U21塩見真希と芝田沙季が準決勝進出 ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン初日 卓球

7月2日から7日までオーストラリアのゴールドコーストで開催されるITTF ワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン。
大会初日の2日は男女シングルス予選リーグや男女アンダー21トーナメント準々決勝などが行われました。

男子アンダー21トーナメントでは、田中佑汰選手(愛工大名電高)が勝ち進むも準々決勝で趙勝敏選手(韓国)に敗れました。
女子アンダー21では塩見真希選手(四天王寺高)と芝田沙季選手(ミキハウス)が準決勝に進んでいます。
今大会、日本からは水谷隼選手(木下グループ)や丹羽孝希選手(スヴェンソン)、石川佳純選手(全農)や平野美宇選手(JOCエリートアカデミー/大原学園)らトップ選手たちが出場予定です。

■男子シングルス 予選リーグ■
吉田雅己 4-0 CARTER Trent(オーストラリア)
田中佑汰 4-1 LIN Xuqi(オーストラリア)
上田仁 4-0 YAN Xin(オーストラリア)

□女子シングルス 予選リーグ□
永尾尭子 4-1 ALEXANDERSSON Matilda(オーストラリア)
鈴木李茄 4-0 BROMLEY Michelle(オーストラリア)

■男子アンダー21 トーナメント■
●2回戦
田中佑汰 3-0 DAHL Olav(オーストラリア)

●準々決勝
趙勝敏(韓国)3-1 田中佑汰

□女子アンダー21 トーナメント□
○2回戦
塩見真希 3-0 KAUR Parleen(オーストラリア)
邱嗣樺(チャイニーズタイペイ)3-0 前田美優
芝田沙季 3-0 STANLEY Rebekah(オーストラリア)

○準々決勝
塩見真希 3-0 方思涵(チャイニーズタイペイ)
芝田沙季 3-1 WU Jiamuwa(オーストラリア)

(ライター:masa雅)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

  • 24日(月)開幕 2022年全日本卓球選手権 競技日程 30日(日)に男女単決勝 前回大会順位まとめ
    24日(月)開幕 2022年全日本卓球選手権 競技日程 30日(日)に男女単決勝 前回大会順位まとめ
    2022/01/15
  • 9月開催予定 アジア競技大会の日本代表選考基準が発表 前回2018年大会日本選手の結果 2022卓球
    9月開催予定 アジア競技大会の日本代表選考基準が発表 前回2018年大会日本選手の結果 2022卓球
    2022/01/06
  • 日本卓球協会が2022年度の国際大会・国内主要大会の日程と開催地を発表 2022卓球
    日本卓球協会が2022年度の国際大会・国内主要大会の日程と開催地を発表 2022卓球
    2021/12/28

塩見真希 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録