張本智和、石川佳純、加藤美優、佐藤瞳、初日に登場の日本4選手は無念の1回戦敗退 2020ITTFファイナルズ 卓球

11月19日から22日まで中国の鄭州で開催される「2020 ITTFファイナルズ」。
大会初日の19日は男女シングルス1回戦の試合が行われた。

張本智和は今月15日に行われた男子ワールドカップ3位決定戦で激闘の末に破った韓国のエース張禹珍(韓国)と再戦。ゲームカウント3-1、第5ゲーム10-8と勝利まであと1点まで迫るもそのゲームを奪われ、その後は主導権を握ることが出来ずフルゲームの末に逆転負け。無念の初戦敗退となった。

石川佳純は女子ワールドカップ1回戦でストレート勝ちした徐孝元(韓国)に1-4で敗戦。国際大会で11連勝中だった徐孝元に苦杯を喫し、1回戦で姿を消すこととなった。
加藤美優は得意のサービスと3球目攻撃で得点を重ねたものの世界ランキング1位で大会4連覇を狙う陳夢(中国)に2-4で敗れた。
佐藤瞳は要所で見せる強烈な攻撃で肉薄したが、世界ランキング5位の王曼昱(中国)からゲームを奪うことが出来ず1回戦敗退が決まった。

■男子シングルス 決勝トーナメント■
●1回戦
樊振東(中国)4(6、2、5、7)0 鄭栄植(韓国)
張禹珍(韓国)4(-6、-2、7、-7、10、2、5)3 張本智和
馬龍(中国)4(10、1、6、4)0 フランチスカ(ドイツ)
許昕(中国)4(10、8、6、5)0 アルナ(ナイジェリア)

※20日(金)に行われる1回戦
ピッチフォード(イングランド)- カルデラノ(ブラジル)
林高遠(中国)- 丹羽孝希
ファルク(スウェーデン)- S.ゴズィ(フランス)
オフチャロフ(ドイツ)- 林昀儒(チャイニーズタイペイ)

□女子シングルス 決勝トーナメント□
○1回戦
陳夢(中国)4(6、11、-7、6、-8、4)2 加藤美優
P.ゾルヤ(ドイツ)4(8、-8、-9、5、7、9)2 馮天薇(シンガポール)
徐孝元(韓国)4(8、-3、9、5、5)1 石川佳純
孫穎莎(中国)4(10、8、7、4)0 田志希(韓国)
王曼昱(中国)4(6、14、5、9)0 佐藤瞳

※20日(金)に行われる1回戦
鄭怡静(チャイニーズタイペイ)- A.ディアス(プエルトリコ)
王芸迪(中国)- ポルカノバ(オーストリア)
伊藤美誠 - 杜凱栞(中国香港)

(ライター:菅家雅治)

関連選手

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

張本智和 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録