長﨑美柚が日本初の世界ジュニア女王に 長﨑、木原がともに2冠獲得 2019世界ジュニア 卓球

11月24日から12月1日までタイのコラートで開催された2019世界ジュニア卓球選手権大会。
最終日の1日は男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの準決勝から決勝が行われた。

女子シングルスは準決勝までに中国選手を破った日本の長﨑美柚と小塩遥菜が決勝に進出。17回目の世界ジュニア選手権にして初の中国選手不在の決勝となった。

長﨑は変化の激しい小塩のカットを封じ込める巧みなカット打ちを見せ4-2で勝利。同種目日本勢初の金メダル獲得を決めた。
長﨑は木原美悠と組んだ女子ダブルスでは団体決勝で苦杯をなめた中国の蒯曼/石洵瑶を撃破し2冠を達成。

木原は宇田幸矢と組んだ混合ダブルスも制し、長﨑同様2冠達成を果たした。

■男子シングルス■
●決勝
向鵬(中国)4(10、3、8、5)0 モーレゴード(スウェーデン)

●準決勝
モーレゴード(スウェーデン)4(7、10、7、9)0 馮翊新(チャイニーズタイペイ)
向鵬(中国)4(12、10、11、-10、9)1 戸上隼輔

●準々決勝
向鵬(中国)4(6、-9、7、-8、7、5)2 宇田幸矢
戸上隼輔 4(6、10、9、10)0 クルシツキ(ポーランド)

●2回戦
戸上隼輔 4(11、-6、11、9、-5、-3、9)3 徐瑛彬(中国)
宇田幸矢 4(5、7、5、8)0 シドレンコ(ロシア)

□女子シングルス□
○決勝
長﨑美柚 4(4、7、5、-8、-5、7)2 小塩遥菜

○準決勝
長﨑美柚 4(-10、1、11、6、-7、7)2 呉洋晨(中国)
小塩遥菜 4(6、8、9、-8、8)1 キム・ウンソン(北朝鮮)

○準々決勝
長﨑美柚 4(-14、-11、4、7、-3、8、6)3 陳熠(中国)
小塩遥菜 4(9、5、11、10)0 石洵瑶(中国)

○2回戦
呉洋晨(中国)4(-6、4、6、-16、8、5)2 出澤杏佳
長﨑美柚 4(7、7、5、9)0 馮慧珠(中国香港)
小塩遥菜 4(4、8、6、6)0 于修婷(チャイニーズタイペイ)
蒯曼(中国)4(-10、-5、8、8、8、4)2 木原美悠
■男子ダブルス 決勝トーナメント■
●決勝
劉夜泊/徐英彬(中国)3(3、6、2)0 シドレンコ/ティホノフ(ロシア)

●準決勝
劉夜泊/徐英彬(中国)3(8、-8、11、8)1 チュア・シャオハン/パンイエウエン(シンガポール)
シドレンコ/ティホノフ(ロシア)3(8、5、10)0 向鵬/曾蓓勲(中国)
□女子ダブルス 決勝トーナメント□
○決勝
木原美悠/長﨑美柚 3(5、6、10)0 蒯曼/石洵瑶(中国)

○準決勝
木原美悠/長﨑美柚 3(4、6、2)0 Ca.ルッツ/パヴァデ(フランス)
蒯曼/石洵瑶(中国)3(9、8、7)0 A.ヴェグジン/K.ヴェグジン(ポーランド)

■混合ダブルス 決勝トーナメント□
●決勝
宇田幸矢/木原美悠 3(9、1、7)0 徐英彬/石洵瑶(中国)

●準決勝
宇田幸矢/木原美悠 3(-9、9、11、-5、5)2 向鵬/蒯曼(中国)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

長﨑美柚(長崎) 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録