2019/10/28

松島輝空の男子アジアがV 赤江夏星の女子アジアは3位に輝く 2019カデットチャレンジ 卓球

10月23日から31日までポーランドのツェトニエボで開催されるワールドカデットチャレンジ。
大会2日目の27日は男女団体の準決勝と決勝が行われた。

男子アジアチームから出場した松島輝空は予選から決勝まで7戦全勝の活躍をみせ、チームを優勝に導いた。

女子アジアチームの赤江夏星は準決勝のヨーロッパチーム戦でクロアチア選手に敗れ今大会初黒星。チームは準決勝で敗れたものの3位決定戦はポーランドに勝利し3位に輝いた。

■男子団体 決勝トーナメント■
●準決勝
アジア 3-0 ヨーロッパ
○JANG Seongil 3-1 MOVILEANU Darius(ルーマニア)
○松島輝空 3-1 LAFFINEUR Louis(ベルギー)
○JAIN Payas 3-1 BELIK Simon(チェコ)

●決勝
アジア 3-0 ホープス選抜
○JANG Seongil 3-1 QUEK Yong Izaac(シンガポール)
○松島輝空 3-1 CHIRITA Iulian(ルーマニア)
○JAIN Payas 3-1 BERZOSA Daniel(スペイン)

□女子団体 決勝トーナメント□
○準決勝
アジア 2-3 ヨーロッパ
○LEE Yeonhui 3-2 ZAHARIA Elena(ルーマニア)
 赤江夏星 1-3 ARAPOVIC Hana(クロアチア)○
 ZHOU Jingyi 1-3 TOLGYES Dorottya(ハンガリー)○
○赤江夏星 3-1 ZAHARIA Elena
 LEE Yeonhui 2-3 ARAPOVIC Hana○

○決勝
ヨーロッパ 3-0 ホープス選抜
○TOLGYES Dorottya(ハンガリー)3-1 SER Lin Qian(シンガポール)
○ARAPOVIC Hana(クロアチア)3-1 EARLEY Sophie(イラン)
○ZAHARIA Elena(ルーマニア)3-1 TAN Emily(アメリカ)

○3位決定
アジア 3-0 ポーランド(開催地枠)
○LEE Yeonhui 3-0 SZTWIERTNIA Ilona
○赤江夏星 3-0 BRZYSKA Anna
○GHORPADE Yashaswini Deepak 3-1 WROBEL Wiktoria

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

  • 小塩遥菜が女子単でV 戸上隼輔/宇田幸矢と森さくら/笹尾明日香は2大会連続戴冠 WTTフィーダー・ウェストチェスター2022
    小塩遥菜が女子単でV 戸上隼輔/宇田幸矢と森さくら/笹尾明日香は2大会連続戴冠 WTTフィーダー・ウェストチェスター2022
    2022/05/16
  • 男女複日本の4ペアが4強入り 単では戸上隼輔や笹尾明日香ら日本の9選手が16強 WTTフィーダー・ウェストチェスター2022
    男女複日本の4ペアが4強入り 単では戸上隼輔や笹尾明日香ら日本の9選手が16強 WTTフィーダー・ウェストチェスター2022
    2022/05/14
  • 篠塚大登と笹尾明日香が単でV 男子複は宇田幸矢/戸上隼輔、女子複は笹尾明日香/森さくらが制覇 最終順位WTTフィーダー・フリーモント2022
    篠塚大登と笹尾明日香が単でV 男子複は宇田幸矢/戸上隼輔、女子複は笹尾明日香/森さくらが制覇 最終順位WTTフィーダー・フリーモント2022
    2022/05/10

松島輝空 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録