戸上隼輔/早田ひなが43年ぶりのV 宇田幸矢/戸上隼輔は45年ぶりのアジア制覇 2021アジア卓球選手権

9月28日から10月5日までカタール・ドーハで開催される「第25回アジア卓球選手権大会」。
10月4日は男女シングルス4回戦から準決勝、男子ダブルス決勝などの試合が行われている。

混合ダブルスでは戸上隼輔/早田ひなが9月のWTTシリーズ決勝と同カードとなった張禹珍/田志希(韓国)に再び勝利し優勝。1978年大会の小野誠治/菅谷佳代ペア以来、43年ぶりの混合ダブルスアジア制覇となった。

男子ダブルスは明治大学の同級生ペア、戸上隼輔/宇田幸矢が張禹珍/林鐘勲(韓国)を3-1で下し優勝。
先月のWTTシリーズ覇者、趙勝敏/安宰賢(韓国)を3回戦で下すとその勢いのまま決勝まで駆け抜けた。同ペアでの出場が決まっている2021世界卓球ヒューストン大会での活躍が期待される。

■男子シングルス■
●準決勝 組み合わせ
張禹珍(韓国)- 荘智淵(チャイニーズタイペイ)
戸上隼輔 - 李尚洙(韓国)

●準々決勝
張禹珍(韓国)3(4、4、4)0 吉村和弘
荘智淵(チャイニーズタイペイ)3(9、4、5)0 木造勇人
戸上隼輔 3(7、9、-9、-5、8)2 篠塚大登
李尚洙(韓国)3(8、8、9)0 アチャンタ(インド)

●4回戦(ベスト8決定)
吉村和弘 3(9、-6、6、9)1 グナナセカラン(インド)
木造勇人 3(-3、6、7、-5、4)2 安宰賢(韓国)
篠塚大登 3(5、6、9)0 ゲラシメンコ(カザフスタン)
戸上隼輔 3(3、6、6)0 馮翊新(チャイニーズタイペイ)


□女子シングルス□
○決勝
早田ひな - 申裕斌(韓国)

○準決勝
申裕斌(韓国)3(-8、9、8、7)1 安藤みなみ
早田ひな 3(7、-8、9、-8、10)2 芝田沙季

○準々決勝
安藤みなみ 3(3、-9、-7、8、10)2 田志希(韓国)
申裕斌(韓国)3(9、8、-8、-6、3)2 朱成竹(中国香港)
芝田沙季 3(8、13、12)0 徐孝元(韓国)
早田ひな 3(7、7、7)0 杜凱栞(中国香港)


■混合ダブルス□
●決勝
戸上隼輔/早田ひな 3(8、6、7)0 張禹珍/田志希(韓国)


■男子ダブルス■
●決勝
宇田幸矢/戸上隼輔 3(11、8、-8、9)1 張禹珍/林鐘勲(韓国)

●準決勝
宇田幸矢/戸上隼輔 3(5、9、11)0 アチャンタ/グナナセカラン(インド)
張禹珍/林鐘勲(韓国)3(4、6、-10、-9、8)2 デサイー/タッカー(インド)


□女子ダブルス□
○準決勝 組み合わせ
長﨑美柚/安藤みなみ - 田志希/申裕斌(韓国)
李皓晴/杜凱栞(中国香港)- 鄭先知/劉昱昕(チャイニーズタイペイ)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

戸上隼輔 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録