スイフター

みんなの評価 [硬さ] 少し柔らかい
[性能] コントロールスピンに優れています

(写真をクリックすると拡大します)

みんなのレビュー平均点

  • 評価: 11 / 15
  • レビュー 1
    • スピード:10
    • スピン:11
    • コントロール:12
    ドライブ攻撃に適した球持ちと弾きを備えた5枚合板。

    【前・中軸オールラウンドタイプ】
    添え芯に檜材を採用することで、独特なブレードのしなりを可能にしました。球持ちの良さと弾きを備えており、ドライブ主体の攻撃的オールラウンドプレーヤーに適しています。

    • FL
    • ST

    スペック

    価格
    5,800円(税込6,264円)
    メーカー
    ミズノ
    商品コード
    18TT91003
    スピード
    ミッドファースト
    打球感
    ミッド
    サイズ
    157mm×150mm
    重量
    85g
    合板
    5枚合板(天然素材)
    厚さ
    6mm

    ユーザーレビュー

    • 中陣

      とにかく中陣からごりごりドライブをかけていくタイプの方に非常におすすめです。回転量という点ではなく安定するという点が素晴らしいです、前で早いピッチで勝負しない方にいいです!

      2016/06/04
      総合
      11/15
      スピード
      10
      スピン
      11
      コントロール
      12
      打球感
      10
      硬度 柔らかめ(セミソフト)
      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    レビューを投稿する

    その他クチコミ情報

    • 卓球ラケットについて Stigaのオールラウンドエボリューション、mizunoのスイフター、yasakaのスウェーデンエキストラ、馬林エキストラオフェンシブのレビューお願いします!また、総合的に見 てどれが一番オススメかお願いします!

      知名度からすると、オルエボではないでしょうか。 サイトを見る

    • 卓球について質問です。 僕は、自称異質オールラウンド型です。 反転はあまり使いません。 そこで、質問です。 現在、僕が使っている用具は ラケット フォルティウス(ミズノ) ラバー F面 1Q 中厚 (ティバー) B面 アタック8 極薄 (アームストロング) なのですが、異質オールラウンド型向けのラケット及びラバーでおすすめはありますか? 今のところ、候補は ラケット スイフターMF・スカッド7・アデリー・松下浩二オフェンシブ・カルテットオールラウンド ラバー F面 1Q・クエーサー(もしくはMF)・タキネスドライヴ・カタパルト・V>01Limber ・ザルト・ファスタークC1(もしくはG1) B面 アタック8・ピンプルミニ(もしくはワン)・スペシャリストワン・タキネスチョップ です。 この中でしたら、どれが良いでしょうか? また、それ以外にもおすすめがあったら 教えていただきたいです。 長文失礼しました。

      異質でオールラウンドなら、オールラウンドエボリューションがおすすめです。 異質で裏・表の人には特に人気で、程よいはずみで攻撃のときの威力も十分あります。 あなたにはピッタリではないでしょうか。 ラケット・ラバーの同時替えは打球感が変わりすぎてしまうので、ラケットはオールラウンドエボリューション、ラバーは今と同じラバーで同じ厚さがいいでしょう。 サイトを見る

    • 僕が今使っているラケットがスイフターなのですがラバーを変えようと思っています。スイフターにあうラバーを教えてください。 僕が今使っているラケットはスイフターなのですがそろそろラバーを交換しようと思っています。スイフターにあうラバーを教えてください。

      スレイバーEL、マークV、ラウンデル。 サイトを見る

    • 卓球のラケットについて質問です。ミズノのスイフターというラケットはどのようなラケットですか?

      とてもマイナーなラケットですね。 柔らかめの5枚合板で使いやすい割に弾みもそこそこあります。 サイトを見る

    • ラケット選びお願いします ラケットが破損しているので変更を考えています。 [R]アコースティック [F]ファスタークS-1 [B]ヘキサーピップス+横目 現在使用中です。 もう少し安価で良い物があれば良いかなと思っています。 候補ラケットは、 ・ティモボルW5 ・オールラウンドエボリューション ・スイフター ・アコースティック(変更なし) 戦型は福原愛のような、フォアでドライブ攻撃+バックの変化攻撃を理想としています。 皆さま知恵をお貸しください!

      アコースティックをもう一度買えるだけの経済力があるのならもう一度アコースティックを選ぶのが一番いいんでしょうけど、ちょっと無理そうですね・・・ 異質型なら、オールラウンドエボリューションをオススメしますよ。 異質ならオルエボ、と言われていますしね。 ティモボルW5だとソフトすぎてフォアはまだしもバックのスピードが出ません。 サイトを見る

    • スピンアート 異質攻撃型です。 遠い話なのですが、12月に団体戦があります。 団体戦の時に、新しい用具で試合にのぞみたいのですが、スピンアートはどう思いますか?? 使用予定の用具は、R:佳純ベーシック(FL)F:スピンアート(中)B:フェイントAG(薄) です。 今までは、最初カットマンを目指していたこともあり、R:ウィルトリア(FL)F:テナジー64(中)B:フェイントロングⅢ(極薄)を使っていました。 さらにもう一本ラケットを持っているので、予定の用具が、ミズノのスイフター(FL)と佳純ベーシック(FL)のどちらかにしようかもまよっています。 あと、石川佳純選手に憧れているので、投げ上げサーブをできるようになりたいです。 真っ直ぐ投げられるし、ラケットにもあたるのですが、少し球がういでしまいます。 投げ上げサーブのコツについても教えてください。

      ラケットの変遷から考えて見ましょう!! 今までのラケット ニッタク・ウィルトリア(FL) 全長(268×158) ブレードサイズ(165×158) グリップの厚さ(23㎜) あなたの候補 ミズノ・スイフター(FL) 全長(257×150) ブレードサイズ(157×150) グリップの厚さ(23.5㎜) ニツタク・佳純ベーシック(FL) 全長(258×152) ブレードサイズ(156×152) グリップの厚さ(24㎜) です。 3枚から5枚合板に変更するので,反発力はやや強くはなります。 質問者さんは,石川佳純に憧れているのであれば、直感を信じて「佳純ベーシック(FL)」すれば良いと思います。 (ただ,石川佳純選手は現在,佳純ベーシックを使っていないそうです。) ラバーですが,テナジー64とスピンアートはまったく違うタイプです。 テナジー64は「エネルギー内蔵型超高性能ラバー」 スピンアートは「エネルギー内蔵型粘着性高摩擦裏ソフトラバー」 なのでまったく違ったタイプとなります。 になります。 前陣異質攻撃型になるのであれば,フォア面は「テナジー64」から「テナジー25」に変更した方が良いと思います。 (スピンアートも前陣向けに作られてはありますが,ラバーシートは「48度」と硬いです。でも,平野早矢香選手もお墨付きなのでスピンアートも良いかもしれません) バック面は変化系粒高の「フェイントロングⅢ」からテンション系粒高の「フェイントAG」に変えると当て方が若干変わると思いますので,攻撃重視なら「フェイントAG」でも良いですが,守備重視するのであれば,「カールP-3αR ソフト」か福岡春菜選手が使っている「カールP-3」にすれば良いと思います。 最終的には,あなた自身の決断次第です。 投げ上げサーブのコツは膝のクッションを利用して真上に投げ上げるのと,目線をボールから離さないようにしましょう!! サイトを見る

    • もっと見る