去年のワールドツアー最多優勝の許昕と陳夢が2020年最初のツアーを制す 最終順位まとめ 2020ドイツオープン 卓球

1月28日から2月2日までドイツのマグデブルクで開催された2020 ITTFワールドツアー プラチナ・ドイツオープン。

男子シングルスは2019年のワールドツアー最多優勝(3回)の許昕(中国)が馬龍(中国)をストレートで下して優勝。

女子シングルスは同じく2019年ワールドツアー優勝回数最多(5回)の陳夢(中国)が丁寧(中国)を圧倒して破り2020年最初のワールドツアーを制した。

■男子シングルス 決勝トーナメント■
●決勝
許昕(中国)4(13、8、7、5)0 馬龍(中国)

□女子シングルス 決勝トーナメント□
○決勝
陳夢(中国)4(-3、1、7、3、1)1 丁寧(中国)

■男子シングルス■
優勝:許昕(中国)
準優勝:馬龍(中国)
3位:林高遠(中国)
3位:オフチャロフ(ドイツ)

□女子シングルス□
優勝:陳夢(中国)
準優勝:丁寧(中国)
3位:朱雨玲(中国)
3位:王曼昱(中国)

■男子ダブルス■
優勝:趙大成/張禹珍(韓国)
準優勝:馬龍/林高遠(中国)
3位:鄭栄植/李尚洙(韓国)
3位:ディヤス/ニュイティンク(ポーランド/ベルギー)

□女子ダブルス□
優勝:陳夢/王曼昱(中国)
準優勝:平野美宇/石川佳純
3位:ミッテルハム/P.ゾルヤ(ドイツ)
3位:丁寧/孫穎莎(中国)

■混合ダブルス□
優勝:許昕/劉詩雯(中国)
準優勝:水谷隼/伊藤美誠
3位:フランチスカ/P.ゾルヤ(ドイツ)
3位:林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

許昕 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録