2021/05/02

アジア選手権日本代表選考会が6月に開催 NT選手、全日本8強選手らが出場 2021卓球

日本卓球協会は4月30日、今年9月に開催予定の「2021アジア選手権ドーハ大会」の日本代表選手選考基準を発表した。

発表された選考基準によると、東京五輪日本代表の男女各3名(張本智和、丹羽孝希、水谷隼、伊藤美誠、石川佳純、平野美宇)はアジア選手権の代表権を獲得。団体、シングルスの残り2枠が6月の選考会で争われる。
ただし東京五輪日本代表選手が選考会に出場した場合は選考会の結果が優先されるルールとなっている。

<日本代表選手選考基準>
■男女団体及び男女シングルス代表5名の選出方法■
①東京オリンピック代表選手は2021アジア卓球選手権ドーハ大会の代表とする
※但し、選考会へ出場した東京オリンピック代表選手は、①の代表権は放棄し選考会の順位を優先する
②選考会を開催し選考会上位2名を代表とする
③上記①②の中で放棄者・辞退者が発生した場合は、選考会順位から繰り上げて代表とする

■男女ダブルス及び混合ダブルスの選出方法■
①各ダブルスのペアリングは強化本部で決定する
②ダブルスのみの出場選手を含めて男女各代表数は8名以内とする
③上記①②の中で辞退者が発生した場合は、強化本部で代替えペアを決定する


<日本代表 選考会概要>
●期間
2021年6月17日~18日(女子)
6月19日~20日(男子)

●場所
千葉県 旭市総合体育館

●試合方法
予選リーグ(3名)、決勝トーナメント、順位決定戦、全て5ゲームマッチ

●出場資格
①2021年全日本卓球選手権大会一般の部シングルスベスト8以内の選手
②2021年全日本卓球選手権大会ジュニアの部シングルスベスト4以内の選手
③2021年度男女ナショナルチーム(NT)選手・候補選手
④強化本部推薦 若干名(総数24名まで)


<2021アジア選手権 ドーハ大会>
●開催地
カタール ドーハ

●開催期間
2021年9月1日~8日

●代表枠
・男女団体各5名
・男女シングルス各5名
・男女ダブルス各2ペア
・混合ダブルス2ペア

(ライター:菅家雅治)

関連選手

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

  • 男子は横谷晟が2冠 女子は森廣伽衣がV 東海学生新人大会 2021卓球
    男子は横谷晟が2冠 女子は森廣伽衣がV 東海学生新人大会 2021卓球
    2021/05/06
  • 男子5名、女子4名が東京五輪出場権を獲得 ギオニスやロブレスら オリンピックヨーロッパ予選 2021卓球
    男子5名、女子4名が東京五輪出場権を獲得 ギオニスやロブレスら オリンピックヨーロッパ予選 2021卓球
    2021/04/26
  • 平野友樹と佐藤瞳が2021年の初タイトルを獲得 2021日本卓球リーグ ビッグトーナメント 実業団卓球
    平野友樹と佐藤瞳が2021年の初タイトルを獲得 2021日本卓球リーグ ビッグトーナメント 実業団卓球
    2021/04/22

張本智和 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録