張本智和は日本男子初のワールドカップ銀メダリストに 2019男子ワールドカップ 卓球

11月29日から12月1日まで中国の成都で開催された2019男子ワールドカップ。
12月1日は準決勝と3位決定戦、決勝が行われた。

丹羽孝希との日本人対決を制して準決勝に進んだ張本智和は、ワールドカップ準決勝という大舞台で世界選手権、ワールドカップ、オリンピックの3大大会を制した馬龍(中国)を撃破。日本男子初のワールドカップ決勝進出を果たした。

決勝では樊振東(中国)の破壊力抜群のパワードライブに苦しめられ、不十分な体勢で打たされたボールはカウンターを食らう苦しい展開を強いられた。

2-4で敗れ銀メダル。日本男子初のワールドカップ制覇はならなかったものの、大舞台で馬龍を破ったことは東京五輪に向けて価値ある経験となったに違いない。

■男子シングルス 決勝トーナメント■
●決勝
樊振東(中国)4(-9、4、-6、8、2、7)2 張本智和

●3位決定戦
林昀儒(チャイニーズタイペイ)4(4、11、-8、-9、8、-5、4)3 馬龍(中国)

●準決勝
樊振東(中国)4(8、6、8、5)0 林昀儒(チャイニーズタイペイ)
張本智和 4(6、9、8、-8、-4、5)2 馬龍(中国)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

張本智和 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録