アコースティックC

みんなの評価 [性能] スピンコントロールに優れています
アコースティックC

(写真をクリックすると拡大します)

みんなのレビュー平均点

  • 評価: 8.33 / 10
  • レビュー 3
    • スピード:7
    • スピン:9
    • コントロール:7.67
    遂に誕生したアコースティックの中国式

    弦楽器シリーズ!こだわりぬいた妥協を許さない製造技術。

    中国式ペンの選手から要望の多かった、アコースティックC。安定したドライブ・ブロック・裏面打法が心地よい打球感を奏でます。

    • 中国式

    スペック

    価格
    15,000 (税込16,200円)
    メーカー
    Nittaku
    商品コード
    NE-6661
    スピード
    ミッド
    打球感
    ミドル
    サイズ
    161×151(mm)
    重量
    84g (±)
    厚さ
    5.7mm

    ユーザーレビュー

    • たかやん

      (卓球歴:20年以上) ドライブ・ブロックがやりやすい!!

      選手レビュー

      ファスタークG-1を貼っての感想です。打球時はとても手に響くので自分で打球している感じがとても気に入っています(感覚に個人差があり好き嫌いが分かれると思います)。このラケットは弾みがそこそこな部分がありますが、回転をとてもかけやすいので、どのラバーでも回転性能をより引き出してくれると思います。

      2014/05/08
      総合
      9/10
      スピード
      7
      スピン
      10
      コントロール
      8
      打球感
      10

      使用、推奨ラバー(表面) ファスターク G-1

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • 中国ラバー

      しなるし使い易い。

      選手レビュー

      ラケットが比較して薄く、しなりやすいです。
      そのため、回転が良くかかるし、軽く扱いやすいです。
      オススメするラバーは中国ラバーです。
      安定性もよくて、非常に使いやすいとかんじます。
      多分、コントロール系ラバーや高弾性ラバーにつかっても、
      同じく使いやすいとおもいました。
      難点は、響く打球感があまり好ましくなかったことと、
      値段が高いという2つのことです。
      でも使ってみて損はないラケットだと思います。

      2015/02/13
      総合
      8/10
      スピード
      6
      スピン
      8
      コントロール
      8
      打球感
      6

      使用、推奨ラバー(表面) 紅双喜 キョウヒョウ 3

      使用、推奨ラバー(裏面) ラウンデル

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • ユーザーレビュー

      (卓球歴:2~3年) 値段以上のラケット‼

      選手レビュー

      前陣異質攻守型です。
      最初使った時には、まだまだ下手くそで使いにくいと思ってすぐ変えてしまったのですが、最近また使ってみたらブロックは止めやすいし攻撃もしやすいので15000円と高価ですが、それ以上の価値を感じました。僕のような前陣異質攻守型にもオススメですが、裏裏のドライブマンにもオススメのラケットです。

      2014/04/04
      総合
      8/10
      スピード
      8
      スピン
      9
      コントロール
      7
      打球感
      8

      使用、推奨ラバー(表面) ファスターク G-1

      使用、推奨ラバー(裏面) フェイント ロングⅢ

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    レビューを投稿する

    その他クチコミ情報

    • こんにちは。高校生です。戦型は、中国式ペン・裏・裏前中陣ドライブ型です。(主に前陣で、打ったり、カウンターや台上やブロックをします)しなったり持つ感覚が、大好きです。回転重視です皆様の回答から、ラケット絞り込みました。オールラウンドエボリューションかアコースティックcに決めたのですが...僕みたいな戦型には、上記の2種類どちらがいいのでしょうか?御手数ですが、2種類のメリット・デメリットを書いていただけると、ありがたいです。

      前陣速攻や台上・ブロックのコントロールや回転は「オルエボ」に軍配が上がるでしょうが、悪く言えば遅いんです。周囲の卓球も速いと思われますので、「アコースティック」をおススメします。 サイトを見る

    • もっと見る

    卓球ナビへようこそ!
    レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

    新規会員登録