田中佑汰がドイツ・ブンデスリーガに初挑戦 バート・ホンブルクと契約 ドイツ卓球

卓球ドイツ・ブンデスリーガ1部のバート・ホンブルクは来シーズンに向けて日本の田中佑汰(愛知工業大)と契約締結に至ったことを発表した。

田中佑汰は2021年全日本選手権男子シングルスで丹羽孝希(スヴェンソン)、曽根翔(愛工大名電高校)らを下しベスト4入りを果たした。
3rdシーズンのTリーグには岡山リベッツのメンバーとして参戦しシングルス2勝2敗。大島祐哉(木下マイスター東京)と木造勇人(琉球アスティーダ)から勝ち星をあげている。

一方、田中佑汰が所属することとなったバート・ホンブルクは2020-2021シーズンにブンデスリーガ1部に初めて昇格し、最終成績1勝21敗で最下位に沈んだ。
チームは巻き返しを図るためメンバーを一新。世界ランキング37位のツボイ(ブラジル)とは契約更新せず、今シーズン9位のミュールハウゼンからヤンカリク(チェコ)を補強するなどチームを再建中だ。
田中佑汰がチームの起爆剤となることが期待される。

■2020-2021シーズン ブンデスリーガ1部 順位表(レギュラーシーズン)■
※上位4チームがプレーオフに進出

1位:ボルシア・デュッセルドルフ:20勝2敗
2位:ザールブリュッケン:15勝7敗
3位:オクセンハウゼン:15勝7敗
4位:グリュンヴェッターズバッハ:13勝9敗
5位:ノイ・ウルム:13勝9敗
6位:ベルクノイシュタッド:12勝10敗
7位:ブレーメン:11勝10敗
8位:ケーニヒスホーフェン:11勝11敗
9位:ミュールハウゼン:11勝11敗
10位:フルダ・マーバーツェル:6勝16敗
11位:グレンツァオ:3勝18敗
12位:バート・ホンブルク:1勝21敗

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

  • 昨シーズン王者のザールブリュッケンが準決勝制す 2連覇をかけボルシア・デュッセルドルフと激突へ ブンデスリーガプレーオフ準決勝 卓球 ドイツ
    昨シーズン王者のザールブリュッケンが準決勝制す 2連覇をかけボルシア・デュッセルドルフと激突へ ブンデスリーガプレーオフ準決勝 卓球 ドイツ
    2021/04/12
  • 岡山リベッツはグナナセカラン、柏竹琉と契約更新 丹羽孝希は退団が決定 4thシーズン卓球Tリーグ
    岡山リベッツはグナナセカラン、柏竹琉と契約更新 丹羽孝希は退団が決定 4thシーズン卓球Tリーグ
    2021/04/08
  • 吉村和弘が岡山リベッツに復帰
    吉村和弘が岡山リベッツに復帰
    2021/04/08

田中佑汰 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録