2022/06/28

男子1部はシチズン時計、女子1部はサンリツが優勝 2022年度前期日本卓球リーグ

2022年6月22日から26日まで「2022年度 前期日本卓球リーグ・和歌山大会」が和歌山県の和歌山ビッグホエールで開催された。

男子1部はシチズン時計が2018年後期リーグ以来となる4年ぶりの優勝。選手兼監督として臨んだ御内健太郎が愛知工業大学戦でエースの田中佑汰に勝利するなど大車輪の活躍。最高殊勲選手賞を獲得した。

女子1部はサンリツが2017年後期リーグ以来となる優勝。永尾尭子、松平志穂、梅村優香らTリーグでのプレー経験がある実力者を揃えた強豪が層の厚さを見せつけた。
最高殊勲選手には永尾尭子が選出されている。

■男子1部 順位■
1位:シチズン時計(6勝1敗)
2位:日鉄物流ブレイザーズ(5勝2敗)
3位:愛知工業大学(5勝2敗)
4位:クローバー歯科カスピッズ(4勝3敗)
5位:日野キングフィッシャーズ(3勝4敗)
6位:リコー(2勝5敗)
7位:協和キリン(2勝5敗)※第4戦以降棄権
8位:信号器材(1勝6敗)

□女子1部 順位□
1位:サンリツ(6勝1敗)
2位:昭和電工マテリアルズ(5勝2敗)
3位:中国電力(5勝2敗)
4位:神戸松蔭女子学院大学(5勝2敗)
5位:デンソー(4勝3敗)
6位:十六銀行(2勝5敗)
7位:エクセディ(1勝6敗)
8位:愛媛銀行(0勝7敗)

■男子2部 順位■
1位:朝日大学(8勝1敗)
2位:関西卓球アカデミー(8勝1敗)
3位:瀬戸内スチール(6勝3敗)
4位:ケアリッズ・アンド・パートナーズ(4勝5敗)
5位:協和発酵バイオ(4勝5敗)
6位:トヨタ自動車(4勝5敗)
7位:関西学院大学(4勝5敗)
8位:豊田自動織機(4勝5敗)
9位:JR北海道(3勝6敗)
10位:琉球レオフォルテ(0勝9敗)

□女子2部 順位□
1位:豊田自動織機(6勝0敗)
2位:広島日野自動車(5勝1敗)
3位:オークワ(4勝2敗)
4位:百十四銀行(3勝3敗)
5位:クローバー歯科フェアリーズ(2勝4敗)
6位:朝日大学(1勝5敗)
7位:JR北海道(0勝6敗)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

御内健太郎 選手に関連する記事

  • 御内健太郎、江藤慧/松下大星がUSオープン制す 2019USオープン 卓球
    御内健太郎、江藤慧/松下大星がUSオープン制す 2019USオープン 卓球
    2019/12/27
  • 男子は名門シチズン時計が30年ぶりの優勝 全日本実業団選手権 卓球
    男子は名門シチズン時計が30年ぶりの優勝 全日本実業団選手権 卓球
    2018/07/23
  • 2017年日韓実業団卓球定期戦 結果一覧
    2017年日韓実業団卓球定期戦 結果一覧
    2017/09/07

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録