水谷隼、丹羽孝希が追加エントリー 上位大会WTTスターコンテンダー・ドーハ大会 シングルス出場選手発表 日本から張本智和、森薗政崇、伊藤美誠、石川佳純ら15名 2021卓球

WTTスターコンテンダー・ドーハ大会(3月6日から3月13日)シングルスの決勝トーナメントから登場するシード選手について、未発表だったワイルドカードの男女4名がITTF(国際卓球連盟)から発表された。

男子は日本の水谷隼と丹羽孝希がワイルドカードから選出。残る2枠はフランチスカ(ドイツ)と開催国枠としてアル・ムハンナディ(カタール)がエントリーされた。

女子はポルカノバ(オーストリア)、シャオ・ジエニ(ポルトガル)、バトラ(インド)、崔孝珠(韓国)の4選手がエントリーされた。

WTTスターコンテンダーの本戦は今回発表された4名プラス世界ランキング上位選手36名に加え、予選を通過した8名、合計48選手により優勝が争われる。

<WTTスターコンテンダー・ドーハ大会>
■男子シングルス 本戦エントリー選手■
1:許昕(中国)
2:張本智和(日本)
3:カルデラノ(ブラジル)
4:林昀儒(チャイニーズタイペイ)
5:ファルク(スウェーデン)
6:張禹珍(韓国)
7:オフチャロフ(ドイツ)
8:鄭栄植(韓国)
9:アルナ(ナイジェリア)
10:李尚洙(韓国)
11:ガルドシュ(オーストリア)
12:フレイタス(ポルトガル)
13:荘智淵(チャイニーズタイペイ)
14:サムソノフ(ベラルーシ)
15:K.カールソン(スウェーデン)
16:グロート(デンマーク)
17:ヨルジッチ(スロベニア)
18:アチャンタ(インド)
19:プツァル(クロアチア)
20:ワン・ヤン(スロバキア)
21:宇田幸矢(日本)
22:ツボイ(ブラジル)
23:グナナセカラン(インド)
24:デューダ(ドイツ)
25:安宰賢(韓国)
26:ルベッソン(フランス)
27:O.アサール(エジプト)
28:フィルス(ドイツ)
29:Jon.パーソン(スウェーデン)
30:Da.ハベゾーン(オーストリア)
31:ゲラシメンコ(カザフスタン)
32:ガチーナ(クロアチア)
33:森薗政崇(日本)
34:サレー(エジプト)
35:フランチスカ(ドイツ)
36:丹羽孝希(日本)
37:水谷隼(日本)
38:アル・ムハンナディ(カタール)
39:ピッチフォード(イングランド)
40:S.ゴズィ(フランス)
41-48:予選通過選手

■男子シングルス 予選エントリー日本選手■
1:及川瑞基
2:田中佑汰
3:吉田雅己
4:濵田一輝

□女子シングルス 本戦エントリー選手□
1:孫穎莎(中国)
2:伊藤美誠(日本)
3:劉詩雯(中国)
4:鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
5:石川佳純(日本)
6:平野美宇(日本)
7:馮天薇(シンガポール)
8:田志希(韓国)
9:徐孝元(韓国)
10:ハン・イン(ドイツ)
11:陳思羽(チャイニーズタイペイ)
12:スッチ(ルーマニア)
13:エーラント(オランダ)
14:早田ひな(日本)
15:チャン・リリー(アメリカ)
16:ペソツカ(ウクライナ)
17:サマラ(ルーマニア)
18:メシュレフ(エジプト)
19:チャン・モー(カナダ)
20:ミッテルハム(ドイツ)
21:S.サウェッタブート(タイ)
22:シャン・シャオナ(ドイツ)
23:ヤン・シャオシン(モナコ)
24:ミハイロワ(ロシア)
25:タカハシ(ブラジル)
26:木原美悠(日本)
27:ユ・モンユ(シンガポール)
28:マテロバ(チェコ)
29:バラゾバ(スロバキア)
30:ユ・フ(ポルトガル)
31:鄭先知(チャイニーズタイペイ)
32:リン・エ(シンガポール)
33:ノスコワ(ロシア)
34:張瑞(中国)
35:ポルカノバ(オーストリア)
36:シャオ・ジエニ(ポルトガル)
37:バトラ(インド)
38:崔孝珠(韓国)
39:A.ディアス(プエルトリコ)
40:P.ゾルヤ(ドイツ)
41-48:予選通過選手

□女子シングルス 予選エントリー日本選手□
1:大藤沙月

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

水谷隼 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録