日本女子チームがU-15団体でV U19団体、日本チームは男女とも銅メダル 2021世界ユース卓球

12月2日から8日までポルトガルのビラ・ノバ・デ・ガイアで開催される『2021年世界ユース卓球選手権大会』。
3日までにU-19、U-15の男女団体が行われた。

U-15女子団体、日本チームは準決勝でアメリカ、決勝でロシアを下し優勝。1回戦から決勝まで張本美和、小塩悠菜、鈴木美咲の3選手で栄冠を手にした。
U-19男子団体、女子団体の日本チームはともに準決勝で中国に敗れ銅メダル。前回大会(2019年大会)も男女とも中国に敗れた日本。2年越しの中国越えはならなかった。

4日からはU-19、U-15カテゴリーの男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの試合が行われている。

□U-19女子団体□
○決勝
中国 3-0 アメリカ

○準決勝
中国 3-1 日本
陳熠 1-3 小塩遥菜○
○蒯曼 3-2 木原美悠
○呉洋晨 3-0 白山亜美
○陳熠 3-2 木原美悠

○準々決勝
日本 3-0 フランス
○木原美悠 3-1 LUTZ Charlotte
○小塩遥菜 3-2 パバデ
○白山亜美 3-2 LUTZ Camille

○1回戦
日本 3-0 エジプト
○小塩遥菜 3-0 GODA Hana
○木原美悠 3-0 FATHY Hend
○枝廣愛 3-0 YEHIA Alaa


□U-15女子団体□
○決勝
日本 3-0 ロシア
○張本美和 3-0 TEREKHOVA Zlata
○小塩悠菜 3-0 イバノワ
○鈴木美咲 3-2 KURILKINA Kristina

○準決勝
日本 3-1 アメリカ
○張本美和 3-0 フー・フェイス
小塩悠菜 1-3 モーランド・サリー○
○鈴木美咲 3-2 タン・エミリー
○張本美和 3-0 モーランド・サリー

○1回戦
日本 3-1 ドイツ


■U-19男子団体■
●決勝
中国 3-0 ロシア

●準決勝
中国 3-0 日本
○向鵬 3-2 篠塚大登
○林詩棟 3-0 濱田一輝
○陳垣宇 3-0 松島輝空

●準々決勝
日本 3-1 フランス
○濱田一輝 3-1 A.ルブラン
篠塚大登 2-3 F.ルブラン○
○松島輝空 3-2 KOURAICHI Alexis
○篠塚大登 3-2 A.ルブラン

●1回戦
日本 3-0 チェコ
○篠塚大登 3-0 ベリク・シモン
○濱田一輝 3-0 マルティンコ・トーマス
○松島輝空 3-1 スタルツァー・アダム


■U-19男子ダブルス■
●準々決勝
グレブネフ/シドレンコ 3-1 篠塚大登/シュットゥンパー(ドイツ)

●決勝トーナメント1回戦
篠塚大登/シュットゥンパー(ドイツ)3-0 クルシツキ/クビク(ポーランド)


■U-15男子ダブルス■
●準決勝 組み合わせ
松島輝空/F.ルブラン(フランス) - CHANG Yu-An/QUEK Yong Izaac(チャイニーズタイペイ/シンガポール)

●準々決勝
松島輝空/F.ルブラン(フランス)3-0 SURESH RAJ Preyesh/REDZIMSKI Milosz(インド/ポーランド)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

張本美和 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録