石川佳純はベスト8 平野美宇はまさかの初戦敗退 両者とも最終日に進めず 2019女子ワールドカップ 卓球

10月18日から20日まで中国の成都で開催される2019女子ワールドカップ。
19日は決勝トーナメント1回戦と準々決勝が行われ、準決勝に進む4選手が決まった。

1回戦でメシュレフ(エジプト)をストレートで下した石川佳純は、これまでシングルスの対戦成績が6勝10敗と分が悪い馮天薇(シンガポール)に対して先に3ゲームを奪ったもののフルゲームで敗戦。去年に続くベスト4入りを逃した。

チャン・リリー(アメリカ)と対戦した平野美宇は2ゲームを先行されながらも3ゲームを連取しそのまま押し切るかと思いきや逆転を許し敗戦。まさかの初戦敗退となった。

□女子シングルス 決勝トーナメント
○準々決勝
朱雨玲(中国)4(4、1、6、7)0 P.ゾルヤ
馮天薇(シンガポール)4(10、-7、8、-8、-8、10、7)3 石川佳純
チャン・リリー(アメリカ)4(9、-8、8、-4、-8、8、8)3 ポルカノバ(オーストリア)
劉詩雯(中国)4(4、8、5、10)0 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

○1回戦
朱雨玲(中国)4-0 チャン・モー(カナダ)
P.ゾルヤ(ドイツ)4-2 杜凱栞(中国香港)
馮天薇(シンガポール)4-0 スッチ(ルーマニア)
石川佳純 4-0 メシュレフ(エジプト)
チャン・リリー(アメリカ)4-3 平野美宇
ポルカノバ(オーストリア)4-1 ウー・ユエ(アメリカ)
鄭怡静(チャイニーズタイペイ)4-1 田志希(韓国)
劉詩雯(中国)4-1 陳思羽(チャイニーズタイペイ)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

馮天薇(フォン・ティエンウェイ) 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録