伊藤美誠/早田ひなが金メダル狙う 運命の決勝は30日4:00開始 張本智和/早田ひなは混合銀 準決勝結果 2021世界卓球

11月23日から29日までアメリカのヒューストンで開催される「2021世界卓球選手権ヒューストン大会(個人戦)」。
日本時間28日(日)深夜から29日(月)午後にかけて男女シングルス準決勝、男女ダブルス準決勝、混合ダブルス準決勝と決勝の試合が行われた。

2大会連続のファイナリストを目指す伊藤美誠/早田ひなは銭天一/陳夢(中国)にフルゲームで勝利。決勝進出を決めた。中国ペアとは対照的に、終盤の苦しい展開でも笑顔を見せながらプレーする二人の姿が印象的だった。
決勝は王曼昱/孫穎莎(中国)。日本時間30日(火)午前4時00分スタート予定だ。

林高遠/チャン・リリー(中国/アメリカ)の国際ペアを破って決勝進出を果たした張本智和/早田ひなは金メダル最有力候補の王楚欽/孫穎莎(中国)にストレートで敗戦。力の差を見せつけられながらも栄えある銀メダル獲得となった。

男子シングルスは19歳のモーレゴード(スウェーデン)がボル(ドイツ)をフルゲームで下して決勝に進出。
ボルは痛めた脇腹をかばいながら、時折痛みに顔を歪めるシーンを見せながら奮闘したものの決勝進出はかなわなかった。
今大会のシンデレラボーイ、T.T彩たまでプレーするモーレゴードはバックプッシュを多用するなど独創的でセオリーに縛られないプレースタイルが持ち味。1997年のワルドナー以来となる金メダルをスウェーデンに持ち帰れるか、注目だ。(決勝は日本時間30日(火)午前10時00分スタート予定)

■男子シングルス■
●準決勝
樊振東(中国)4(5、4、9、-8、11)1 梁靖崑(中国)
モーレゴード(スウェーデン)4(-8、-8、6、8、-10、8、5)3 ボル(ドイツ)

□女子シングルス□
○準決勝
王曼昱(中国)4(-9、-7、8、6、-11、9、8)3 陳夢(中国)
孫穎莎(中国)4(8、-3、8、6、8)1 王芸迪(中国)

■男子ダブルス■
●準決勝
K.カールソン/ファルク(スウェーデン)3(10、8、8)0 林高遠/梁靖崑(中国)
張禹珍/林鐘勲(韓国)3(-8、4、9、7)1 宇田幸矢/戸上隼輔

□女子ダブルス□
○準決勝
早田ひな/伊藤美誠 3(9、-2、-10、6、7)2 銭天一/陳夢(中国)
王曼昱/孫穎莎(中国)3(4、3、12)0 デヌッテ/倪夏蓮(ルクセンブルク)

■混合ダブルス□
●決勝
王楚欽/孫穎莎(中国)3(2、5、8)0 張本智和/早田ひな

●準決勝
王楚欽/孫穎莎(中国)3(8、-7、7、9)1 林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
張本智和/早田ひな 3(9、1、-6、-8、2)2 林高遠/チャン・リリー(中国/アメリカ)

(ライター:菅家雅治)

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

  • 全日本3度優勝、ダブルスの名手三部航平が琉球アスティーダに新加入 5thシーズン 卓球Tリーグ2022-2023
    全日本3度優勝、ダブルスの名手三部航平が琉球アスティーダに新加入 5thシーズン 卓球Tリーグ2022-2023
    2022/05/17
  • 戸上隼輔や笹尾明日香ら日本の5選手が単で4強入り 男子複は戸上/宇田と篠塚/田中が決勝で激突 WTTフィーダー・ウェストチェスター2022
    戸上隼輔や笹尾明日香ら日本の5選手が単で4強入り 男子複は戸上/宇田と篠塚/田中が決勝で激突 WTTフィーダー・ウェストチェスター2022
    2022/05/15
  • 元日本代表の高木和卓、4季ぶりにTリーグに参戦 T.T彩たまへの復帰が決定 5thシーズン 卓球Tリーグ2022-2023
    元日本代表の高木和卓、4季ぶりにTリーグに参戦 T.T彩たまへの復帰が決定 5thシーズン 卓球Tリーグ2022-2023
    2022/05/11

モーレゴード(トルルス・モアガド) 選手に関連する記事

選手別

卓球ナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録