2021/12/01

男子単はカルデラノがV 女子はA.ディアスが単複2冠獲得 パンアメリカン選手権 2021卓球

11月13日から19日までペルーのリマで「2021 ITTF パンアメリカン選手権大会」が開催された。

男子シングルスは世界卓球ヒューストン大会でベスト8入りしたカルデラノ(ブラジル)が決勝でカナダのワン・ユージンを下し優勝。
女子はプエルトリコのA.ディアスが単複を制覇。女子ダブルスはM.ディアスとの姉妹ダブルスで栄冠を手にした。

■男子シングルス■
●決勝
カルデラノ(ブラジル)4(7、-8、6、-9、3、8)2 ワン・ユージン(カナダ)

●準決勝
カルデラノ(ブラジル)4(6、7、10、8)0 イシイ(ブラジル)
ワン・ユージン(カナダ)4(5、3、-8、9、8)1 アギーレ(パラグアイ)

□女子シングルス□
○決勝
A.ディアス(プエルトリコ)4(6、-8、4、-9、-10、8、7)3 タカハシ(ブラジル)

○準決勝
A.ディアス(プエルトリコ)4(6、5、5、11)0 クマハラ(ブラジル)
タカハシ(ブラジル)4(-8、5、9、8、-8、-2、9)3 チャン・リリー(アメリカ)

■男子ダブルス■
●決勝
シフエンテス/アルト(アルゼンチン)3(8、-6、11、6)1 ゴメス/ラマドリッド(チリ)

●準決勝
シフエンテス/アルト(アルゼンチン)3(7、8、8)0 ゴンザレス/アファナドール(プエルトリコ)
ゴメス/ラマドリッド(チリ)3(7、5、-9、8)1 ジョウチ/イシイ(ブラジル)


□女子ダブルス□
決勝
A.ディアス/M.ディアス(プエルトリコ)3(-8、8、9、-7、8)2 オルテガ/ベガ(チリ)

○準決勝
A.ディアス/M.ディアス(プエルトリコ)3(-9、8、6、-6、7)2 KE/JALLI(アメリカ)
オルテガ/ベガ(チリ)3(-6、-4、8、7、5)2 コーデロ/ザパタ(グアテマラ)

■混合ダブルス□
●決勝
イシイ/タカハシ(ブラジル)3(9、7、-6、7)1 シフエンテス/アルギュエル(アルゼンチン)

●準決勝
イシイ/タカハシ(ブラジル)3(6、-9、5、6)1 アルト/コディナ(アルゼンチン)
シフエンテス/アルギュエル(アルゼンチン)3(8、-8、6、10)1 ジョウチ/クマハラ(ブラジル)

■男子団体■
●決勝
ブラジル 3-1 チリ
 ジョウチ 2(-8、-7、7、7、-5)3 ゴメス○
○イシイ 3(4、7、-8、3)1 ラマドリッド
○ツボイ 3(-6、-7、8、7、11)2 オリバーレス
○イシイ 3(-9、3、-8、6、6)2 ゴメス

●準決勝
ブラジル 3-1 アルゼンチン
チリ 3-1 アメリカ

□女子団体□
○決勝
ブラジル 3-1 カナダ
 クマハラ 1(-8、10、-9、-6)3 チャン・モー○
○タカハシ 3(7、8、10) フー・チンナム
○ヤマダ 3(5、-9、8、5)1 LIAO Ivy
○タカハシ 3(10、-6、-5、10、6)2 チャン・モー

○準決勝
ブラジル 3-2 アメリカ
カナダ 3-1 チリ

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

ヒューゴ・カルデラノ 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録