アジアカップが開幕 連戦の張本智和と伊藤美誠が8強入り 宇田幸矢と早田ひなも準々決勝へ 2022アジアカップ

11月17日から19日までタイのバンコクで開催される「2022 ITTF-ATTUアジアカップ」。
17日は男女シングルス1回戦の試合が行われ、ベスト8が出揃った。

9月末以降、世界選手権、WTTチャンピオンズ、WTTカップファイナルズ、パリ五輪日本代表選考会とおよそ1ヶ月半の間に4大会で激戦を演じてきた張本智和と伊藤美誠は疲労が心配される中で今大会に出場。順当に初戦を突破しベスト8入りを決めた。
宇田幸矢はTリーグに参戦経験がありラリー戦が上手いグナナセカラン(インド)にフルゲームで勝利。
早田ひなは今年の世界選手権でチャイニーズタイペイから2得点をあげたゼン・ジャン(シンガポール)とのフルゲームの激戦を制し、準々決勝進出を決めた。

中国勢は林高遠がNo.アラミヤン(イラン)、陳幸同がバトラ(インド)に破れ、初戦で姿を消した。

■男子シングルス■
●準々決勝 ドロー
王楚欽(中国)- 林鐘勲(韓国)
宇田幸矢 - 黄鎮廷(中国香港)
No.アラミヤン(イラン)- 荘智淵(チャイニーズタイペイ)
張本智和 - 李尚洙(韓国)

●1回戦 結果
王楚欽(中国)4(8、6、5、-5、2)1 ゲラシメンコ(カザフスタン)
林鐘勲(韓国)4(7、4、7、8)0 Ali ALKHADRAWI(カザフスタン)
宇田幸矢 4(9、8、-7、-9、6、-10、6)3 グナナセカラン(インド)
黄鎮廷(中国香港)4(9、-9、2、-6、5、5)2 林昀儒(チャイニーズタイペイ)

No.アラミヤン(イラン)4(4、3、-5、-12、9、6)2 林高遠(中国)
荘智淵(チャイニーズタイペイ)4(-7、4、7、4、6)1 アチャンタ(インド)
李尚洙(韓国)4(9、10、6、9)0 Padasak TANVIRIYAVECHAKUL(タイ)
張本智和 4(1、-7、4、6、9)1 パン・ユーエン(シンガポール)

□女子シングルス□
○準々決勝 ドロー
王芸迪(中国)- 申裕斌(韓国)
早田ひな - 杜凱栞(中国香港)
バトラ(インド)- 陳思羽(チャイニーズタイペイ)
伊藤美誠 - 田志希(韓国)

○1回戦
王芸迪(中国)4(2、6、3、6)0 auresh AKASHEVA(カザフスタン)
申裕斌(韓国)4(13、7、-11、-7、4、5)2 パラナン(タイ)
杜凱栞(中国香港)4(9、7、10、-5、-8、9)2 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
早田ひな 4(10、-8、4、-9、10、-7、3)3 ゼン・ジャン(シンガポール)

バトラ(インド)4(-8、9、6、6、-9、-8、9)3 陳幸同(中国)
陳思羽(チャイニーズタイペイ)4(11、9、-4、7、-4、8)2 スターシニー(タイ)
田志希(韓国)4(5、6、-9、8、5)1 李皓晴(中国香港)
伊藤美誠 4(0、1、1、1)0 アリ(カタール)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

張本智和 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録