谷垣佑真と横井咲桜が三冠達成 横井は劣勢くつがえす大逆転V 男女単準々決勝-決勝結果 最終順位 2021卓球

8月12日から17日まで富山県の富山市総合体育館で開催された「第90回 全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ)」。
大会最終日の17日は男女シングルス準々決勝から決勝までの試合が行われた。

男子シングルスはTリーグ岡山リベッツのチームメイトとなる吉山僚一(愛工大名電)を決勝で破った谷垣佑真(愛工大名電)が初優勝。2017年大会の木造勇人以来となる三冠を獲得した。
吉山は単複ともに谷垣に敗れ惜しくも2種目で銀メダル。2020年の全日本ジュニアを制した2年生の吉山は来年のインターハイ制覇に期待がかかる。

女子シングルスは横井咲桜(四天王寺)がゲームカウント0-2、3ゲーム目8-10と絶体絶命の状況から大逆転V。ダブルスパートナーの大藤沙月(四天王寺)を下して男子の谷垣同様に三冠を達成し、インターハイ女王に輝いた。

<大会最終日 試合結果>
■男子シングルス■
●決勝
谷垣佑真(愛工大名電)3(-9、12、8、2)1 吉山僚一(愛工大名電)

●準決勝
谷垣佑真(愛工大名電)3-1 篠塚大登(愛工大名電)
吉山僚一(愛工大名電)3-1 高橋航太郎(実践学園)

●準々決勝
篠塚大登(愛工大名電)3-0 萩原啓至(愛工大名電)
谷垣佑真(愛工大名電)3-0 岡野俊介(愛工大名電)
吉山僚一(愛工大名電)3-1 鈴木颯(愛工大名電)
高橋航太郎(実践学園)3-2 飯村悠太(野田学園)

□女子シングルス□
○決勝
横井咲桜(四天王寺)-3、-4、13、3、11 大藤沙月(四天王寺)

○準決勝
横井咲桜(四天王寺)3-2 菅澤柚花里(四天王寺)
大藤沙月(四天王寺)3-0 枝廣愛(就実)

○準々決勝
横井咲桜(四天王寺)3-2 青井さくら(明徳義塾)
菅澤柚花里(四天王寺)3-2 赤江夏星(香ヶ丘リベルテ)
枝廣愛(就実)3-1 白山亜美(明徳義塾)
大藤沙月(四天王寺)3-0 立川朋佳(進徳女子)

<各種目最終順位>
■男子シングルス■
優勝:谷垣佑真(愛工大名電)
準優勝:吉山僚一(愛工大名電)
3位:篠塚大登(愛工大名電)
3位:高橋航太郎(実践学園)
ベスト8:萩原啓至(愛工大名電)
ベスト8:岡野俊介(愛工大名電)
ベスト8:鈴木颯(愛工大名電)
ベスト8:飯村悠太(野田学園)

□女子シングルス□
優勝:横井咲桜(四天王寺)
準優勝:大藤沙月(四天王寺)
3位:菅澤柚花里(四天王寺)
3位:枝廣愛(就実)
ベスト8:青井さくら(明徳義塾)
ベスト8:赤江夏星(香ヶ丘リベルテ)
ベスト8:白山亜美(明徳義塾)
ベスト8:立川朋佳(進徳女子)

■男子ダブルス■
優勝:篠塚大登/谷垣佑真(愛工大名電)
準優勝:濵田一輝/吉山僚一(愛工大名電)
3位:星優真/佐藤匠海(東山)
3位:岡野俊介/鈴木颯(愛工大名電)
ベスト8:前川/林(富田)
ベスト8:道廣/浅見(希望が丘)
ベスト8:原/人見(東山)
ベスト8:原田/杉浦(出雲北陵)

□女子ダブルス□
優勝:大藤沙月/横井咲桜(四天王寺)
準優勝:菅澤柚花里/中森帆南(四天王寺)
3位:山﨑唯愛/直江杏(明誠)
3位:枝廣愛/吉井亜紀(就実)
ベスト8:浅田/金本(岩国商業)
ベスト8:永野/吉岡(正智深谷)
ベスト8:青井/白山(明徳義塾)
ベスト8:野村/小林(桜丘)

■男子学校対抗■
優勝:愛工大名電(愛知)
準優勝:野田学園(山口)
3位:静岡学園(静岡)
3位:明徳義塾(高知)
ベスト8:東山(京都)
ベスト8:遊学館(石川)
ベスト8:希望が丘(福岡)
ベスト8:明豊(大分)

□女子学校対抗□
優勝:四天王寺(大阪)
準優勝:明徳義塾(高知)
3位:就実(岡山)
3位:香ヶ丘リベルテ(大阪)
ベスト8:明誠(島根)
ベスト8:愛み大瑞穂(愛知)
ベスト8:遊学館(石川)
ベスト8:桜丘(愛知)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

谷垣佑真 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録