あぷりさん さんのプロフィール

あぷりさんさんのプロフィール
都道府県 大阪府(osaka)
年代 20代
卓球歴 6~10年
  • 使用ラケット、ラバー

    1. 水谷隼 ZLC
      ラケット

      水谷隼 ZLC

      軽さ、弾み、しなやかさを持つZLカーボンを搭載し、水谷選手のように前陣から後陣まで幅広いプレー領域...
    2. ディグニクス 09C
      ラバー(表面)

      ディグニクス 09C

      テンション系ラバーに劣らない弾みと粘着性ラバー特有の高い回転性能を両立するという、相反する性能を...
    3. テナジー05
      ラバー(裏面)

      テナジー05

      「スプリング・スポンジ」と「エネルギー内蔵技術」が生む独特の打球感を有すラバー。多くの選手による...

ユーザーレビュー

  • 水谷隼 SUPER ZLC

    ユーザーレビュー

    バタフライの超高級ラケットの1枚です。


    水谷隼ZLC×両面ディグニクス80との比較として


    ・水谷隼ZLC(以下ZLC)よりも打球感が硬く感じました。強打する時は木べらに近いような感覚で、個人的には心地よかったです。

    ・ZLCに比べサーブや台上処理のコントロールが難しく、オーバーしないための練習が必要です。

    ・繋ぐバックハンドがZLCよりもかなり楽でした。

    ・引き合いにおいては負ける気がしません。さらにバックハンドも安定するためZLCよりもかなり楽に打ち合えます。

    ・ラケット自体の球離れが早く、使用したラバーもディグニクス64ということもあり、緩い回転ならある程度無視できます。逆に強烈なツッツキなどは難しいため、ZLCよりも汎用性に劣るかなと感じました。

    以上、簡単な比較でした。


    筋力の弱い選手が筋力の強い選手に勝つための要素が詰まったラケットだと思いました。


    使いこなせばこれ以上にすごいものはないと思うレベルの逸品です。


    興味のある方は早めに購入して多くの練習を積むことをオススメします。

    2023/09/12
    総合
    10/10
    スピード
    10
    スピン
    8
    コントロール
    8
    打球感
    10
    硬度 硬い(ハード)

    使用、推奨ラバー(表面) ディグニクス64

    使用、推奨ラバー(裏面) ディグニクス64

    このレビューは参考になりましたか? いいね!
  • ラザンターC45

    ユーザーレビュー

    水谷隼SuperZLCに両面貼って使いました。
    厚さはultraMAXです。


    一言でまとめて言うと

    「テナジー09cFX」

    でした。笑


    通常のテナジーより柔らかい硬度、微粘着、スプリングスポンジのような打球感でした。

    C53、C48も打ちましたが、その2つとは毛色がかけ離れてるように感じます。
    上記2つは一撃で決めにいくようなラバー、C45はラリーの中の緩急で勝負するようなラバーです。

    どの技術においても「これがしんどい」というようなことがなく、強打でのオーバーミスやネットミスもあまり見られませんでした。

    個人差はありますが、C45を使うならだいぶ硬めのアウター(ZLCやそれに近い硬さのもの)が威力も出て安定すると思います。

    厚さは普通の中級者以上のレベルならultraMAXでいいと思います。
    2.0は使ってはいませんが、余程力に自信の無い方以外は食込み過ぎて落ちるなどのミスが懸念されます。


    用具選びに迷ったらとりあえず両面これ!と言い切れるほどには完璧なラバーでした。

    2023/10/04
    総合
    10/10
    スピード
    9
    スピン
    10
    コントロール
    10
    硬度 柔らかい(ソフト)

    使用、推奨ラケット 水谷隼 SUPER ZLC

    このレビューは参考になりましたか? いいね!
  • ディグニクス 09C

    ユーザーレビュー

    アコースティックカーボンのフォア面にて使用しました。

    前評判として「すごく硬い」「上級者向け」「扱えればすごいラバー」みたいものが多く、購入の際お金を捨てるぐらいの気持ちで購入しました。

    しかし使ってみると、今までにない程の台への収まりの良さ、自分の想像を上回る回転量、圧倒的扱いやすさを感じました。

    いろんなディグニクスシリーズやテナジーシリーズを使用しましたが、このラバーがネットミスやオーバーミスが1番少なく、手元に気を使わずに思い切りスイングできます。

    よく「オート感」という評価をされますが、このラバーは「AI搭載」レベルのオート感でした。

    反転してバック面の使用も試みましたが、詰まった時にコントロール面に難を感じたのでフォア面での使用が個人的には合ってました。

    下回転打ち、カット打ちなどに不安を抱える方には特にオススメだと思います。

    合わせるラケットはパワーに自信のある方は木材やインナー系、自信の無い方はよく弾むアウター系がいいと思います。

    2023/10/12
    総合
    10/10
    スピード
    10
    スピン
    10
    コントロール
    10
    硬度 硬い(ハード)

    使用、推奨ラケット アコースティックカーボン

    このレビューは参考になりましたか? いいね!
  • ビオンセロ

    ユーザーレビュー

    カット用にしては結構弾む印象でした。

    フォアは繋ぎやドライブ、バックはカットみたいなスタイルでも使えます。

    弦楽器シリーズの特徴として柔らかい打球感と球持ちの良さがあるので、攻撃の割合が多い選手はフォア面に硬いラバー、とにかく粘る選手は柔らかいラバーを貼るといいと思います。

    グリップが楕円形のため反転がやりにくいと感じる方もいるとは思いますが、個人的にはあまり気になりませんでした。

    バイオリンを購入検討されている方はこちらでもいいのかもしれません。(ブレードの広さが違うだけなので)

    2023/10/03
    総合
    10/10
    スピード
    8
    スピン
    10
    コントロール
    9
    打球感
    10
    硬度 柔らかい(ソフト)

    使用、推奨ラバー(表面) テナジー05

    使用、推奨ラバー(裏面) CURL P1V(カールP-1R ソフト)(カールP-1R OX)

    このレビューは参考になりましたか? いいね!
  • ユーザーレビュー

    カット用としてのレビューです。

    0.5(特薄)を使用しました。

    入る時は低い弾道で、ものすごく変化のついた球を返球できますが、なかなか安定させるのが難しいため結構手元に気を使う印象です。

    カットを攻めとして扱えるのはこのラバーのいい所だと思います。


    比較対象としてフェイントロング3を上げると、


    扱いやすさ
    カールp1<フェイントロング3

    変化量
    カールp1>フェイントロング3

    弾道の低さ
    カールp1>フェイントロング3


    みたいな感じでした。


    突然の強打に対するカットは間違いなくフェイントロング3の方が安定するため、王道カットマンを目指す選手にはフェイントロング3の方がいいと思います。

    カールp1は攻めたカットで自分の攻撃のチャンスを作りやすいので、攻撃の割合が多めの選手におすすめだと思います。

    使いこなせば間違いなく嫌がられるカットマンになれると思うので、基礎ができている方におすすめのラバーです。

    2023/10/03
    総合
    8/10
    スピード
    2
    スピン
    8
    コントロール
    6
    硬度 硬め(セミハード)

    使用、推奨ラケット ビオンセロ

    このレビューは参考になりましたか? いいね!
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次 >

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録