男子は林昀儒、女子は王芸迪がWTTチャンピオンズ制覇 WTTチャンピオンズ・フランクフルト2023

10月29日から11月5日までドイツのフランクフルトで「WTTチャンピオンズ・フランクフルト2023」が開催された。

男子シングルスは決勝で馬龍(中国)を破った林昀儒(チャイニーズタイペイ)が優勝。
樊振東、馬龍、王楚欽、梁靖崑の中国トップ4選手がエントリーする中でチャイニーズタイペイの天才左腕は馬龍と王楚欽の中国二強を撃破。パリ五輪を前年に控えるこの時期にその充実ぶりを見せつけた。
女子シングルスは準々決勝で伊藤美誠、準決勝で孫穎莎(中国)、決勝で王曼昱(中国)とパリ五輪で金メダル候補にあがる強敵を次々に打ち破った王芸迪(中国)が優勝を飾った。

<最終日試合結果>
■男子シングルス■
●決勝
林昀儒(チャイニーズタイペイ)4(-7、7、11、10、10)1 馬龍(中国)

□女子シングルス□
○決勝
王芸迪(中国)4(3、11、10、11)0 王曼昱(中国)

<最終順位>
■男子シングルス■
優勝:林昀儒(チャイニーズタイペイ)
準優勝:馬龍(中国)
3位:F.ルブラン(フランス)
3位:王楚欽(中国)
ベスト8:張本智和
ベスト8:李尚洙(韓国)
ベスト8:オフチャロフ(ドイツ)
ベスト8:林鐘勲(韓国)
ベスト16:樊振東(中国)
ベスト16:チウ・ダン(ドイツ)
ベスト16:ファルク(スウェーデン)
ベスト16:O.アサール(エジプト)
ベスト16:デューダ(ドイツ)
ベスト16:グロート(デンマーク)
ベスト16:梁靖崑(中国)
ベスト16:ピッチフォード(イングランド)

□女子シングルス□
優勝:王芸迪(中国)
準優勝:王曼昱(中国)
3位:孫穎莎(中国)
3位:早田ひな
ベスト8:伊藤美誠
ベスト8:申裕斌(韓国)
ベスト8:朱芊曦(韓国)
ベスト8:スッチ(ルーマニア)
ベスト16:パバデ(フランス)
ベスト16:ウインター(ドイツ)
ベスト16:バトラ(インド)
ベスト16:ミッテルハム(ドイツ)
ベスト16:ヤン・シャオシン(モナコ)
ベスト16:ユアン・ジアナン(フランス)
ベスト16:張本美和
ベスト16:陳夢(中国)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

林昀儒 選手に関連する記事

  • 日本女子は5大会連続の決勝進出 1971年以来53年ぶりの金メダルへ 2024世界卓球釜山大会(団体戦)
    日本女子は5大会連続の決勝進出 1971年以来53年ぶりの金メダルへ 2024世界卓球釜山大会(団体戦)
    2024/02/23
  • 日本チームは男女ともグループステージ3連勝 男子は山場のチャイニーズタイペイ戦に勝利 2024世界卓球釜山大会(団体戦)
    日本チームは男女ともグループステージ3連勝 男子は山場のチャイニーズタイペイ戦に勝利 2024世界卓球釜山大会(団体戦)
    2024/02/18
  • 林昀儒が王楚欽を撃破 馬龍との決勝へ 早田ひなは決勝ならず WTTチャンピオンズ・フランクフルト2023
    林昀儒が王楚欽を撃破 馬龍との決勝へ 早田ひなは決勝ならず WTTチャンピオンズ・フランクフルト2023
    2023/11/05

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録