2021/04/22

平野友樹と佐藤瞳が2021年の初タイトルを獲得 2021日本卓球リーグ ビッグトーナメント 実業団卓球

4月19日から22日まで熊本県立総合体育館で「第30回 日本卓球リーグ選手権 ビッグトーナメント熊本大会」が開催された。

大会最終日の22日は男女シングルスの準々決勝から決勝が行われ、男子は平野友樹(協和キリン)が初優勝。新型コロナウイルスの影響を受け1月の全日本選手権を棄権した平野は今年初の公式戦で見事栄冠を勝ち取った。
女子シングルスは2020世界卓球日本代表の招待選手として出場した佐藤瞳(ミキハウス)が前回大会女王の宋恵佳(中国電力)をストレートで破り、今年初のタイトルを獲得した。
同じく招待選手として出場予定だった石川佳純(全農)は背中の痛みにより出場をキャンセルしている。

■男子シングルス■
●決勝
平野友樹(協和キリン)3(2、-8、7、4)1 酒井明日翔(シチズン時計)

●準決勝
平野友樹(協和キリン)3(-6、2、8、-9、7)2 硴塚将人(協和キリン)
酒井明日翔(シチズン時計)3(-9、3、7、13)1 藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)

●準々決勝
平野友樹(協和キリン)3-0 御内健太郎(シチズン時計)
硴塚将人(協和キリン)3-0 松山祐季(協和キリン)
藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)3-0 笠原弘光(シチズン時計)
酒井明日翔(シチズン時計)3-0 鹿屋良平(リコー)

□女子シングルス□
○決勝
佐藤瞳(ミキハウス)3(5、7、9)0 宋恵佳(中国電力)

○準決勝
宋恵佳(中国電力)3(8、9、-5、-7、9)2 永尾尭子(サンリツ)
佐藤瞳(ミキハウス)3(4、3、4)0 出雲美空(エクセディ)

○第2ステージ 準々決勝 結果
永尾尭子(サンリツ)キケン 石川佳純(全農)
宋恵佳(中国電力)3-2 山本怜(十六銀行)
松平志穂(サンリツ)3-1 出雲美空(エクセディ)
佐藤瞳(ミキハウス)3-1 浅井一恵(エクセディ)

○第2ステージ1回戦 結果
永尾尭子(サンリツ)3-2 井絢乃(中国電力)
浅井一恵(エクセディ)3-0 田中千秋(豊田自動織機)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

  • 韓国の2選手が3種目で栄冠 WTTユースコンテンダー・ドーハ2023
    韓国の2選手が3種目で栄冠 WTTユースコンテンダー・ドーハ2023
    2023/01/31
  • 東海選考会、男子学校対抗は愛工大名電高、女子学校対抗は愛み大瑞穂高が優勝 2022年東海高校新人卓球大会
    東海選考会、男子学校対抗は愛工大名電高、女子学校対抗は愛み大瑞穂高が優勝 2022年東海高校新人卓球大会
    2023/01/14
  • 4年ぶりの東京選手権、新設されたホープス・カブの部の王者が決定 2023東京卓球選手権大会
    4年ぶりの東京選手権、新設されたホープス・カブの部の王者が決定 2023東京卓球選手権大会
    2023/01/06

佐藤瞳 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録