横山友一(YOKOYAMA Yuuichi)

岡山リベッツ

岡山リベッツ

YOKOYAMA Yuuichi

使用ラケット、ラバー

  1. 張継科 SUPER ZLC
    ラケット

    張継科 SUPER ZLC

  2. テナジー05
    ラバー(表面)

    テナジー05

  3. テナジー05
    ラバー(裏面)

    テナジー05

コーチ兼選手としてチームを支える。

Tリーグ結果

通算成績 0勝3負

2018/10/28 木下マイスター東京 vs 岡山リベッツ @武田デバオーシャンアリーナ

男子 第二試合 (2018-10-28)

1

  • 8 - 11
  • 5 - 11
  • 12 - 10
  • 6 - 11

3

対戦結果

松平健太

日本
世界ランク 123

2018/10/27 T.T彩たま vs 岡山リベッツ @武田デバオーシャンアリーナ

男子 第一試合 (2018-10-27)
 

森薗政崇

日本
世界ランク 62位

0

  • 7 - 11
  • 7 - 11

2

対戦結果

黄鎮廷

香港
世界ランク 16

 

2018/10/26 岡山リベッツ vs 琉球アスティーダ @武田デバオーシャンアリーナ

男子 第一試合 (2018-10-26)

森薗政崇

日本
世界ランク 62

 

0

  • 9 - 11
  • 7 - 11

2

対戦結果

荘智淵

台湾
世界ランク 35

 

陳建安

台湾
世界ランク 51位



その他クチコミ情報

  • 第25回ユニバーシアード競技大会 (卓球=セルビア・ベオグラード)最終節 7/3~10の間に実施されました。 質問です。 この大会の感想や、僕が6回行ったユニバーシアード(卓球)の企画についてご意見が有れば何でもお聞かせ下さい。 http://results.ub2009.org/results/ENG/ZZ/ZZG103A_TTXXXXXXXXXXENG.htm http://www.jtta.or.jp/result/2009/univ/srb2009s.html 男子シングルス準々決勝 ○ 大矢英俊 wr129 対 ブロフ(RUS)wr270 4-1で勝ち × 松平賢二 wr114 対 江宏傑(TPE)wr96 4-2で負け 準決勝 ○ 大矢英俊 wr129 対 ディドゥフ(UKR)wr126 4-2で勝ち 決勝 × 大矢英俊 wr129 対 江宏傑(TPE)wr96 5-11 , 3-11 , 13-15 , 3-11 = 0-4 で負け 女子シングルス準々決勝 ○ 石垣優香 wr49 対 プロホロワ(RUS)wr139 4-2で勝ち ○ 照井萌美 wr127 対 イバンカン(GER)wr134 4-1で勝ち 準決勝 ○ 石垣優香 wr49 対 × 照井萌美 wr127 4-2で石垣優香の勝ち 決勝 × 石垣優香 wr49 対 唐麗穎(CHN)wr-- 8-11 , 6-11 , 8-11 , 11-7 , 11-8 , 11-6 , 8-11 = 3-4で負け ※ 日本選手の最終結果 男子団体 = 3位 女子団体 = 3位 男子ダブルス = 松平賢二/水谷隼(3回戦敗退)、大矢英俊/横山友一(3位) 女子ダブルス = 藤井優子/若宮三紗子(3回戦敗退)、照井萌美/山梨有理(3位) 混合ダブルス = 塩野真人/石垣優香(準々決勝進出)、松平賢二/山梨有理(3位) 男子シングルス = 横山友一、塩野真人(1回戦敗退)、水谷隼(2回戦敗退)、松平賢二(準々決勝進出) 大矢英俊(準優勝) 女子シングルス = 藤井優子、山梨有理(2回戦敗退)、若宮三紗子(3回戦敗退)、照井萌美(3位) 石垣優香(準優勝) 女子シングルス決勝での石垣優香(淑徳大)の追い上げは凄かったようですね、優勝まであと一歩でした。 下の写真は大矢英俊(東京アート)です。 ☆とまっPー☆

    また卓球カテで、頑張っていたのですね。 この年代が優勝出来ないと言うことは、次のオリンピックなど大きな国際大会では将来的に優勝の可能性が薄いと言うことなのでしょうか。それとも、今の高校生、中学生レベルに期待した方がいいのでしょうか。ふとそんなふうに思えました。 ほかの回答者などの意見も見ると、やはりこの大会は、もう少し何とか成ったんじゃないかなと思いました。 でも、今まで卓球の国際大会は世界選手権かオリンピックくらいしか興味ありませんでしたが、「知恵袋」の卓球カテをみて、こんな大会の詳しい情報を得るすべをしりました。これからも卓球情報をよろしくお願いします。 この質問や今までのこの大会の質問は、回答者は少ないですが閲覧者も多いので、私のように楽しみにしている方も多いと思います。 サイトを見る

  • 第25回ユニバーシアード競技大会 (卓球=セルビア・ベオグラード)第五節 7/3~10の間に実施されてます。 質問です。 この大会に限らず日本人選手や日本卓球組織に足りないものが有るとしたら何だと思いますか。 昨日から今日にかけて、今現在の結果を報告します。(7月9日24:00現在=時差7時間) 男子ダブルス3回戦 × 松平賢二/水谷隼 対 ブロフ/ラキーフ(RUS) 1-3で負け ○ 大矢英俊/横山友一 対 マルミリ/ノルージ(IRI) 3-0で勝ち 男子ダブルス準々決勝 ○ 大矢英俊/横山友一 対 江宏傑/呉志祺(TPE) 4-3で勝ち 男子ダブルス準決勝 × 大矢英俊/横山友一 対 ルベッソン/マテネ(FRA) 2-4で負け 大矢英俊/横山友一 3位 女子ダブルス3回戦 ○ 照井萌美/山梨有理 対 A.エルデリー/モルナル(SRB) 3-0で勝ち × 藤井優子/若宮三紗子 対 金ソリ/徐ヒョユン(KOR) 0-3で負け 女子ダブルス準々決勝 ○ 照井萌美/山梨有理 対 ガポノワ/ソロチンスカ(UKR) 4-1で勝ち 女子ダブルス準決勝 × 照井萌美/山梨有理 対 劉娟/馬越斐(CHN) 1-4で負け 照井萌美/山梨有理 3位 男子シングルス3回戦 ○ 大矢英俊 wr129 対 ヤカブ(HUN)wr76 4-3で勝ち ○ 松平賢二 wr114 対 許昕(CHN)wr34 4-3で勝ち 男子シングルス準々決勝(7月10日実施) 大矢英俊 wr129 対 ブロフ(RUS)wr270 松平賢二 wr114 対 江宏傑(TPE)wr96 女子シングルス3回戦 ○ 石垣優香 wr49 対 ガポノワ(UKR)wr194 4-0で勝ち ○ 照井萌美 wr127 対 陸雲鳳(TPE)wr93 4-1で勝ち × 若宮三紗子 wr98 対 劉娟(CHN)wr135 4-0で負け 女子シングルス準々決勝(7月10日実施) 石垣優香 wr49 対 プロホロワ(RUS)wr139 照井萌美 wr127 対 イバンカン(GER)wr134 男子シングルスで格上の2009世界選手権男子複2位の許昕(CHN)wr34を破った松平賢二 wr114は評価したいですね。中国男子選手の金義雄や李洋は世界ランキング外ですが、やはり選手層の厚さでしょう、ベスト8進出の怖い存在です。 写真は照井萌美です。 ☆とまっPー☆

    もっと個人力をあげるべきだと思います。 サイトを見る

  • 第25回ユニバーシアード競技大会 (卓球=セルビア・ベオグラード)第四節 7/3~10の間に実施されてます。 質問です。 この大会は地上波テレビ放送の予定はないようです。先月、国内で行われていた国際大会ITTFプロツアー ジャパンオープン(荻村杯)も地上波テレビ放送は有りませんでした。 今後、もっと卓球がメディアに取り上げられるように成るとしたら、きっかけは何だと思いますか。 昨日から今日にかけて、今現在の結果を報告します。(7月8日24:00現在=時差7時間) 男子シングルス2回戦 × 水谷 隼 wr17 対 崔慶磊(CHN)wr— 3-4で負け ○ 大矢英俊 wr129 対 ウォシ(POL)wr322 4-1で勝ち ○ 松平賢二 wr114 対 ミロセビッチ(SRB)wr247 4-1で勝ち 女子シングルス2回戦 ○ 石垣優香 wr49 対 パストル(POL)wr322 4-0で勝ち ○ 照井萌美 wr127 対 タパイ(SRB)wr275 4-0で勝ち × 藤井優子 wr177 対 ラミレス(ESP)wr117 1-4で負け × 山梨有理 wr140 対 リー・シュエ(FRA)wr71 2-4で負け ○ 若宮三紗子 wr98 対 マテネ(FRA)wr225 4-2で勝ち 男子ダブルス2回戦 ○ 松平賢二/水谷隼 対 エルメネジルド/キフィカ(ANG) 3-0で勝ち ○ 大矢英俊/横山友一 対 ブラウン/タン(AUS) 3-1で勝ち 男子ダブルス3回戦(は日本時間の9日03時ごろ) 松平賢二/水谷隼 対 BUROV V./LAKEEV V.(RUS) 大矢英俊/横山友一 対 MALMIRI V./NOROOZI A.(IRI) 女子ダブルス2回戦 ○ 照井萌美/山梨有理 対 ラズポポバ/ウズノバ(BUL) 3-0で勝ち ○ 藤井優子/若宮三紗子 対 チョン/ウォン(MAC) 3-0で勝ち 女子ダブルス3回戦(は日本時間の9日03時ごろ) 照井萌美/山梨有理 対 ERDELJI A./MOLNAR M.(SRB) 藤井優子/若宮三紗子 対 KIM S./SEO H.(KOR) 男子のエース水谷隼選手は、調子が悪いようですね。残念です。 写真は松平賢二選手と伊藤美誠ちゃんです。 ☆とまっPー☆

    ど素人の意見ですので、スルーしていただいてもかまいません。 あくまで客観的に今後の卓球報道についての私的展望を書いていますので、 至らずともご容赦下さい。 〈もっと卓球がメディアに取り上げられるように成るには〉 中国独壇場阻止に限るのではないでしょうか。対抗馬の外国選手のレベルをとにかくあげることが先決。それが日本選手であってほしいですが…フランスが選手教育に熱心で大事に育てているようですし、あるいは今後期待がもてる選手がでてくるかもしれませんね。 あとは、カメラワークなど魅せ方の改善により、スケール感のアップを目指し、大衆の興味を惹き付ける迫力あるスポーツに発展させるということも必要ではないでしょうか。つまり国際的なメジャースポーツとしてエンターテインメント性をもっと強化するということです。 しかし改善策としての過度なルール改正には賛成できません。ノングルーで好ラリーが増え、素人も見てて楽しめる卓球になっているようには思いますが、現在のF1のように改正しすぎて元々のファンをがっかりさせるのもどうかと思います。ルールはさておき、魅せ方についてですが、素人目にはどうもいまいちあの絵面の変化の乏しさ、こじんまりとした台の引きの絵面が、見飽きしてしまうように思います。それは解説も叱り。分かる人には分かる(楽しめる)ではやはりメジャースポーツとして芳しくありません。 ではどうやってあの迫力を伝えるか、その答えは今のところ思いつきません。解説に関してはそれなりに改善の余地はありそうですが、ビジュアル面においては…。それほど伝わりづらい、伝えづらいスポーツだということでしょうか。 以前に卓球の映画がありましたが、球をスローやアップのCGでみせ、テクノやハウス高速系音楽と相まってそれなりに高速感を強調させたりと手がこんでいましたが、それでもやはりリアルの迫力には及びませんでした。もっとも広告物やキャスト、音楽などでシャレ感はでて、卓球の地味なイメージの払拭という点においては成功し、少しは日本の卓球のイメージの改善に役立ったのではないかと思いますが。そういう意味では、そういったシャレ気、派手さも必要ということでしょうか。※日本においては。 長くなりましたが結論として、派手さはともかくスポーツとして前者が現状もっとも現実的な改善策(課題)だと思います。メディア技術の発展が著しくとも、魅力を伝えるのは、やはりその対象物である人間(選手)そのものの魅力につきると思います。メジャースポーツとして、さまざまな国の選手が個人主義ではなく“国“をかけて“競い合える”ことが大事だと思います。そうすれば各々の国で選手の活躍に期待が高まり、期待とともにそれに答えるようメディア露出も増えると思います。国をかけて熱い思いで戦い、興味のない人の愛国心に喚起すること、国内戦に興味はないが国際戦は応援するにわかファンの出現、卓球でも団体戦に人気があつまる道理、これこそが大事だと思います。 〈ユニバーシアードについて〉 団体戦は金、最低銀と予想していただけにショック、まさかの仏戦での敗退には驚きました。水谷選手の2点、好調大矢選手がとってくれればと思っていたので、最初2点とった時は勝ったと思いました。がまさかの水谷選手の負け…不調でしたね。ランキングが10代にのって初めての試合でこの結果は無念。また単では崔慶磊にフルセットの接戦の末、屈辱の2回戦敗退…。アジアジュニア団体のリベンジを願っていたのですが…。超級リーグの選手ですが、本調子の水谷だったらいけたはず!中国“低め“の壁は越えてほしかったですね。この直後の複戦も切替えられなかったのか敗戦。単複ともに早くも敗退は残念。 これで許シンが優勝に大手、同士打ちでも完全有利。ルベッソンは単複で中国選手を破り(許シンペアに勝利!)調子よさそうですが、単戦での許シンの対抗馬にはなりえません。とにかく大矢選手には次戦も勝ち抜いて、ルベッソンに団戦リベンジ&銅をとってもらいたいです。松平選手は許シンに気合いでぶつかって内容的に好勝負を期待。水谷はこれで終了してしまいましたが、主将として応援に力をいれてもらい、他選手に良い結果をもたらしてくれることを願っています。 スゴいですね!松平賢二選手、許シンにフルセットの末、大逆転勝利!!最後はあの点数からして根負けしたというところでしょうか。奇跡的勝利!いや、失礼ですね。改め、今までの努力と根性の賜物以外のなにものでもありませんね!!惜しむらくは、このお題通りその映像がないこと。ITTFサイトには、モロッコプロツアよりも、この大勝利をUPしてほしいくらいです。崔慶磊も敗れ実力の番狂わせはかなり多いです。この大会、年齢枠は狭くとも今後を担う若手の集いですから今後のことを考えても貴重な映像に成ったと思うのですがね。 サイトを見る

  • 第25回ユニバーシアード競技大会 (卓球=セルビア・ベオグラード)第一節 7/3~10の間に実施されます。 この大会に興味有りますか? 男子はジャパンオープンU21優勝の大矢英俊選手や全日本チャンピオンの水谷隼選手や松平賢二などの有力選手が出場しています。 女子は2008年ITTFプロツー・グランドファイナルU21優勝の石垣優香選手やジャパンオープンU21準優勝の若宮三紗子選手などの有力選手の出場です。残念ながら早稲田大学の福原愛選手は出場していませんが。 出場選手 男子 水谷 隼(明治大学)wr17位【1989.6.9生】20歳 松平 賢二(青森大学)wr114位【1989.4.6生】20歳 大矢 英俊(東京アート)wr129位【1988.8.10生】20歳 横山 友一(協和発酵キリン)wr166位【1987.6.20生】22歳 塩野 真人(東京アート)wr152位【1986.4.30生】23歳 女子 石垣 優香(淑徳大学)wr49位【1989.7.22生】19歳 若宮三紗子(立命館大学)wr98位【1989.6.23生】20歳 照井 萌美(早稲田大学)wr127位【1988.12.17生】20歳 藤井 優子(近畿大学)wr177位【1990.5.6生】19歳 山梨 有理(淑徳大学)wr140位【1987.8.28生】21歳 出場種目 【男子団体、シングルス】 水谷隼、松平賢二、大矢英俊、横 山友一、塩野真人 【女子団体、シングルス】 石垣優香、若宮三紗子、照井萌美、山梨有理、藤井優子 【男子ダブルス】 水谷/松平、大矢/横山 【女子ダブルス】 若宮/藤井、照井/山梨 【混合ダブルス】 塩野/石垣、大矢/若宮、横山/照井、松平/山梨 今までの結果です(7月5日19:00現在で団体戦が実施) 男子団体予選Cグループリーグ戦 日本 対 ボスニア・ヘルツェゴビナ(BIH) 3対0で勝ち 日本 対 ベトナム(VIE) 3対0で勝ち 2勝0敗で予選1位通過=決勝トーナメント準々決勝進出です。 女子団体予選Bグループリーグ戦 日本 対 スロバキア(SVK) 3対0で勝ち 日本 対 ヨルダン(JOR) 不戦勝で勝ち 日本 対 ポーランド(POL) 3対0で勝ち 日本 対 チャイニーズタイペイ(TPE) 3対0で勝ち 4勝0敗で予選1位通過=決勝トーナメント準々決勝進出です。 ☆とまっPー☆

    大変、興味あります。テレビで、やりますか?とまっPーさんの情報楽しみです。 サイトを見る

  • ITTFプロツアー【荻村杯=卓球ジャパンオープン】(和歌山)2日目 今日の結果を皆さんはどう思いますか。 ジャパンオープンの男女シングルス2回戦の結果を報告します。 U21やダブルスの詳細はお手数ですが日本卓球連盟HPでご確認下さい。 男子は上位陣が順調に勝ち上げっているのでまずまずでしょう。中でも日学連派遣の塩野真人がWR28位を倒す検討が光ります。 女子も上位陣が順調に勝ち進んでいる中、石川佳純の負けが惜しまれます。 今大会は中国選手が出場していませんが、その分なのか、韓国選手がたくさん出場しています。韓国の選手は国際大会にあまり出場しない為、世界ランキングが低い選手がたくさんいます。でも、どの選手もランキングが低いだけで、実は実力のある選手ばかりです。特に女子はこの選手たちに苦しめられそうですね。 〔男子シングルス本線1回戦〕 勝ち= ○岸川 聖也 wr57 対 ×カイナット(SVK)wr62 =4-2 勝ち= ×コルベル(CZE)wr39 対 ○松平 健太 wr61 =0-4 勝ち= ×趙彦来(KOR)wr— 対 ○吉田 海偉 wr31 =2-4 勝ち= ○水谷 隼 wr20 対 ×ボージク(GER)wr89 =4-0 負け= ×横山 友一 wr— 対 ○スミルノフ(RUS)wr46 =2-4 負け= ○李廷佑(KOR)wr34対 × 大矢 英俊 wr135 =4-1 勝ち= ○塩野 真人 wr— 対 ×尹在塋(KOR)wr28 =4-2 負け= ○ヤン・ツー(SIN)wr59 対 ×笠原 弘光 wr-- =4-1 負け= ×上田 仁 wr322 対 ○オフチャロフ(GER)wr13 =0-4 〔女子シングルス本線1回戦〕 勝ち= ×劉馨尹(TPE)wr189 対 ○藤沼 亜衣 wr64 =0-4 負け= ○田恵敬(KOR)wr78 対 ×藤井 優子 wr195 =4-3 勝ち= ○森薗 美咲 wr200 対 ×李恩姫(KOR)wr42 =4-1 負け= ○沈セロム(KOR)wr— 対 ×樋浦 令子 wr43 =4-3 勝ち= ○石垣 優香 wr60 対 ×梁夏銀(KOR)wr206 =4-3 勝ち= ×姜美順(KOR)wr—対 ○福原 愛 wr29 =0-4 負け= ○スン・ベイベイ(SIN)wr31 対 ×山本 真理 wr-- =4-1 負け= ○朴英淑(KOR)wr107 対 ×田勢 美貴江 wr49 =4-2 勝ち= ×徐孝元(KOR)wr89 対 ○山梨 有理 wr-- =2-4 勝ち= ○若宮 三紗子 wr132 対 ×ユー・モンユー(SIN)wr32 =4-3 勝ち= ×ドデアン(ROU)wr33 対 ○照井 萌美 wr148 =2-4 負け= ○崔文英(KOR)wr125 対 ×石川 佳純 wr59 =4-2 負け= ○石賀淨(KOR)wr57 対 ×谷岡 あゆか wr280 =4-0 勝ち= ×林佳慧(TPE)wr184 対 ○平野 早矢香 wr27 =0-4

    アンダー21に石川、石垣が出てませんが、どうしてですか?石垣は、荻村杯のアンダー21に二回優勝してますね。若宮さんも頑張ってほしいです。 サイトを見る

  • ITTFプロツアー【荻村杯=卓球ジャパンオープン】(和歌山)明日から開催 荻村杯ジャパンオープンのご案内 公式ホームページhttp://japan-open.kyomycom.net/ 出場選手を再度確認しておきましょう。 先月の世界卓球の出場選手と変わっているのは男子の韓陽、田勢邦史の変わりに 村松雄斗(エリートアカデミー=中1)と、女子は福岡春菜、藤井寛子、若宮三紗子 に変わり、谷岡あゆか(エリートアカデミー=中3) 五輪選手まで外し、協会もいろいろ考えているよう、さらなる若返りでしょうか。 僕が注目しているのは、丹羽孝希(青森山田中学校)の同期同中学の自由参加の町飛鳥と 同じく自由参加の平野早矢香の弟の平野友樹です。どこまで根性を出すか楽しみです。 あと、残念なのは今年は地上波テレビ放送は無いようです。去年はテレビ東京で3日間 放送されていたようですが。テレビ東京はどうしたんでしょうね。 (2009年5月18日掲載) 強化本部認定〔男子出場予定者〕9人 水谷 隼(明治大学)wr20位【1989.6.9生】大会時20歳 吉田 海偉(個人)wr32位【1981.5.16生】大会時28歳 松平 健太(青森山田高校)wr62位【1991.4.11生】18歳 岸川 聖也(スヴェンソン)wr68位【1987.5.21生】大会時22歳 松平 賢二(青森大学)wr126位【1989.4.6生】20歳 大矢 英俊(東京アート)wr139位【1988.8.10生】20歳 丹羽 孝希(青森山田中学校)wr318位【1994.10.10生】14歳 上田 仁(青森山田高校)wr326位【1991.12.10生】17歳 村松 雄斗(エリートアカデミー)wr--位【1996.10.14生】12歳 強化本部認定〔女子出場予定者〕9人 平野早矢香(ミキハウス)wr25位【1985.3.24生】24歳 福原 愛(ANA)wr31位【1988.11.1生】20歳 樋浦 令子(ミキハウス)wr44位【1984.3.27生】25歳 田勢美貴江(十六銀行)wr50位【1980.1.17生】29歳 石川 佳純(ミキハウスJSC)wr62位【1993.2.23生】16歳 石垣 優香(淑徳大学)wr63位【1989.7.22生】19歳 藤沼 亜衣(日立化成)wr69位【1982.9.16生】26歳 森薗 美咲(青森山田高校)wr215位【1992.4.16生】17歳 谷岡あゆか(エリートアカデミー)wr286位【1994.6.23生】14歳 <日学連派遣> 男子選手:横山友一、塩野真人 女子選手:若宮三紗子、照井萌美、、山梨有理、藤井優子 <自主参加>坪口道和、高木和卓、町飛鳥、平野友樹、笠原弘光 <地元推薦> 男子選手:沼田勝 女子選手:山本真理 自称:卓球普及委員会引退おじさん ☆とまっPー☆

    すごいね,よく調べたね,感動した^^ サイトを見る

  • もっと見る

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録