吉村真晴/石川佳純ペアが悲願の金メダル 世界選手権デュッセルドルフ大会6日目 卓球

5月29日に開幕し、6月5日まで熱戦が繰り広げられる世界卓球選手権デュッセルドルフ大会(個人戦)。
大会6日目となる現地時間6月3日(日本との時差は7時間)は、混合ダブルス決勝や女子シングルス準決勝、男子シングルス4回戦などが行われています。

混合ダブルス決勝は、吉村真晴/石川佳純ペアが陳建安/鄭怡静ペア(チャイニーズタイペイ)を相手に、準決勝同様ゲームカウント1-3の劣勢をひっくり返す逆転劇で悲願の金メダルを獲得。日本にとって世界選手権個人戦での金メダル獲得は1979年平壌大会、男子シングルスで優勝した小野誠治さん以来となります。
女子シングルス準決勝では、平野美宇選手が丁寧選手(中国)に1-4で敗れ銅メダルが確定しました。

この後男子シングルス4回戦(ベスト8決定戦)では丹羽孝希選手がオフチャロフ選手(ドイツ)と対戦します。

■混合ダブルス□
●決勝
吉村真晴/石川佳純 4(-8、-8、8、-10、4、9、5)3 陳建安/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

●準決勝
吉村真晴/石川佳純 4(-11、-12、5、-6、5、7、5)3 方博/ゾルヤ(中国/ドイツ)
陳建安/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)4(7、-5、5、6、-5、-5、9)3 黄鎮廷/杜凱琹(香港)

□女子シングルス準決勝□
丁寧(中国)4(4、8、5、-5、5)1 平野美宇
朱雨玲(中国)4(-10、9、-7、8、-8、9、5)3 劉詩雯(中国)

■男子シングルス4回戦(ベスト8決定戦)■
張本智和 4(10、8、9、-9、9)1 ピスチェイ(スロバキア)
樊振東(中国)4(11、-13、7、3、-9、3)2 フィルス(ドイツ)

(ライター:masa雅)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

  • ボルシア・デュッセルドルフとザールブリュッケンが決勝へ 昨季と同カードのファイナルに 2021-2022ドイツ・ブンデスリーガ プレーオフ準決勝第2戦 卓球
    ボルシア・デュッセルドルフとザールブリュッケンが決勝へ 昨季と同カードのファイナルに 2021-2022ドイツ・ブンデスリーガ プレーオフ準決勝第2戦 卓球
    2022/05/18
  • 小塩遥菜が女子単でV 戸上隼輔/宇田幸矢と森さくら/笹尾明日香は2大会連続戴冠 WTTフィーダー・ウェストチェスター2022
    小塩遥菜が女子単でV 戸上隼輔/宇田幸矢と森さくら/笹尾明日香は2大会連続戴冠 WTTフィーダー・ウェストチェスター2022
    2022/05/16
  • 男女複日本の4ペアが4強入り 単では戸上隼輔や笹尾明日香ら日本の9選手が16強 WTTフィーダー・ウェストチェスター2022
    男女複日本の4ペアが4強入り 単では戸上隼輔や笹尾明日香ら日本の9選手が16強 WTTフィーダー・ウェストチェスター2022
    2022/05/14

石川佳純 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録