イリウスS

みんなの評価 [硬さ] 少し硬い
[性能] コントロールスピン に優れています
みんなの平均費用 2,300
イリウスS
イリウスS イリウスS

(写真をクリックすると拡大します)

みんなのレビュー平均点

  • 評価: 8.67 / 10
  • レビュー 3
    • スピード:5
    • スピン:6.33
    • コントロール:8
    変化と相手の打球の抑えやすさを追求したツブ高ラバー

    『イリウスS』は、バタフライが開発した「アブソーバー スポンジ ヘビー」を
    初めて採用したツブ高ラバーです。

    ラバーの特徴を引き出すためにルール限界のツブ形状比率に設計した硬めのシートと
    「アブソーバー スポンジ ヘビー」の組み合わせは、ナックルを出しやすいことに加え、
    相手の強打を抑えやすく、低くて回転量の多いカットを容易にします。

    ラリーの安定性と、回転量の違いを生かすカット主戦型のプレーにお勧めです。

    ・スポンジが硬い = 粒が倒れやすく変化が大きい
    ・ナックルも出しやすく、相手の強打を抑えやすい
    ・アブソーバースポンジドロップより弾みが抑えられており、安定した返球が可能
    ・カット主戦型にもオススメ!!
    ・カットマン等の守備向け

    ■タイプ:ツブ高ラバー
    ■スピード:6.5
    ■スピン:4.25
    ■硬度:45
    ■カラー:レッド(006)、ブラック(278)
    ■厚さ:ウス、ゴクウス、超ゴクウス
    ■原産国:日本

    ★2021年11月発売

    • 粒高
    • ゆうの試打シリーズ「イリウス」編 ここまで滑らない粒高があっただろうか。
      ゆうの試打シリーズ「イリウス」編 ここまで滑らない粒高があっただろうか。
      切れるS、スピードのB
      2021/10/21

    スペック

    価格
    2,700 (税込2,970円)
    メーカー
    バタフライ
    商品コード
    00450

    ユーザーレビュー

    • しゅう

      しゅう (卓球歴:4~5年) カールp1と比較

      ユーザーレビュー

      今まではカールp1薄から
      イリウスs極薄に切り替えました。

      感想は、カールp1のよりツッツキが切れます。またp1よりツッツキが浮きづらい。
      但し粒を倒してツッツキする感覚がないと
      難しいかもです。

      スピン判定性能はカールp1は同じ位と感じました。あと自ら切るカットはp1より切れます。

      弾道はp1に比べやや直線的なのですが、
      相手のボールの威力を吸収して収まる感じは
      p1よりやり易く感じました。

      p1よりツッツキが切れ且つ安定し、スピン反転性能がp1並で、しっかり抑えが効く、
      いいとこ取りのラバーだなと思います。

      硬いスポンジの粒高を使って、粒を倒してツッツキ出来る方であれば
      このいいとこ取り感が味わえると思います。

      暫く使ってみようと思います。

      2021/11/21
      総合
      10/10
      スピード
      6
      スピン
      8
      コントロール
      8
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラケット 松下浩二 スペシャル

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • える

      える (卓球歴:6~10年)

      ユーザーレビュー

      上級者向けのラバーだと思います。切れるラバーではあるんですが、切るのが難しく感じました。というのも粒がかなり硬いので常に速いスイングで振っていかないとあまり切れません。中途半端なスイングでは棒球しかいかず、打ち込まれてしまいます。前後左右に振り回されても体制を崩さずに常に速いスイングで振れる、って人でないと厳しそうです。しかも切るのが難しい割には切れ味の最大値が他と比べてずば抜けてるわけでもないです。普段使用しているラバー(バーティカル20)のほうがもっとお手軽に、もっと切れたカットが出せました。このラバーの一番の強みはツッツキですかね。ツッツキはシートが滑らないのでよく切れます。
      全体的なイメージはパワーアップしたフェイントロング3です。粒高特有の変化ではなく、自ら変化をつけていくタイプです。なのでやはり上級者向けのラバーだと思います。上級者が使えば表のように自ら切りにいけて、それでいて粒高の抑えやすさも兼ねている、そんな性能になると思います。ただこれは何となくですけどこのラバーを自在に扱えるほどのレベルの人があえてこのラバーを選ぶとは思えないな、というのが正直な感想です。

      2022/03/30
      総合
      7/10
      スピード
      3
      スピン
      4
      コントロール
      9
      硬度 硬め(セミハード)
      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • ペプシマン

      ペプシマン (卓球歴:6~10年) 不思議な粒、粒高版テナジー

      ユーザーレビュー

      カットマン歴7年、厚さはゴクウス
      カールシリーズは自分には合わず、フェイントロングⅢを4年間使っており、バタフライの新作粒ということで試してみました。
      最初試打した時はスポンジが硬く、ロングⅡベースで回転の最大量は凄くても許容範囲の狭いラバーなのかとがっかりしましたが、いざカットしてみると何故かカットが台に収まる。ラケットを振ればしっかり入る。しかしゆっくり振るとスポンジが硬く飛んでいってしまう。とても不思議な感覚でした。サイドスピンの鋭い流しツッツキがとにかくやりやすい!ツッツキは粒を倒してちゃんと切れる人なら大丈夫です。普段から面を立ててやっている人には正直お勧めしません。速いだけの棒球が出ます。初心者が最初からこれを使うというよりはカットの型がある程度完成している人におすすめしたいです。また、ラバー頼りで変化を出したりしている人もこれは合わないと思います。かなりカットマンとして自信がある人にも是非一度試していただきたいラバーです。最初の30分ほどは今までに無い感触でとても変な気分でした。慣れてくると初めてテナジーを使った時のような感覚になりました。
      なかなか面白いラバーです。

      2022/02/02
      総合
      9/10
      スピード
      6
      スピン
      7
      コントロール
      7
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラケット デフプレイ センゾー

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    レビューを投稿する

    卓球ナビへようこそ!
    レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

    新規会員登録