2024/04/03

2023-2024シーズンのECLはザールブリュッケンが制覇 2024ヨーロッパチャンピオンズリーグ 卓球

3月31日から4月1日まで2023-2024シーズンの男子ヨーロッパチャンピオンズリーグ ファイナル4が開催され、今シーズンの欧州王者が決定した。
4シーズン連続での同カードとなった決勝を制したのはザールブリュッケン。ブンデスリーガで熾烈な優勝争いを演じる両チームがECLの舞台でも激突し、今大会はヨルジッチ(スロベニア)がシングルス2得点。チームを2連覇に導いた。

■2023-2024 男子 ヨーロッパチャンピオンズリーグ ファイナル4■
●決勝
ザールブリュッケン(ドイツ)3-2 ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)
○ヨルジッチ 3(9、4、-6、11)1 チウ・ダン
○フランチスカ 3(1、8、6)0 シェルベリ
 村松雄斗 1(8、-8、-8、-6)1 ボル○
 フランチスカ 1(6、-7、-8、-7)1 チウ・ダン○
○ヨルジッチ 3(8、-5、-8、10、6-3)2 シェルベリ

●準決勝
ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)3-1 ウィーナー・ノイシュタット(オーストリア)
○ボル 3(5、5、9)0 コジッチ
 シェルベリ 0(-11、-9、-9)3 バン○
○チウ・ダン 3(7、8、5)0 ハニン
○シェルベリ 3(9、8、11)0 コジッチ

ザールブリュッケン(ドイツ)3-2 ノイウルム(ドイツ)
 ヨルジッチ 1(-10、-8、11、-7)3 モーレゴード○
○フランチスカ 3(4、8、5)0 オフチャロフ
○E.イオネスク 3(-4、9、7、-8、6-5)2 アルナ
 フランチスカ 1(-8、10、-8、-10)3 モーレゴード○
○ヨルジッチ 3(7、4、8)0 オフチャロフ

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

  • 男子はオフチャロフ、女子はアクラが戴冠 日本選手は出場なし WTTコンテンダー・ラゴス2024
    男子はオフチャロフ、女子はアクラが戴冠 日本選手は出場なし WTTコンテンダー・ラゴス2024
    2024/06/24
  • 村松雄斗所属のザールブリュッケンとボルシア・デュッセルドルフが決勝へ 上田仁のケーニヒスホーフェンは初の決勝ならず ドイツ・ブンデスリーガ プレーオフ 卓球
    村松雄斗所属のザールブリュッケンとボルシア・デュッセルドルフが決勝へ 上田仁のケーニヒスホーフェンは初の決勝ならず ドイツ・ブンデスリーガ プレーオフ 卓球
    2024/05/28
  • 上田仁所属のケーニヒスホーフェンが初のプレーオフ進出 村松雄斗所属のザールブリュッケンは1位が確定 ドイツ・ブンデスリーガ 最終節 卓球
    上田仁所属のケーニヒスホーフェンが初のプレーオフ進出 村松雄斗所属のザールブリュッケンは1位が確定 ドイツ・ブンデスリーガ 最終節 卓球
    2024/04/30

ダルコ・ヨルジッチ 選手に関連する記事

  • 上田仁所属のケーニヒスホーフェンが初のプレーオフ進出 村松雄斗所属のザールブリュッケンは1位が確定 ドイツ・ブンデスリーガ 最終節 卓球
    上田仁所属のケーニヒスホーフェンが初のプレーオフ進出 村松雄斗所属のザールブリュッケンは1位が確定 ドイツ・ブンデスリーガ 最終節 卓球
    2024/04/30
  • 上田仁のケーニヒスホーフェンは連勝ストップも3位をキープ ドイツ・ブンデスリーガ 第15節 卓球
    上田仁のケーニヒスホーフェンは連勝ストップも3位をキープ ドイツ・ブンデスリーガ 第15節 卓球
    2024/02/13
  • 上田仁が価値ある勝ち星をあげチームは3位に浮上 個人ランクはヨルジッチが首位に ドイツ・ブンデスリーガ 第13節 卓球
    上田仁が価値ある勝ち星をあげチームは3位に浮上 個人ランクはヨルジッチが首位に ドイツ・ブンデスリーガ 第13節 卓球
    2024/02/03

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録