オメガⅦ ツアー

みんなの評価 [硬さ] 硬い
[性能] スピードスピン に優れています
みんなの平均費用 5,750
オメガⅦ ツアー

(写真をクリックすると拡大します)

みんなのレビュー平均点

  • 評価: 9.4 / 10
  • レビュー 30
    • スピード:9.83
    • スピン:9.37
    • コントロール:8.43
    誰にも負けないラバーを探しているあなたへ

    硬度55度のスーパーハードなスポンジに、オメガⅦシリーズ中でも特別仕様となる回転量抜群のトップシート。この両者のミックスが、屈強な怪物を生んだ。強烈に切れるサービスに、意のままに止まるストップ。いやらしく変化するループドライブやチキータ、そして、爆発的な威力のパワードライブ。カウンターはスリップ知らずで、相手の威力を倍返しするカタバルト効果のおまけつき。誰にも負けないラバー、それがオメガⅦ ツアーだ。

    • 裏ソフト

    スペック

    価格
    7,000 (税込7,700円)
    メーカー
    XIOM
    商品コード
    10131
    スピード
    13.00
    スピン
    13.00
    コントロール
    10.00
    スポンジ硬度
    55±3

    関連ニュース

    ユーザーレビュー

    • イキスギィ

      (卓球歴:2~3年) いいゾーコレ 卓球ナビで購入

      ユーザーレビュー

      スピードが速くいい感じに弾むので、パワードライブやシュートドライブがしやすくてコントロールもかなり良いです。
      回転もかなりかかります。使いやすいです。

      2019/04/12
      総合
      9/10
      スピード
      10
      スピン
      9
      コントロール
      9
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラケット オフチャロフ No.1

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • ふむふむ

      (卓球歴:6~10年) 硬いバケモン

      ユーザーレビュー

      かなり硬いです。軽打では普通感ありますが、しっかり強いインパクトで打つと
      化け物のような回転とスピードになります。最近主流の台上も硬さのおかげで
      弾いたりチキータしたりも容易でした下にまとめます。
      ・サーブ 無論、切れます。長短の調節も容易。
      ・ドライブ しっかり打てば入りますが、毎回しっかり打つのは僕では無理でした。
      低めの弧線で鋭いのが行きます。
      ・スマッシュ スピードokです。打ち易い。
      ・ブロック 低く入っていきます。良いです。
      まとめ
      毎回しっかりインパクトできる上級者向け。慣れればテナジー越えです。

      2018/03/20
      総合
      10/10
      スピード
      10
      スピン
      10
      コントロール
      9
      硬度 硬い(ハード)

      使用、推奨ラケット インナーフォース レイヤー ZLC

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • popo_890_

      (卓球歴:2~3年)

      ユーザーレビュー

      とてもよかった。
      固い!ブロックがしやすい!
      攻撃も弧線を描く!
      穴がない素晴らしいラバーです。

      2020/03/28
      総合
      10/10
      スピード
      10
      スピン
      10
      コントロール
      10
      硬度 硬い(ハード)
      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • インパクト自慢

      (卓球歴:4~5年) 良きラバー

      ユーザーレビュー

      硬度は55度と聞いたけど意外と食い込んでくれて
      ドライブも回転が掛けやすいです、下回転打ちも上がってくれてスピードドライブも質が高くブロックも打ち敗れるほどですですが個人的にループドライブがもうちょっと回転量が欲しいです、バックは自分は普段47.5度を使っているので硬すぎるので使えないですね、練習ではいいかもしれませんが試合になるといつも同じフォームで振れる訳ではないのでそこを覚悟して使わないとかいけないです

      2020/02/12
      総合
      10/10
      スピード
      10
      スピン
      9
      コントロール
      9
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラケット ガシアン コンクエスト

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • たなーかー

      (卓球歴:4~5年) バッキバキ

      ユーザーレビュー

      さすがにアウターZLCには硬すぎですね笑
      ALCかインナーくらいがちょうどいいと思います。
      ただ、この組み合わせでも回転はかなり掛けることができました。サーブ、ループドライブの回転量も申し分ないです。また、ある程度マニュアル感がある為、弾く、かける、止める、飛ばすといった調節がやりやすかったです。
      ただ、前述の通りラケットがかなり硬いためちゃんと振らないと対上回転はコントロールしずらかったです。今度ALCで試してみようと思います。

      2020/01/21
      総合
      9/10
      スピード
      10
      スピン
      10
      コントロール
      7
      硬度 硬い(ハード)

      使用、推奨ラケット 水谷隼 ZLC

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • sss

      (卓球歴:2~3年)

      ユーザーレビュー

      スポンジが硬く、扱いが難しいので、ある程度卓球をやっている人でないとコントロールは難しいと思う。しっかりくい込ませることが出来ればディグニクスに負けないくらいのボールが飛んでいく。

      2019/11/02
      総合
      10/10
      スピード
      10
      スピン
      10
      コントロール
      8
      硬度 硬い(ハード)

      使用、推奨ラケット フライアットカーボンプロ

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • katsuo000

      (卓球歴:20年以上) 思ったより食い込みやすく扱いやすい!

      ユーザーレビュー

      Tenergy05HardとDignics05との比較になります。
      05Hardと比較すると、回転量は若干劣るものの直線的でよりスピードのあるドライブが打てると感じました。
      打球感は05Hardの方が食い込みにくいと感じ、VIIツアーの方が連打に向くと感じました。
      05HardもVIIツアーも同じくらいの重さでかなり似ていて、05Hardは回転、VIIツアーはスピード、に特徴を持つのだと思います。
      続いてDignicsとの比較です。
      Dignicsと比較すると、スピード、回転、共にVIIツアーが劣ると思います。
      ポイントは打球感で、Dignicsは扱いにくくDignicsの打ち方を覚える必要がある一方で、VIIツアーはまさにスピン系テンションラバーであり、硬いスピン系テンションや粘着ラバーが扱えれば十分に扱えると思います。
      またスピン系テンションの中でも抜群のスピードと回転を両立するラバーです。
      Tenergy05や05Hardと比較して低価格であり、ポジションとしてはTenergy80Hard(?)と言えると感じました。
      是非試してみてください。

      2019/09/16
      総合
      9/10
      スピード
      9
      スピン
      8
      コントロール
      9
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラケット 張継科 ZLC

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    1. 1
    2. 2
    3. 3
    4. 4
    5. 次 >
    レビューを投稿する

    卓球ナビへようこそ!
    レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

    新規会員登録