藤井寛子(HIROKO Fujii)

HIROKO Fujii

使用ラケット、ラバー

  1. テナジー05
    ラバー(表面)

    テナジー05

  2. テナジー05
    ラバー(裏面)

    テナジー05

平成24年度全日本選手権女子シングルス三位、女子ダブルス優勝。ダブルスを得意とし、特に若宮選手との息のあったダブルスが魅力。

プロフィール

年齢
36歳
出身
奈良県
世界ランク
66位 最高66位(2014年2月)

試合結果

LIEBHERR 2013年世界卓球選手権

女子シングルス  ベスト32 (2013-05-16 18:15)

2

  • 5 - 11
  • 10 - 12
  • 11 - 8
  • 11 - 8
  • 9 - 11
  • 10 - 12

4

対戦結果

ビレンコ

ウクライナ
世界ランク 95

女子シングルス  ベスト64 (2013-05-15 18:00)

4

  • 11 - 5
  • 11 - 3
  • 11 - 7
  • 7 - 11
  • 6 - 11
  • 11 - 2

2

対戦結果

LIN Chia-Hui

台湾
世界ランク 358

女子シングルス  ベスト128 (2013-05-15 13:30)

4

  • 11 - 5
  • 12 - 10
  • 11 - 4
  • 11 - 7

0

対戦結果

CHRISTOFORAKI Maria

ギリシャ
世界ランク 550

女子ダブルス  準々決勝 (2013-05-17 17:30)

0

  • 9 - 11
  • 8 - 11
  • 10 - 12
  • 7 - 11

4

陳夢

中国
世界ランク 3

 

朱雨玲

中国
世界ランク 2

女子ダブルス  ベスト16 (2013-05-17 10:45)

4

  • 7 - 11
  • 13 - 11
  • 11 - 4
  • 11 - 13
  • 3 - 11
  • 11 - 9
  • 11 - 5

3

ゲオルギナ・ポータ

ハンガリー
世界ランク 34

 

TOTH Krisztina

ハンガリー



その他クチコミ情報

  • 来年の世界卓球2014について 来年の世界卓球は東京で行われますよね。 そこで来年のために2011年から今回の2013年までの世界卓球をふりかって見て、その年の日本代表選手で世界卓球で活躍した人ベスト5と活躍しなかった人ベスト5を挙げてみてください。 まずは2011ロッテルダム(2012と2013は後ではります。) http://www.jtta.or.jp/result/2011/wttc/results.html 私的には、 活躍した選手 1.岸川聖也 理由 混合ダブルスで3位だったから 2.水谷隼 理由 唯一日本人でベスト8に入ったから。 3.石川佳純 理由 ベスト16に入ったから。 4.藤井寛子 理由 ダブルスベスト8に入った上に、シングルスは格上に勝ったから。 5.張一博 理由 シングルスで格上に勝ってベスト32に入ったから。 活躍しなかった人 1.松平健太 理由 初回の一回戦で格下に負けたから。そのせいでオリンピックのダブルスがダメダメになっちゃったし。 2.松平賢二 理由 男子ダブルスは頑張っていたが、混合ダブルスで逆転されたのがダメだった。 3.若宮三紗子 理由 2と同じ。 4.平野早矢香 理由 期待されていただけに、格下に負けたのが残念。 5.福原愛 理由 4と同じ。 と私的にはこうなります。皆様はどう思いますか?(これはあくまでも世界卓球2011のことなので、それ以外の大会の実績は含めないでください。)

    私が活躍したなと思う選手は 男子 1.松平健太選手 パリ大会での快進撃は素晴らしかったです。 2.丹羽孝希選手 ユース五輪優勝・ロンドン五輪出場などこれからが楽しみな選手です。 3.岸川聖也選手 横浜・ロッテルダム・パリとダブルスで銅メダルを獲得したから。 4.水谷隼選手 日本のエースとして誰よりも頑張っていると思います。 ただ、ロンドン五輪・パリ大会と成績を残すことができなかったのが残念です。 5.松平賢二選手 松平健太選手の兄。日本代表団の精神的支柱。 女子 1.石川佳純選手 ロンドン五輪で見事ベスト4進出し、今では日本のエースとして活躍している方。 2.福原愛選手 幼いころから実績を残し、実力も人気も高い。 ただ、けがもあってパリで活躍できなかったのは残念です。 3.平野早矢香選手 ロンドン五輪で見事日本女子を銀メダルを獲得させた精神的支柱。 しっかり者で好感度があります。 4.藤井寛子選手 若宮選手とダブルスを組み、アジア大会で銅メダルを獲得した実力派選手。 5.谷岡あゆか選手 今、私が注目をしている選手です。ユース五輪では丹羽選手と組み、金メダルを獲得しました。 特に活躍していない選手はいません。 それほど中国の実力がすごいんですかね? サイトを見る

  • 世界卓球2011ロッテルダムで最も印象に残った一戦を教えてください。 王浩 水谷準 岸川聖也 ボル 馬龍 馬淋 松平健太 松平賢二 張一張 福原愛 石川佳純 平野早矢香 藤井寛子

    福原愛選手、岸川聖也選手 VS シンガポールペアの試合です。 岸川選手のプレーには感動しました。 福原愛選手のプレーは比較的、岸川選手に乗せられた感じでしたね。 やはり岸川選手はダブルスが強いですね。 岸川選手、素晴らしかったです。 サイトを見る

  • 卓球選手の藤井寛子選手が2011年1月の時点で使用しているラケット・ラバーを教えて下さい。

    2010-11カタログのバタフライアドハイサリーに書かれている藤井寛子選手のラケットは「インナーフォース・ZLF ST」です。 それにバタフライのHPに掲載されている契約選手紹介の藤井寛子選手のラケットも「インナーフォース・ZLF ST」となっています。 藤井寛子選手のラケットが「コルベルスピード ST」だったのは,昨年の全日本選手権までだと思います。 その根拠として,バタフライの「2010-11カタログ」のコルベルスピードには「平成21年度全日本選手権大会女子ダブルス優勝」となっています。 サイトを見る

  • 来年の世界卓球選手権ロッテルダム大会(個人戦)の選考基準が発表されました。 2011年世界卓球選手権ロッテルダム大会(個人戦)選考基準の詳細 http://www.jtta.or.jp/topics/2010/11wttcselection.pdf 選考基準 ①男女共に2011年1月発表のワールドランキング20位以内の者。(各国最大2名はITTFより推薦されシングルスに出場できる) ②2010年1月1日~12月31日までの国際大会において 男子はワールドランキング30位以内の選手。 女子はワールドランキング20位以内の選手。 (同一選手および日本選手は除く)3名以上に勝利した選手の中から強化本部で評価した推薦:(最大3名) ③国内選考会優勝者:(男・女各1名) ④平成22年度全日本卓球選手権大会男子・女子シングルス優勝者:(男・女各1名) ⑤強化本部推薦(若干名) 上記(2)~(4)において該当者が5名に満たない場合および選手が重複した場合は、次の2点を勘案し強化本部にて決定する。 イ.国際競争力の実績と評価。 ロ.国際競争力向上への高い潜在性があると思われる選手。 となっています。 現時点で… ①の基準を満たしているのは、男子は水谷隼のみ,女子は福原愛・平野早矢香。 ②の基準を満たしているのは、男子は水谷隼のみ,女子は福原愛・平野早矢香・石川佳純の3名。 ②に王手を掛けている選手、男子は上田仁・吉田海偉・張一博,女子は藤井寛子のみ。 現時点で当確は 男子 水谷隼 女子 福原愛・平野早矢香・石川佳純 上記の選手を除くと今回男女ともシングルスの定員が『5~7名』となっているので, ②の基準で男子は最大であと3名,女子は2名。 ③の基準で男・女各1名 ④の基準で男・女各1名(④で水谷隼が連覇した場合空位となる可能性が高い!?) ②~④で5名満たない場合および重複した場合に選出。 となっています。 誰が選出されるでしょうか!?

    吉田海偉選手をお忘れではないでしょうか? 確か世界ランク20位台だったと思いますが…。 今違えば話は別です; さて本題です。 僕だったら水谷、吉田、岸川、松健、丹羽あたりじゃないでしょうか。 また丹羽ではなく松健の兄松平賢二も有り得るでしょう。 サイトを見る

  • 卓球のアジア大会代表選手が決定しました。 男子は水谷 隼・松平 健太・岸川 聖也・吉田 海偉・丹羽 孝希 女子は福原 愛・平野早矢香・藤井寛子・石川 佳純・若宮三紗子 と決定しました。 男子は国際大会で実績のある岸川聖也と吉田海偉が選ばれ,最後の5枚目は国内選考会2位の丹羽孝希を選ぶか兄弟ダブルスを組む為に松平健太の兄・賢二を選出するかのどちらかと思いましたが,最終的には荻村杯で松平健太と組んでダブルスを制した丹羽孝希が選ばれました。,女子は五人目に若宮三紗子が選出されたのが意外でした。 私の予想は国内選考会で1位の藤井寛子に次いで6勝3敗で並んだ「石川佳純・藤沼亜衣・田代早紀」のうち国際大会の実績がある石川佳純が選出されて,最後の5枚目の切符を国内選考会2位の田代早紀(日本生命)か世界卓球モスクワ大会代表で4位の藤沼亜衣(日立化成)のどちらかを選ぶと思ったのですが,日本卓球協会は国内選考会2位の田代早紀(日本生命)の同僚で国内選考会6位の若宮三紗子(日本生命)を選出するとは思わなかったです。 皆さんはどのように感じましたか? 団体戦以外に行われる出場種目の予想 シングルス(2名) 男子は水谷 隼・岸川聖也(松平健太) 女子は福原 愛・平野早矢香 ダブルス(2ペア) 男子は水谷 隼/岸川聖也組・松平健太/丹羽孝希組 女子は福原 愛/石川佳純組・平野早矢香/藤井寛子組(藤井寛子/若宮三紗子組) 混合ダブルス(2ペア) 松平健太/石川佳純組・水谷 隼/福原愛組(水谷 隼/平野早矢香組) 回答お願いします。

    自分もこの結果見て驚きました。 たしかに若宮は全日本でダブルス優勝しましたけど 代表に内定するとわ・・・ まぁ男子は予想通りですね。若く実力のある丹羽選手が 入ってなお更強くなりましたね。松平選手とのダブルスもかなり 強いですしね。自分的には吉田選手もシングルスで出て欲しいです・・・ 混合ダブルスは質問者さんの通りだと思います。 男子も。女子は藤井・若宮使いそうな気がしますけどね。 サイトを見る

  • 第5回東アジア競技大会 卓球競技 こんな国際大会が有ることを皆さんご存じでしたか? 今日から6日間香港で開催されています。 http://blogs.yahoo.co.jp/suesue023/folder/246694.html 男子代表 水谷 隼(明治大学)wr11位【1989.6.9生】20歳 吉田 海偉(個人)wr22位【1981.5.16生】28歳 岸川 聖也(スヴェンソン)wr32位【1987.5.21生】22歳 松平 賢二(青森大学)wr119位【1989.4.6生】20歳 女子代表 福原 愛(ANA)wr21位【1988.11.1生】21歳 平野早矢香(ミキハウス)wr23位【1985.3.24生】24歳 石川 佳純(ミキハウスJSC)wr59位【1993.2.23生】16歳 藤井 寛子(日本生命)wr76位【1982.10.18生】27歳 若宮三紗子(日本生命)wr109位【1989.6.23生】20歳 出場種目 【男子団体】 水谷、吉田、岸川、松平 【女子団体】 福原、平野、石川、藤井、若宮 【男子シングルス】 水谷、吉田 【女子シングルス】 福原、平野 【男子ダブルス】 水谷/岸川、吉田/松平 【女子ダブルス】 福原/石川、藤井/若宮 【混合ダブルス】 岸川/石川、松平/若宮 日本の卓球代表選手は、男女共ほぼトップクラスに対し、中国や韓国はややメンバーを落としてきているようです。 特に韓国女子は李恩姬(wr44)文炫晶、朴英淑(wr12)石賀淨(wr47)の4人でいつもの金璟娥(wr8)唐汭序(wr20)の2人は今回は出場していません。 中国女子も曹臻(wr17)侯曉旭、饒靜文、文佳、楊楊、姚彥(wr29)の6人の出場で、いつもの世界ランク1桁台の張怡寧(wr1)郭躍(wr2)劉詩雯(wr3)李暁霞(wr4)郭炎(wr5)丁寧(wr9)は出場していません。 世界ラックを書いていないメンバーは50位以下で省略しました。 格下の国際大会なので、メンバーを落とし若手の活躍のばを提供しているのでしょう。 日本は団体戦やダブルスなどは、金メダルを取る大チャンスです。これでも金メダルは取れないのでしょうか?皆さんはどう予想しますか? ☆とまっPー☆

    へえええ 東アジア競技大会かぁ しかしそんだけ限定しても中国、韓国、香港という強豪がいるのか・・ 中国の団体メンバーってまた馬龍、張継科、許シンの3人が入ってるんですか? だとしたら団体で金メダルは厳しいかも(マロンがいないならいけると思う) シングルスは好調の岸川選手が活躍すると思います(ベスト4に入るくらい) 優勝は張継科かな 結論、ダブルスなら金メダルとれると思いますが他は難しいですね 補足 ハオ帥はともかく王皓は強すぎる 男子団体戦で金メダルは相当キツいですね サイトを見る

  • ITTFプロツアー【荻村杯=卓球ジャパンオープン】(和歌山)明日から開催 荻村杯ジャパンオープンのご案内 公式ホームページhttp://japan-open.kyomycom.net/ 出場選手を再度確認しておきましょう。 先月の世界卓球の出場選手と変わっているのは男子の韓陽、田勢邦史の変わりに 村松雄斗(エリートアカデミー=中1)と、女子は福岡春菜、藤井寛子、若宮三紗子 に変わり、谷岡あゆか(エリートアカデミー=中3) 五輪選手まで外し、協会もいろいろ考えているよう、さらなる若返りでしょうか。 僕が注目しているのは、丹羽孝希(青森山田中学校)の同期同中学の自由参加の町飛鳥と 同じく自由参加の平野早矢香の弟の平野友樹です。どこまで根性を出すか楽しみです。 あと、残念なのは今年は地上波テレビ放送は無いようです。去年はテレビ東京で3日間 放送されていたようですが。テレビ東京はどうしたんでしょうね。 (2009年5月18日掲載) 強化本部認定〔男子出場予定者〕9人 水谷 隼(明治大学)wr20位【1989.6.9生】大会時20歳 吉田 海偉(個人)wr32位【1981.5.16生】大会時28歳 松平 健太(青森山田高校)wr62位【1991.4.11生】18歳 岸川 聖也(スヴェンソン)wr68位【1987.5.21生】大会時22歳 松平 賢二(青森大学)wr126位【1989.4.6生】20歳 大矢 英俊(東京アート)wr139位【1988.8.10生】20歳 丹羽 孝希(青森山田中学校)wr318位【1994.10.10生】14歳 上田 仁(青森山田高校)wr326位【1991.12.10生】17歳 村松 雄斗(エリートアカデミー)wr--位【1996.10.14生】12歳 強化本部認定〔女子出場予定者〕9人 平野早矢香(ミキハウス)wr25位【1985.3.24生】24歳 福原 愛(ANA)wr31位【1988.11.1生】20歳 樋浦 令子(ミキハウス)wr44位【1984.3.27生】25歳 田勢美貴江(十六銀行)wr50位【1980.1.17生】29歳 石川 佳純(ミキハウスJSC)wr62位【1993.2.23生】16歳 石垣 優香(淑徳大学)wr63位【1989.7.22生】19歳 藤沼 亜衣(日立化成)wr69位【1982.9.16生】26歳 森薗 美咲(青森山田高校)wr215位【1992.4.16生】17歳 谷岡あゆか(エリートアカデミー)wr286位【1994.6.23生】14歳 <日学連派遣> 男子選手:横山友一、塩野真人 女子選手:若宮三紗子、照井萌美、、山梨有理、藤井優子 <自主参加>坪口道和、高木和卓、町飛鳥、平野友樹、笠原弘光 <地元推薦> 男子選手:沼田勝 女子選手:山本真理 自称:卓球普及委員会引退おじさん ☆とまっPー☆

    すごいね,よく調べたね,感動した^^ サイトを見る

  • 33. 『世界卓球選手権2009』開幕迄あと【12日】総集編1 『世界卓球選』が日本(横浜)で開催する!! 質問です =カウントダウン企画、今回で33回目です。 『世界卓球楽しみな人手あげて~』どんな事が楽しみですか? 皆さんご存じとは思いますが、大会日程は次のとおりです。 http://www.tv-tokyo.co.jp/takkyu_09/schedule.html 皆さんご存じとは思いますが、日本の出場選手21人です。 水谷 隼(明治大学)wr22位【1989.6.9生】19歳 韓 陽(東京アート)wr23位【1978.10.19生】30歳 吉田 海偉(個人)wr37位【1981.5.16生】27歳 岸川 聖也(スヴェンソン)wr65位【1987.5.21生】21歳 松平 健太(青森山田高校)wr101位【1991.4.11生】大会時18歳 松平 賢二(青森大学)wr139位【1989.4.6生】大会時20歳 大矢 英俊(東京アート)wr147位【1988.8.10生】20歳 田勢 邦史(協和発酵キリン)wr258位【1981.9.20生】27歳 上田 仁(青森山田高校)wr328位【1991.12.10生】17歳 丹羽 孝希(青森山田中学校)wr426位【1994.10.10生】14歳 平野早矢香(ミキハウス)wr19位【1985.3.24生】大会時24歳 福原 愛(ANA)wr31位【1988.11.1生】20歳 福岡 春菜(中国電力)wr37位【1984.1.25生】25歳 樋浦 令子(ミキハウス)wr42位【1984.3.27生】大会時25歳 石垣 優香(淑徳大学)wr52位【1989.7.22生】19歳 田勢美貴江(十六銀行)wr63位【1980.1.17生】29歳 藤沼 亜衣(日立化成)wr69位【1982.9.16生】26歳 藤井 寛子(日本生命)wr73位【1982.10.18生】26歳 石川 佳純(ミキハウスJSC)wr99位【1993.2.23生】16歳 若宮三紗子(立命館大学)wr132位【1989.6.23生】19歳 森薗 美咲(青森山田高校)wr219位【1992.4.16生】大会時17歳 自称:卓球普及委員会 係長☆とまっPー☆

    はーーーーーい!!! 水谷選手や丹羽選手の試合など全部楽しみです! サイトを見る

  • 29. [ゴールデンウィークは卓球だー!!]No,1アイドル石川佳純登場・開幕迄あと【16日】 『世界卓球』開幕までもうすぐだよ! http://www.tv-tokyo.co.jp/takkyu_09/profile.html 質問です =カウントダウン企画、今回で29回目です。 この選手は福原愛を越える事が出来ますか。 今回は 〔石川 佳純〕 選手です。 やっと登場です。ファンの方大変お待たせいたしました 出場種目=女子シングルス 出場種目=女子ダブルス 〔 藤井寛子(日本生命)と 〕 出場種目=混合ダブルス 〔岸川 聖也(スヴェンソン)と 〕 プロフィール 世界選手権出場 = 3度目 石川 佳純(ミキハウスJSC)世界ランキング = 99位【1993.2.23生】16歳 山口県山口市出身、四天王寺高校在学中、血液型O型 両親は共に元卓球選手で、小1の時に近所の卓球クラブで練習していた親に付いていき卓球を始めた。7歳の誕生日に両親からユニフォームをプレゼントされてから本格的に卓球を始めた。元国体選手の母の指導を受け、練習3ヶ月で全日本選手権バンビの部の県予選を2位で通過し、本選でもベスト64に入った。才能を確信した両親は自宅に卓球場を造った。母が指導する山口ジュニアクラブで練習し、土日は毎週のように各地で開かれる大会に参加し大人相手に実戦経験を積んだ。05’の小6で出場した全日本選手権・女子単では高校生と大学生を破り3回戦進出し、「愛ちゃん2世」として話題になった。 中2で出場した07’の全日本選手権では6回戦で当時高校生の石垣優香を破り、福原愛以来となる中学生でのベスト8進出。13歳11ヶ月でのベスト8入りは福原の13歳1ヶ月に次ぐ史上2位の年少記録だった。さらに準々決勝で樋浦令子を破り、史上最年少でのベスト4入りを果たした。更に翌年も2年連続ベスト4に入る快挙を成し遂げた。 08’のインターハイ単の決勝で同じ高校の先輩藤井優子を破り1年生チャンピオンとなった。1年生のインターハイ優勝は女子では57年ぶりの快挙である。 08~09’の高1在籍1年間でインターハイ単-団体・国体・選抜・全日本ジュニアと高校生レベルの国内4大会を1年生にして完全制覇という大偉業を達成した。 08’全日本8戦全勝 http://www.youtube.com/watch?v=9X5oIYLN_6o 戦歴 05’ 全国中学 団体 優勝 全日本カデットU13 単 優勝 ・複 優勝 06’ 全国中学 単 優勝 ・団体 優勝 全日本カデットU14 単 優勝 07’ 全日本選手権 単ベスト4 ・ジュニア 優勝 ジャパントップ12 3位 世界卓球選手権 出場

    石川選手の溌剌さも好きです。 福原選手よりも、やってくれそうな予感を持たせてくれます(自分的に) 経験を積んで、プレッシャーのかかる試合でも結果を出せる様になれば、心強いですね。 ただ、福原選手を越えられるかどうかは、まだわかりませんね。 福原選手自体が、まだ伸びそうだからです。 王子サーブを何種類か持っている選手がビジュアル的には好きです。 (名前忘れてしまいました。) サイトを見る

  • もっと見る

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録