張本智和は銅メダル 石川/平野と芝田/佐藤、吉村/戸上も銅メダル獲得 最終順位 2019アジア選手権 卓球

9月15日から22日までインドネシアのジョコジャカルタで開催された2019 ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会。
22日までに男女シングルス準決勝から決勝、男女ダブルス準決勝から決勝が行われました。

男子シングルスは準決勝で張本智和選手、決勝で林高遠選手(中国)を下した許昕選手(中国)が優勝。
許昕選手は男子ダブルスが銀メダルだったものの、男子シングルスと男子団体、混合ダブルスを制して3冠獲得。
6月以降の許昕選手はジャパンオープン、韓国オープン、オーストラリアオープンに続いてアジア選手権も制し、東京五輪に向けて恐ろしいほどに調子を上げています。

女子シングルスは孫穎莎選手(中国)が今年の世界選手権金メダリストの劉詩雯選手(中国)とリオデジャネイロ五輪金メダリストの丁寧選手(中国)を破って初優勝。中国がメダル独占です。

■男子シングルス 決勝トーナメント■
●決勝
許昕(中国)3(6、-6、2、8)1 林高遠(中国)

●準決勝
許昕(中国)3(4、9、9)0 張本智和
林高遠(中国)3(7、6、3)0 樊振東(中国)

□女子シングルス 決勝トーナメント□
○決勝
孫穎莎(中国)3(12、8、11)1 劉詩雯(中国)

○準決勝
劉詩雯(中国)3(9、-12、2、4)1 陳夢(中国)
孫穎莎(中国)3(3、1、-7、9)1 丁寧(中国)

■男子ダブルス 決勝トーナメント■
●決勝
林高遠/梁靖崑(中国)3(-6、9、8、7)1 樊振東/許昕(中国)

●準決勝
樊振東/許昕(中国)3(-4、-10、6、6、5)2 吉村真晴/戸上隼輔
林高遠/梁靖崑(中国)3(5、8、-9、-8、4)2 林兆恒/呉柏男(中国香港)

□女子ダブルス 決勝トーナメント□
○決勝
丁寧/朱雨玲(中国)3(9、4、5)0 陳夢/王曼昱(中国)

○準決勝
陳夢/王曼昱(中国)3(-6、7、7、5)1 石川佳純/平野美宇
丁寧/朱雨玲(中国)3(6、7、2)0 芝田沙季/佐藤瞳

■混合ダブルス 決勝トーナメント□
●決勝
許昕/劉詩雯(中国)3(7、-7、7、7)1 王楚欽/孫穎莎(中国)

■男子シングルス■
優勝:許昕(中国)
準優勝:林高遠(中国)
3位:張本智和
3位:樊振東(中国)

□女子シングルス□
優勝:孫穎莎(中国)
準優勝:劉詩雯(中国)
3位:陳夢(中国)
3位:丁寧(中国)

■男子ダブルス■
優勝:林高遠/梁靖崑(中国)
準優勝:樊振東/許昕(中国)
3位:吉村真晴/戸上隼輔
3位:林兆恒/呉柏男(中国香港)

□女子ダブルス□
優勝:陳夢/王曼昱(中国)
準優勝:陳夢/王曼昱(中国)
3位:石川佳純/平野美宇
3位:芝田沙季/佐藤瞳

■混合ダブルス□
優勝:許昕/劉詩雯(中国)
準優勝:王楚欽/孫穎莎(中国)
3位:李尚洙/田志希(韓国)
3位:黄鎮廷/杜凱栞(中国香港)
ベスト8:戸上隼輔/芝田沙季
ベスト8:宇田幸矢/加藤美優

■男子団体■
優勝:中国
準優勝:韓国
3位:日本
3位:チャイニーズタイペイ

□女子団体□
優勝:中国
準優勝:日本
3位:シンガポール
3位:チャイニーズタイペイ

(ライター:masa雅)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

許昕 選手に関連する記事

  • 男子複は馬龍/王楚欽がV 馬龍は今大会唯一の金 王曼昱は単複2冠達成 2021卓球全中国運動会 ダブルス結果
    男子複は馬龍/王楚欽がV 馬龍は今大会唯一の金 王曼昱は単複2冠達成 2021卓球全中国運動会 ダブルス結果
    2021/10/02
  • 水谷隼/伊藤美誠、日本卓球界悲願の初五輪金メダル 混合ダブルス決勝&男女単2回戦-3回戦結果 東京2020オリンピック卓球
    水谷隼/伊藤美誠、日本卓球界悲願の初五輪金メダル 混合ダブルス決勝&男女単2回戦-3回戦結果 東京2020オリンピック卓球
    2021/07/26
  • 水谷隼/伊藤美誠の銀メダル以上が確定 許昕/劉詩雯との決勝は26日(月) 混合ダブルス準々決勝&準決勝結果 東京2020オリンピック卓球
    水谷隼/伊藤美誠の銀メダル以上が確定 許昕/劉詩雯との決勝は26日(月) 混合ダブルス準々決勝&準決勝結果 東京2020オリンピック卓球
    2021/07/25

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録