用具難民 さんのプロフィール

用具難民さんのプロフィール
性別 男性
都道府県 千葉県(chiba)
年代 50代
卓球歴 2~3年
  • 使用ラケット、ラバー

    1. リベルタウィロー
      ラケット

      リベルタウィロー

      衝撃を吸収し、ボールを柔らかくキャッチする「イザナス」搭載のインナータイプのカット用ラケットです...
    2. タキネス チョップ2
      ラバー(表面)

      タキネス チョップ2

      カット主戦型に大人気の『タキネス・CHOP』が進化し、ますますスピンをかけやすくなりました。高弾性ス...
    3. フェイント ロングⅡ
      ラバー(裏面)

      フェイント ロングⅡ

      世界中のカット主戦型から愛され続けている、変化幅と安定性を両立したツブ高ラバーです。『フェイント...

ユーザーレビュー

  • ユーザーレビュー

    1.8mm厚をカットマン用ラケットのフォア側で使用。
    赤でしたが、まず色がいい。そしてシートのしっとり感が、お値段以上の上質感です。
    打ってみると、マークVに代表される伝統派の高弾性よりも1段階上の弾みでした。マークVとHPSの中間くらいでしょうか。心地よい打球感、打球音で飛んでいきます。もちろん、勝手に飛んでゆく感じではなく、高弾性の「自分で打ってる」感がしっかりあります。

    回転量も極端ではありませんが必要十分にあり、カットもよくかかりました。
    反撃に関しては、ドライブでもいいのですが、しっかり食い込ませてのミート系が気持ちいいですね。

    相手の回転の影響を受けにくく、レシーブも台上のプレイも思い通りできます。コントロールに関しては、テンションとは比較になりませんね。

    正直言って、悪いところが見つかりません。
    「どうしてもテンション、粘着」という人でなければ、このラバーが気に入らない人はいないのでは?

    「ヴェンタスシリーズの前座」、「いつかは卒業するラバー」のような位置づけに、メーカー自身でしてしまっているのが、いかにも残念ですが、これはほぼすべての点でマークVを上回る、高弾性期待の星だと思います。

    2020/07/04
    総合
    10/10
    スピード
    7
    スピン
    7
    コントロール
    10
    硬度 柔らかめ(セミソフト)

    使用、推奨ラケット リベルタウィロー

    このレビューは参考になりましたか? いいね!
  • Vステージ

    ユーザーレビュー

    「テンションでもないのに、この値段。」という意見は、少しピントがずれてるかな?
    テンションが高いのは、研究開発費を価格に上乗せしてるだけで、別に高性能を意味するわけではありません。

    それどころか、大多数の「普通のレベルの」プレイヤーにとって、性能を引き出すことが困難で、マージンが小さくミスを増やすテンションを、「いまはもう、テンションじゃないと勝てないよ。」という雰囲気を作って売るのは、果たしてまっとうな商売なのかな?

    Vステージが高価なのは、おそらくはスリースターのボールが高いのと同じで、良品の判定基準が厳しく、歩留まりが悪いからでしょう。

    私はこのラバーの方向性は、実はまっとうなものだと思います。
    ただし、マージンが大きく、しかも製造ノウハウの蓄積が十分ある高弾性ラバーで、歩留まりを落として値段が上がるほどの品質を追求する必要があったかなという気はします。

    2020/02/28
    総合
    10/10
    スピード
    8
    スピン
    8
    コントロール
    8
    硬度 柔らかめ(セミソフト)

    使用、推奨ラケット リベルタウィロー

    このレビューは参考になりましたか? いいね!
  • マークV(ファイブ)

    ユーザーレビュー

    卓球とは、球速や回転量を競う競技ではありません。「相手のコートに打球を入れられるかどうか?」を競うスポーツです。

    であれば、何をおいても、「自分の思った通りのタマが打てるもの」を探すのが第一です。さて、闇雲にさがしても埓があかないので、どうするか?

    そこでこのマークVですが、まずは非テンション、非粘着では、おそらくは世界最高、卓球史上最高のバランスが約束されています。

    そのうえで、微粘着のXSだけは少し違いますが、スポンジだけを変えて、30°、AD、元祖、M2、HPS、HPSソフトのラインナップがあり、厚さも極薄から特厚まで、さらに皮付きまであります。

    マークVシリーズをまとめて、「シートが共通で、膨大なスポンジの種類と厚さが用意されたマークV」と考えれば、シートの優秀性が保証されているだけに、あとは安心して、自分に合ったものを選べばいいのです。

    基本的には、軟らかいものから試して、徐々に硬くしていく感じになりますかね。厚さに関しては、ほんとに人それぞれなので、試行錯誤しかないですが。

    私はカットマンですが、元祖マークVの薄(皮付き)がベストです。

    2020/02/22
    総合
    10/10
    スピード
    6
    スピン
    7
    コントロール
    10
    硬度 硬め(セミハード)

    使用、推奨ラケット リベルタウィロー

    このレビューは参考になりましたか? いいね!
  • 光SR7

    ユーザーレビュー

    カットマンです。
    テンションラバーが苦手で、フォア面にはマークV薄を貼っていましたが、マークV・HPSにステップアップしようにも、厚さが中厚からしかなく、薄いラバーが好きなので、似たタイプのラバーを探しでいました。

    光SR7は、スポンジの種類も多く、厚さも薄、あるいは極薄からあるので、大変ありがたいですね。
    私は硬度25のPZC-SPをカット用ラケットのフォア面に貼りました。

    使ってみた感想ですが、高弾性ラバーらしく、自分でボールを飛ばす感覚があり、カットの安定性、回転量ともに満足のいくものでした。とくに回転量はマークVよりかなり上ですね。
    反撃のドライブ、スマッシュに関しても、マークVと同等か、それ以上かと思います。
    カットもドライブも薄く擦る打ち方よりも、しっかりと当てたほうが、このラバーの持ち味が出ると思います。

    とくに薄で芯を食ったときに、「カキッ」とラケットの木の感じが伝わるのはいいですね。

    マークV好きの方は、こちらも試してみられてはどうでしょうか?

    2020/06/20
    総合
    10/10
    スピード
    7
    スピン
    9
    コントロール
    10
    硬度 柔らかい(ソフト)

    使用、推奨ラケット リベルタウィロー

    このレビューは参考になりましたか? いいね!
  • タキネス チョップ2

    ユーザーレビュー

    リベルタウィローのフォア側に厚を貼りました。
    タキネスチョップでカットの基礎を身に着けたら、次はこれでいいのでは。
    スポンジはかなり硬いですが、シートが軟らかいので、それほど使いにくくなく、すぐに慣れると思います。
    タキネスチョップほどではないですが、非常に弾まないので、強打は抑え易いです。そのかわり、攻撃は期待できませんので、あくまでも、カットで粘り倒し、相手のリズムを崩すのに、軽いドライブをたまに入れる、という使い方がよいかと思います。
    特筆すべきは回転で、カット、ツッツキともに気持ちよく切れます。
    安易にテンションに手を出して、「用具に振り回される」ことを好まない方にとっては、長く使うほどに味の出る、いぶし銀のようなラバーだと思います。

    2020/01/03
    総合
    8/10
    スピード
    4
    スピン
    9
    コントロール
    7
    硬度 硬め(セミハード)

    使用、推奨ラケット リベルタウィロー

    このレビューは参考になりましたか? いいね!
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次 >

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録