インナーフォース レイヤー ZLC

みんなの評価 [硬さ] 平均レベルの硬度
[性能] スピンコントロールに優れています
みんなの平均費用 19,125
インナーフォース レイヤー ZLC

(写真をクリックすると拡大します)

みんなのレビュー平均点

  • 評価: 9.1 / 10
  • レビュー 51
    • スピード:8.2
    • スピン:9.06
    • コントロール:8.75
    柔らかい打球感を備えた弾みの高さが魅力のモデル

    木材の柔らかい打球感を備えたインナーファイバー仕様のラケット。軽量でありながら弾みの高さとしなやかさを併せ持つZLカーボンがハイレベルなプレーをサポートします。

    • FL
    • ST
    • AN

    スペック

    価格
    21,500 (税込23,650円)
    メーカー
    バタフライ
    商品コード
    36681
    スピード
    10.5
    サイズ
    157×150
    重量
    87g ±
    合板
    インナーファイバー 5枚合板+ZLカーボン (木材, ZLカーボン, 7枚合板)
    厚さ
    5.7mm

    ユーザーレビュー

    • ユーザーレビュー

      カーボン入ってる?

      選手レビュー

      後輩のを借りて打っただけですが、全てのプレーが安定してする事が出来ます。特に前陣処理やブロック等の台上技術がしやすくアムルタートと全然違うなーと感じました。結論から云うとかなり木材に近いです!インナーフォースalcは若干硬いと感じますがzlcのほうが素材的に柔らかくしなる感じかしました。しかし、かなりの強打をしないとzlcの飛びが出ませんでした。このラケットにはカーボンが入っているのか!?と疑ってしまうほどです。木材の感覚をzlcいれといてここまでよく実現出来たなーというバタフライさんへの驚きと、これ普通に五枚合板買っておけばよくね?という疑問が出てきました。結局は『zlc入れてんのにこんなに回転掛かるんだー、スゲー!』という驚きが有るだけでちょっと跳ねる五枚合板買っとけばすむ話では有ります。その五枚合板よりもちょっと跳ねるラケットに20000円を出すのは自分は無理ですね。インナーフォースalcはまだalcだなぁという感じが有るものの、zlcは木材とほぼ変わらないので個性が有りません。自分はアムルタートのほうがzlcらしさが有り好きです。個人的感想なのでどうにも言えませんが、もうちょっと跳ねて欲しいですね。

      2015/12/20
      総合
      8/10
      スピード
      6
      スピン
      9
      コントロール
      8
      打球感
      9

      使用、推奨ラバー(表面) GF T45

      使用、推奨ラバー(裏面) GF T45

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • ユーザーレビュー

      (卓球歴:11~20年) 万能型

      選手レビュー

      擦ったら何でも入ってくれるようなラケット。
      弧線をしっかり描いてくれるので、台に入ります。
      文句無しのラケットです!!

      2020/06/26
      総合
      10/10
      スピード
      10
      スピン
      10
      コントロール
      10
      打球感
      10
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラバー(表面) ファスターク G-1

      使用、推奨ラバー(裏面) ファスターク G-1

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • 飛びつきカルビ

      (卓球歴:11~20年) 木材ラケットみたいな?

      選手レビュー

      丹羽孝希woodからの乗り換えですが、木材よりの打感のため、感覚的にもすんなり移行できました。

      軽打は木材のような、強打はカーボンぽいような感覚で、ちょうど中間のような気がします。私の技量不足もありますが、どちらかと言うと弾みより回転重視のラケットなのかな?と思います。

      カーボンにしてはあんまり飛ばないと思いきや、上手く力が伝わったときには想像以上の質のボールが行く時があります。

      また、丹羽孝希woodよりはスイートスポットが広めでしたので、少々端で打っても球が行ってくれました。

      結構気に入ってます(´-`)

      2020/06/18
      総合
      9/10
      スピード
      8
      スピン
      9
      コントロール
      9
      打球感
      9
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラバー(表面) テナジー80

      使用、推奨ラバー(裏面) テナジー80

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • 永遠の初心者

      (卓球歴:2~3年) 両立

      選手レビュー

      インナーなので木材のボールを掴む感覚もあり、特殊素材の感覚もあり。回転とスピードの両立ができているラケットです。前陣から後陣まで隙がないのでとてもいいラケットだと感じます

      2020/04/10
      総合
      9/10
      スピード
      9
      スピン
      10
      コントロール
      10
      打球感
      9
      硬度 柔らかめ(セミソフト)

      使用、推奨ラバー(表面) ディグニクス 09C

      使用、推奨ラバー(裏面) テナジー05

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • ユーザーレビュー

      (卓球歴:4~5年) 玉持ちが悪い

      選手レビュー

      まず一言は、  速い
      です笑 コントロールやスピンはあまり効かないので初心者の方にはおすすめしませんランクアップしたい方にはおすすめです

      2020/04/02
      総合
      8/10
      スピード
      10
      スピン
      8
      コントロール
      9
      打球感
      7
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラバー(表面) ディグニクス 09C

      使用、推奨ラバー(裏面) ディグニクス80

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • ひろぽん@関東

      (卓球歴:2~3年) トータルのバランスが高次元

      選手レビュー

      93gを所持。
      アウター系も所持していますが、既に比較されてる方が多いのでインナーのALC(90g)との比較をメインにレビューします。

      飛距離で言えばインナーALCとは同程度です。
      ALCのほうがやや直線的に弾み、ZLCの方が弧線が高くボールが台に到達するまで僅かに時間がかかるで、体感的にはスピードは遅いと思います。

      1番の違いは打球感で、ALCはやや硬め、アウターに近い感覚、軽打と強打で感覚に大きな違和感はありません。

      ZLCは木材よりの感覚で、軽打では木材のコツっとした感じですが強打すると素材のカンという感覚が強くなり、感覚に差があります。

      ZLCは好みが分かれる打球感ですが、素材入りラケットに抵抗がなければALCは万人受けする打球感だと思います。

      ZLCの利点はボールを掴む感覚と弧線の高さ、引き合いの時に負けない飛距離。
      トータルのバランスが高次元でまとまってるため、文句をつけづらいです。
      アウターカーボンのほうが飛距離は出ますが、このインナーZLCも十二分なスピード飛距離が出せますし、台上のコントロールもしやすいです。

      強豪校選手なプロ選手に使用者が多いのも納得の性能です。

      2020/04/01
      総合
      10/10
      スピード
      8
      スピン
      10
      コントロール
      10
      打球感
      8
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラバー(表面) テナジー05

      使用、推奨ラバー(裏面) テナジー05

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    • ユーザーレビュー

      (卓球歴:4~5年) 操作性、デザインよし!

      選手レビュー

      オフチャロフトゥルーカーボンより変更しました。ZLCに弾むイメージがあったので恐る恐る打ってみましたが暴れることもなく、とても操作性に優れているラケットだなぁと感じました。オフチャロフは打球感が"カーン"なのに対し、このラケットは前陣ではポコポコ、後陣ではやはりZLCの良さが出て、カキーンという気持ちのよい打球音でした。基礎が固まっている人にはかなりオススメできるラケットです。デザイン性にも優れており高級感があります。値段が高いかもしれませんがそれ相応の価値はあると思いました!

      2020/01/24
      総合
      9/10
      スピード
      7
      スピン
      10
      コントロール
      10
      打球感
      9
      硬度 硬め(セミハード)

      使用、推奨ラバー(表面) テナジー64

      使用、推奨ラバー(裏面) ラクザ7 ソフト

      このレビューは参考になりましたか? いいね!
    1. 1
    2. 2
    3. 3
    4. 4
    5. 5
    6. 次 >
    7. 最後 »
    レビューを投稿する

    その他クチコミ情報

    • 卓球ラケットの質問です。今ティモボルalcを使用していますが、プラボールへの対応としてラケットを変えようかと思っています。 同じティモボルでzlc、インナーフォース・レイヤーzlc、ガレイディアzlcに興味があるのですが、その違いがよくわかりません。教えて頂けたら助かります。宜しくお願いします。

      インナーフォースは 5枚合板のインナー配置 ガレイディアは 3枚合板特殊素材 弾みは ガレイディアが ティモボルよりも遥かに飛びます 使いこなすのは難しいです 完全に 上級者ラケットです てかプラはティモボルでいいと思います 世界のトップ選手は ティモボルALCと同じ合板構成のラケットを使う人が沢山います それで無理だと感じているならバタフライはやめたほうがいいかも バタフライのコンセプトは プロ選手のための用具で 一般向けには作ってないということらしいので 使いこなせないのは当たり前というもの ティモボルALCは ティモボルが使うために作られたラケットです 憧れる気持ちもわかりますが、自分に見合ったラケットを選びましょう サイトを見る

    • もっと見る

    卓球ナビへようこそ!
    レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

    新規会員登録