2021世界卓球ヒューストン大会、日本代表選手 選考基準の一部変更が発表 伊藤、張本ら東京五輪出場選手は代表権を獲得

日本卓球協会は7月20日、今年11月にアメリカヒューストンで開催予定の2021世界卓球選手権大会(個人戦)日本代表選手 選考基準の一部を変更し発表した。

7月9日のITTF(国際卓球連盟)の発表によると、2021世界卓球に出場するには2021年6月15日発表(第24週)の世界ランキングで256位以内に入っていることが必要となる。そのため日本卓球協会はその旨の選考基準を追加した。


東京オリンピックのメダル獲得者は日本代表選手の選考基準をクリアするため、男子は張本智和、水谷隼、丹羽孝希、女子は石川佳純、伊藤美誠、平野美宇の男女各3名が代表権を獲得する。
しかし水谷隼は現役引退を表明しているため辞退することになりそうだ。
そのため、男子は残り3枠、女子は残り2枠が8月30日から9月2日まで行われる国内選考会で争われることになる。

■男女シングルス代表5名の選出方法■
(1)2021年6月15日(第24週)発表の世界ランキング(以下WR)20位以内の日本人最上位選手:(1名)
(2)2021年6月15日(第24週)発表のWR100位以内の日本人最上位選手:(1名)
※(1)の WR20位以内の日本人最上位選手を除く
(3)第32回オリンピック競技大会(2020/東京)にて種目に関わらずメダル獲得した選手
(4)国内選考会の上位から出場枠に達するまで

■国内選考会への出場資格■
(1)第32回オリンピック競技大会(2020/東京)出場者
(2)2021年アジア卓球選手権大会国内選考会(旭市)10位までの者
(3)2021年全日本卓球選手権大会シングルスベスト4の選手
(4)第30回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント熊本大会シングルス優勝者
(5)2022年FISUワールドユニバーシティゲームズ日本代表候補選手
(6)2021年全日本卓球選手権大会ジュニアの部優勝者
(7)令和3年度全国高校総合体育大会シングルス優勝者
(8)令和3年度全国中学校卓球大会シングルス優勝者
(9)2021年全日本卓球選手権大会ホープスの部優勝者
(10)上記1)~9)の人数が24名に達するまで強化本部にて推薦する。

※開催日程:2021年8月30日(月)~9月2日(木)
※開催場所:新潟県・新発田市カルチャーセンター

■補足基準■
①代表決定者が故障等で参加が不能となった場合、その代替選手は強化本部にて決定する。
②ITTFが出場人数制限等を発表し、本選考基準との齟齬が発生した場合は再度理事会で審議する。
③2021年6月15日付けWRにて256位に達しない選手はシングルス及びダブルス種目に出場することはできない。
※7月9日ITTF発表の本大会要項で③が発表され、上記②での本選考基準との齟齬が発生したため、再度理事会にて審議、③を決定した。

■2021世界卓球選手権ヒューストン大会(個人戦)大会情報■
大会期日:2021年11月23日~11月29日
開催地:アメリカ ヒューストン
エントリー数:男女シングルス各5名、男女ダブルス各2ペア、混合ダブルス2ペア

(ライター:菅家雅治)

関連選手

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

張本智和 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録