんなどんな表ソフトでも合うと思います。

      欠点は弾みがないため、後陣からの一発で打ち抜くことは難しいです。
      下がったとしても中陣を維持し、前で戦うことが前提になると思います。
      初速は早いので、台に近い所で勝負したいですね。

      2018/01/21
      総合
      8/10
      スピード
      6
      スピン
      5
      コントロール
      9
      打球感
      7
      硬度 硬い(ハード)

      使用、推奨ラバー(表面) ブースター EV

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    レビューを投稿する

    その他クチコミ情報

    • シェークの扱い方について質問です。 高校1年の女子です。 元々中国式ペンのドライブ型でしたが、怪我でシェークに変えました。 卓球歴は7年になります(シェークは一月半ほど) ラケットはペン時代は、ダーカーのアクアブレード中国式に表がエクステンドHS、裏がエクステンドSD(両方中厚)で、今はダーカーの7P2Aに両面エクステンドSDの中厚を貼っています。 ラケット総重量はペンの方が10グラムくらい重かったです。 シェークに変えてから、3つの事で悩んでいます。 1つめはフォアサーブの回転量が極端に落ちたという事です。 バックサーブは回転量は及第点といったところで、先日の高体連では全てバックサービスで戦うくらいにフォアが弱くなりました。 シェークのサービス時のグリップというのは取り入れていて、人差し指の開き等も変えながら練習しているのですが、変な話し、物凄く力を入れて切ったロングサーブすらあまり切れていません。 ペンの頃はサーブは武器に出来るくらいでした。 ペンの頃のような回転量を取り戻すには、どのような点に注意する事が大切でしょうか? 2つめは、レシーブが話にならないくらい下手になりました。 ペンの頃は先端が勝手に下を向いてくれるおかげで、ラケットの面を左右に向ける事は何も難しくなかったのですが、シェークで同じ形を作るのはあまり良いやり方とはいえず、フォアなら左、バックなら右に向けやすいけどその逆は…、という点で困っています。 また、ヘッドが下に向く事がないので、ゼロバウンドに近いバウンド直後を捉える事が難しく、回転の影響を受ける事も多いです。 プロの試合でも、ヘッドは下に向けないで綺麗なレシーブが出来ているので何かが足りないのだと思いますが… 何か良い改善点はないものでしょうか? 3つめですが、ドライブを振った時のスピードが極端に遅くなりました。 ペンのつもりでドライブを打つと、あまりの遅さに違和感を覚えます。 元々、3球目で速攻を仕掛けるのが得意で、思い通りのコースにレシーブが返ってきた時の得点率は高い方だったのですが、中学時代の友達と練習してもらった時も上の2点に加え球の遅さを指摘され、何も怖いものがなくなったね、と言われてしまいけっこうショックでした。 これは、筋肉を鍛える以外には改善は無理でしょうか? 長文乱文になってしまいましたが、どれか一つでもアドバイスいただけると助かります。 よろしくお願いします。

      こんにちは。 意地でペンユーザーを継続中のおじさんです。 問題点の捉え方からして、じきに ご自身で解決策を導かれるだろうと予測しますが、何かしらキッカケになればと思い、駄文を寄せます。 手首の使い方において、ペンとシェイクの差は なまなかなものではなく、特に前2点の問題については、根本的に感覚を変えていかないと、思う成果をあげられないと感じます。 サーブについては、インパクト時の「ラケット面と手首の角度」について、コマ送り的に詳細な分析をして、下回転から再検証してみましょう。 持ちかえをしても、更に前腕を外側に転じないと、思う面が出てないかもです。 同様にレシーブも、手首のみで処理していた部分を、体のポジションごと変えないと対応出来ないケースも生じる筈です。 ドライブは、擦り打ちでもスピードが出るペンのフォア打法に比べて、イメージ的な表現で申し訳ないのですが、「引き付けて、ひっぱたき、擦りトバす」感覚をくわえないと、チカラがスピードに還元しないと感じます。 手首による遠心力をスピードに還元出来ないぶん、叩いて前に飛ばすイメージを加え、かつスイング方向を調整しましょう。 おいちゃんは、上記が全てダメで、ペンと心中するつもりですWW サイトを見る

    • 閃霊を使っている前陣速攻ですが、 何回もすいません、 前回質問させてもらったんですが、 ダーカーのアクアブレードというラケットを、 見つけてしまいまして、 調べると、前陣速攻に適したラケットだとわかったので、 買ってみようと思うんですが、 ブレードは速攻にするんですけど、 閃霊のスポンジの厚さは「厚」にしようと思うんですが、 アクアブレード速攻型に厚を貼って、 相手の回転の影響を受けにくいか スマッシュがやりやすいか ある程度ドライブができるか を、回答して欲しいです。 「厚」じゃダメなら、アクアブレードに適した厚さを教えてください 回答お願いします。

      ダカーのアクアブレードは7枚合板ラケットで合板構成は上から1、3、5、7枚目が檜で、2、4、6枚目は特殊国産材を使用していると聞いたことがあります。 通常は檜を使用したラケットは弾みが強いため、表ソフトに向かないのですが、アクアブレードは板の厚さを薄くすることにより弾みを抑え、適度に弾く感じで仕上がっていますので、特に表ソフトでもスマッシュ主体でドライブはあくまで補助的に使用するような表ソフト選手に向いていると言えます。 ちなみにラバーの厚さについてはスポンジが厚いと自分の回転で相手の回転を殺しやすいのでドライブ系の表の選手に向いており、薄いと球離れが早くスマッシュが鋭いため、スマッシュ重視の選手に向いていると言えます。が、薄いと当然回転はかかりにくくなるため、サービス時などに極端に不利になりますし、厚いとラケットが重くなるので台上処理などがしにくくなるので、自分のスタイルに合わせて適度に調整するのが良いかと思います。 それと前質でもお答えしましたが、閃霊は縦目でもカットマンが多く使用しているのが有名なくらい回転のかかる表ソフトですよ。 サイトを見る

    • 卓球 ペンホルダー 裏面打法 について 自分は今ダーカーのアクアブレード速攻型に表ソフトを貼っているのですが、裏面に裏ソフトを貼ろうと思います。 しかしあまりお金もないので新しいラケットは買わずに日本式にそのまま裏ソフトを貼ろうかなと考えています。 重量が気になるのですが、なにかおススメの裏ソフトはありませんか?今フォアにはVO>101のMAXを貼っています。 また、もしこれを機に中国式にするならばどんなラケットがおススメですか?

      個人的には、ヤサカのフュージョンが軽く、使いやすいのでおすすめです。 それ以外では、同社のエクステンドやエクシオンのベガエリート等。 中国式にするなら、私の周りではアクアブレードの中国式というのは大変評判がいいのでそれがいいと思いますが、板の厚さを見ると若干重いのかな? ニッタクのセプティア、ヤサカの馬琳エキストラオフェンシブ、馬琳エキストラスペシャル、この辺りが良いと思います。 サイトを見る

    • 卓球のラケットについて… F表B裏の前陣速攻型です。 ドライブはあまり使わず角度打ちを多様するタイプです。 先日ラケットが折れてしまいました… 前のと同じでもよかったのですが もっと他に合ういいラケットがあるかもしれないと思い ラケットを変えることにしました。 以前使っていたのはただの五枚合板です。 新しいラケットはダカーのアクアブレードにしようと思っているのですが どうでしょうか?? 軽いラケットがいいのですが アクアブレードは振ってて重いと感じますか?? 表ソフトは七枚合板は向いてないでしょうか?? 五枚合板と七枚合板の具体的な違いも教えてくださると助かります。 ちなみにラバーはF ブースターSA B プライド30です。 いろいろな質問があり回答しにくいかと思いますが よろしくお願いしますm(__)m

      ラケットに対する考えは人それぞれですが・・・ 角度打ちは7枚のほうがやりやすいですよ。一般的には。 ただ、角度打ちはドライブよりも感覚が大事な技術です。 初速の速い7枚よりも、球持ちの良い5枚合板の方がが合っている、と考えて5枚を選ぶ速攻の人もいます。 このあたりは使ってみなければ分かりません。サービスや台上など、細かい技術との兼ね合いもありますしね。 私も表ソフトを使用していましたが、柔らかい5枚合板よりも、少し硬く初速の速い7枚合板の方が表ソフトにはよくマッチします。 ダーカーのアクアブレードなんて、表速攻の代名詞のようなラケットです。表を貼って前陣でプレーするにはピッタリです。 とても良いチョイスだと思います。 サイトを見る

    • ラケットとラバー相性・・・ 今度、ダーカーのアクアブレードシリーズの「アクアブレード丸型 Ⅰ」とバタフライの「フレアストームⅡ」にしようかと思っています。 自分は高2男子で前陣速攻型で表ソフトを使っています。 このラケットとラバーの相性はどうでしょうか? また、おすすめのラケットと表ソフトラバーがあれば教えてください

      速攻型が使うのには良い組み合わせですね。 ラケット交換でこれを見せられると、 「やば。コイツ結構本格的だな」 とか感じそう(笑)。 オススメに関しては↓に同じ。 奨めたヤツが、質問者さんの今のラケットと被ることもあるわけだし、今のよりもグレードダウンするかもしれませんから。 サイトを見る

    • もっと見る

    卓球ナビへようこそ!
    レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

    新規会員登録